メインイメージ

2002年12月30日

[ コージの告白2002 ]

今年もありがとうございました

いよいよ年末って感じでいい感じ(変な日本語)。この頃になると「日本人ってよかったなぁ」って思う。っていうかさ。締切りって人間にとって大事なんだよね。「いよいよ」とか「もうそろそろ」ってのがないと人間動かないからさ。
で、俺の場合。新年っつうより忘年、の方が好きなんだよね。単にばか騒ぎしたいだけかもしれないけど。
なにはともあれみなさま今年もありがとうございました。読者の方、メーカーの方、単なる俺の知人の方々へ。小沢は今年も健康でしたし、いまのところこれからも健康そうです。ただし、健康診断は受けてないけど。
一応、今から年賀状も出すけど、これがその代りになったら楽だろうなぁ…なんて。いやいや出す事に価値があるのか。年賀状は。

2002年12月27日

[ コージの告白2002 ]

松井は大丈夫なんだろうか

年末になるとさすがにちょっとはTVを見て、その影響力を再確認するんだけど、なんか松井ばっかりだね。大リーグの。それほどまでに注目されてんのかいな? 読売の戦略じゃないの? ひっかかりたくないな?なんて思っちゃうけど、確かに松井が日本人的に良い奴っぽくて、人気なのはよく分る。巨人らしくないというか。それがさらにその上を行くヤンキースに入るなんてドラマだよね。
でね。すっかり活躍が期待されてるけど、俺的にはやっぱその「神経の細さ」が気になる。あまり報道されてないけど。
今じゃすっかり忘れ去れた感があるんだけど、松井は最初、巨人の4番に定着してなかった。それからやっぱり年末の日米野球ね。明らかに硬かった。見てて絶対ホームラン出ないと思ったもん。そういう意味じゃ松井は、いわゆるスキーの里谷タエやスケート清水ヒロヤス、サッカー中田英寿の様な心臓の太さは持ってない。
記者会見を見ても分るように心配になるくらいいい奴。イチローとも明らかに違う。
考えてみれば彼はこれほど崖っプチになったことがないんじゃないだろうか。名門高校で4番打ってていきなり巨人。それはそれで大変だろうけど、逆に言うと守られていた部分もあるように思う。プライドというか愛というかさ。ほとんどの人が前の実績を知っていたから、多少は暖かく見守っていただけたというか。だから最初に「代理人も付けずにメールで大リーグ」なんて無謀な事も考えていたわけだよね。要するに世間知らず。
そういう意味じゃ今回はあまり守られてない。なにしろNYの人なんか巨人の事、ほとんど知らないだろうから。最初の頃に打てなかった時期があったとして、どれくらいまわりが耐えていられるか。そして松井もその期間にきっちり実力を出せるか。
いいや、イチローといういいお手本がいるから、アメリカ人も松井にいい意味で愛を持ってる、という話もある。確かにそういう部分もあるだろう。だけどね。所詮は日本人、アメリカ人からのブーイングはすごいんじゃないだろうか。
ってな事に注目したいですね。俺は。

2002年12月26日

[ コージの告白2002 ]

妙に混んでます

年末。さすがに道混んでます。だから時間が計算できないことできないこと。クルマ借りるだけで半日ぐらい使った気分だよ、まったく。
でね。混んでるのはわかるんだけど、混みかたがよくわかんないんだよね。環八、環七が混んでるのはわかるんだけど、都心までは以外と空いてて、だけど皇居のまわりになると急にピトッ。
ほとんどピクりとも動かなくてその場に30分ぐらいいたり。で、そこを過ぎると結構空いてたり。銀座の渋滞の延長ってことなのかなぁ。だったら意味わかるんだけど。でもなんか違う気がする。
ああっ、そうか。もしかして環状線って事で混んでるのか。
うーん、誰か正解教えてください。

2002年12月22日

[ コージの告白2002 ]

近鉄、中村選手について

個人的な見解ですが、中村選手は男を下げたね。今回。それに比べて、最初、素人くさいメールを送った松井の方がやっぱいいわ。
最大の違いは、最初っから大リーグ挑戦を決めてるか決めてないか。それに尽きる。確かにね。理屈では、国内とメジャーを両天秤にかけたっていいわけだし、最近じゃ昔ほど「挑戦」って意識は薄れたけど、結局それなんだよね。違いは。
松井は「巨人軍4番」「ナベツネの愛護」などを最初っから捨てて挑戦している。言わば背水の陣っていうんでしょうか。あわよくばメジャー、って中村とは全然意識が違う。そりゃあメッツは口が軽くて、ニュースをもらしたのは失策だけど、向うの「結局、それじゃやっていけなかった」は本当だと思う。
おそらく活躍できなかった時のNYでの批判はものすごいだろうし、多少の約束破りぐらい自分で消化できないとね。
つくづく今も昔も日本もアメリカも、男らしさとか美学ってのが必要ななんだよね。

2002年12月20日

[ コージの告白2002 ]

やればできるじゃん、警察!

ところで12月は俺の誕生日のある月である。で、さっきあせった。もうすぐ免許の更新じゃん! しかし締切り&取材で行けない。くぅー、まいった。電車で行くか、次の試乗会。
そしたらね。この6月の悪名高き酒気帯び運転規定の強化と同時に、免許制度全体が改正されて、誕生日の前後1ヵ月間、更新はもちろん免許使用がOKなんだってね。つまり12月20日が誕生日だとしたら、1月20日(もしや19日?)までこのまま使用が可能ということ。
これは朗報! 俺みたいなズボラな性格の人の場合、免許更新を誕生日まで忘れてる場合が多いんだよね。実にすばらしい法改正。
ブラボー、警察。久々に思いました。っていうかもっと早くやれって感じ。やればできるじゃないのさ。つくづく。

2002年12月19日

[ コージの告白2002 ]

朝の7時まで検問! って話も

あっ! という間に木曜日になってしまった。サボるつもりじゃなかったんだけど、日記も飛んでしまいました。すびません。
ところで我が親愛なる名古屋支局!? の方から「こっちでは朝の7時に検問してました」と報告が。いやはや全国的なようですな。検問地獄。一応向うは「時間を取らせてごめんね」と恐縮していたようだけど同情の余地なし。かーなり厳しい世の中である。みなさんも気を付けてください。
昨日、久々に川上完さんと会った。業界の人は知ってるはずだが、超先輩モータージャーナリスト。いい意味でオタク丸出しの人である。我が『クルマバカ連載』にも出て頂いた。
古いクルマの企画だったんだけど、つくづく楽しそうに仕事する。っていうかほとんど遊んでるよう!? っていったら失礼か。それから単純に昔のクルマってホントは面白いんだよね。今よりメチャクチャだから。ちょっとお勉強がめんどくさいだけで。完さんみてたらそう思いました。

2002年12月13日

[ コージの告白2002 ]

仁義なき戦い!? 朝6時まで検問

さっき小耳に挟んだのだが、先週の水木、調布インター(確かそう)では朝の6時!! まで酒気帯び検問が行われていたらしい。ひでぇ! まさに仁義なき戦い!?
みなさん、ムダに負けないようにしましょう。

2002年12月11日

[ コージの告白2002 ]

酒気帯びは本当にいけないのか?

反対意見も多いかもしれないが、俺はあえてこのネタに触れようと思う。最近、新聞やHPを見ると、酒気帯びに関する事件がやけに多い。新規定の酒気帯び違反で捕まった警官とか、5人もクルマでひいたドライバーが実は酒気帯びだったとかね。
なんかあやしい気がする。
今年2月(6月施行?)の道路交通法の改正で、酒の入ったドライブに関する規定が厳しくなって、「酒気帯び運転」の規定も呼気1L中のアルコール濃度が0・25mgから0・15mgに厳しくなって、罰金も異様にあがった(20?30万円)わけだけど、その言い訳のような気がするんだよなぁ。
つまり「この改正は正しかった」とアピールしてるみたい。
確かに酒飲んで運転するのはよくないし、正しい意味で厳しくなるのはいいと思う。例の高速トラックが泥酔して子供が乗ってるクルマにぶつかった事件とか、飲酒常習の高速バスドライバーの問題もあるしね。
ただね。今回の改正は、警察側としては「反則金をとりたい」が先に立ってるんじゃないのかと思うんだよねぇ。疑り深いと言われてもしょうがないけど。
知ってる人は知ってると思うけど、ヨーロッパでは高速のサービスエリアで酒が売られてたりする。もちろん、酒酔い運転は悪いわけだけど、要するに「ある程度の範囲なら認められている」、つまり「自己判断」という奴だ。
ところがどっこい、現在の日本の規定の濃度0・15mgというのは付き合い程度で飲んでも反応が出るのはもちろん、普通に飲んで翌朝6時間ぐらい経っても出る場合があるという。人によっては健康ドリンクを飲んだだけでも出るという。
厳しすぎないか? それ。
確かにね。今までも多少飲んでも反応に出ないという人はありました。だから厳しくするのかもしれないけど、かといって普通に飲んで(量にもよるが)翌朝も運転出来ないってのはひどすぎる。要するに「酒飲んでる人は全部ダメ」ってなもんでしょ。
人によっては多少酒飲んで逆に体が暖まる人(あまりいないか?)もいるのかもしれないし、料理に自然に入ってるのを飲んだぐらいで問題ないケースもあると思う。
つまり俺が言いたいのは、明らかに酒飲んで事故を起こした奴とか、居酒屋に駐車場を備えるような明らかに酒酔いに無神経な人種はとんでもないけど、それと「ビール軽く飲んで6時間たって運転する人」とか「栄養ドリンク飲んで運転する人」を一緒にするのはやめてくれということだ。単純に「酒酔い=悪」はおかしいんじゃないの。
もっと科学的根拠を明確にして欲しい。「濃度これくらいだと反応速度がこれくらいニブルからダメ」とか「何時間たってもこれくらい残るからダメ」とかね。納得するデータがみたいのよ。どうやらビール大瓶を1本飲んで15分ぐらいで0・15mgに達するらしいけど、それだけじゃ物足りない。
現在の酒ドライブに関する報道のおかしさは、酒気帯びの事実と事故の因果関係が明らかにされてないことだ。例えば先日5人もひいた酒気帯びドライバーは、雪によるスリップもあるらしく、酒を飲んでなくても起こした可能性がある。
それとこの酒気帯び違反関係の記事の多さは事故が多いっていうより、単純に取り締まりが厳しくなっただけじゃないの?
だいたい呼気のアルコール濃度だけで本当に飲酒ドライブの問題がわかるのかなあ? そもそもアルコール自体、完全否定されるべきものなのか? 昔、船乗りは度胸を付けるため飲んで操船したって話もあるし、量いかんによっては大丈夫とか人によっては反応速度が上がる人もいるんじゃないでしょうか、もしかしてだけど。
なんか今の規定って、本質をはずしてるんじゃないの? って思うんだよね。例の「ドライバーが飲んでるクルマは助手席で飲んでてもダメ」ってのもね。いやらしすぎるでしょ。
それはタバコの増税もそうで、実は俺はタバコを一切すわないからどうでもいいんだけど、単純に「一番増税しても文句を言われない所」からとってるだけな気がする。でもタバコだって立派な人間の文化。一方的に差別するのはどうだろう。俺には関係ないけど。
とにかく今のやり方、報道はちょっとウソ臭いよ。

2002年12月10日

[ コージの告白2002 ]

三菱さん、とりあえずおめでとう

なんか三菱の存続を賭けた! といううわさのクルマ、コルトが発売一ヶ月未満で受注1万5000台を達成したそうな。おめでとうございます。
実はあんまりコルトに好感触を持ってなかった俺としてはうれしい誤算。個人の感覚ってあてになんないもんだよなぁ。なんて。
こないだ改めて乗ってみたけど、乗り心地のよさ、シートのふかふか具合はクラス随一かも。売れるのもわかる気がします。
でもね。あえて言い訳させていただくと、本当の勝負はこれからではないでしょうか。だってさ。やっぱ三菱グループってすごいんだってさ。こないだ某筋から聞いた話によると、グループ系に売るのか、配るのか、某広報誌みたいのがあって、これが毎号40万部! ぐらいいくらしい。これはほとんど現在トップクラスの週刊誌に匹敵する部数。つまり、それくらい関係者の人口が多いってことよ。
確かに今度のコルトは、別に三菱グループをあてにしたつくりではなく、一般ユーザーをターゲットにしてるとは思うけど、やっぱり助けられているはず。となると本当の結果はこれから! だと思うんだよね。厳しい言い方すると。
ディーラーがコルトにばっか力を入れたから、今まで売れてたeKワゴンの売り上げが落ちたって話もあるし、気合を抜かずにがんばってくださいね。

2002年12月09日

[ コージの告白2002 ]

雪っていいね

さっき、日本に帰ってきました。で、びっくり。雪ふってんのね。しかも飛行機によると1℃! なんじゃそりゃ。
だけどよかったなぁ。だって道すいてんだもん。正直、俺は結構雪で滑りやすい道ってのが好きで、なんかレースしてる気分になれるんだけど、普通の人は嫌みたいで空いている。
いいことづくめだよなぁ、雪の道。

2002年12月07日

[ コージの告白2002 ]

今、何時になるのかな?

ただいま海外から日記を書いております。場所は秘密です。ぬふふふ。
とりあえず朝涼しく、ひる暖かい。っていうか暑いなぁ。
あー、原稿書かないってたまにはいいもんだ。一本だけ、溜まってるけどね。
では、さいなら。

2002年12月04日

[ コージの告白2002 ]

小沢コージは4日夜から9日午後までいません

こないだも書きましたが、本日夜から私はアメリカへ行きます。携帯は空港で借りるかもしれませんが、とりあえずはメールにて。
帰りは9日、月曜日の午後です。夜には電話も繋がるでしょう。それか寝てるか?
とにかくよろしくお願いいたします。

2002年12月03日

[ コージの告白2002 ]

肩凝りに腕立て伏せ?

ここ数ヶ月、ひどい肩凝り。最初は寝違えたかなんかしたと思ったら一向にとまらない。マッサージにも行ったし、サッカーも週一ぐらいでやってるのに、全然変わらない。
でね。とある人に聞いたら、肩凝りには年齢と共にくるタイプがあって、筋力の低下が原因だったり、最悪な場合、骨を削らなきゃいけない場合もあるんだってさ。つまり、体型や肉付きが変化して、神経や筋肉が圧迫されるようになってきた、みたいな。正確な理由はわからないけど。
さて、俺の痛みを分析すると、今までになく、肩の付け根の前の部分に集中している。つまり腕立て伏せで使う胸から肩の筋肉ってことよね。そういえば最近水泳してないし、足は使っても胸の筋肉はつかってないなぁ、ってわけで腕立て伏せしてみた。すると…。
昨日ちょっとやっただけなのに楽になった感じ。勘違いかぁって気もするけど、良くなってるような…。結論は出てないけど。
しっかし、人間の身体って面白い。運動不足の現代人。つくづくスポーツって一生やらなきゃいけないんだろうなぁ。

[ コージの告白2002 ]

目黒の坦々麺屋、ウマい!

こないだ偶然見つけた坦々麺&マーボードーフ専門店に行ってまいりました。先月の2?日に出来たようで、場所は目黒の坂を下りて橋までいかない左側。真赤なカンバンの「陳麻家」ってのが目印。
坦々麺は800円で、確かマーボー&ライスのセットが500円ぐらいか。結構安いんだけど、坦々麺はウマかった。マーボは正直、山椒も入っていて悪くないんだけど、作りおきしてるみたいでイマイチ。本物の味だけどね。
で、驚いた事に店長らしき人物は俺が昔良くいった五反田の川揚料理屋と同じだった。そういえば坦々麺の味はまったく同じ。
五反田の店でも人気だったもんなぁ、坦々麺。
また行こっと。

[ コージの告白2002 ]

日本シリーズみたいなトヨタカップ

さきほど横浜までサッカーのトヨタカップを見に行ってまいりました。
で、一言。「日本シリーズみたいでしたね、今年の」。
当然のことながらレアル・マドリーが読売巨人軍で、オリンピアが西武ライオンズ。
なんとも実力差があり過ぎるのだ。サッカーのクラブチーム戦にはありがちな光景ではあるし、最初に弱い方がなんとなく1点取っちゃうと状況は変わるんだけど、今年みたいに巨人軍であるレアルが先取点取っちゃうと余裕の試合運び。ゴール前で遊んでるようでした。
かたやオリンピアは結構惜しい場面もあったけど、サイドからのシンプルなセンタリングとか、大き目の縦パス、速攻で攻めるのみ。見ていてだんだんつらくなる。
やっぱりね。南米からヨーロッパへいい選手はどんどん流出してるんだよなぁ、パリーグからセリーグにFAで行くみたいに。しょうがないんだけどさ。
とはいえ試合は面白かったです。分かり易い選手が分かり易い活躍をしていたので。確か2年前、レアルが負けた時はつまらなかったな。速攻のみの前半2点で決まっちゃって。
人気役者が活躍するゲームはいいもんです。

2002年12月02日

[ コージの告白2002 ]

最も“レース的人種差別”のある国は?

知らなかったけどさ。レースやってて一番人種差別を感じる国ってアメリカなんだってね。こないだ土屋圭市さんと話して初めて知りました。一見、メジャーリーグにせよ、WBAにせよ、黒人が大活躍してて開放されてるようだけど、例えばアメリカのフォーミュラカーレース、CARTとかインディレース(IRL)を見るとピットクルーまでが完全に白人だそうな。この面では逆にヨーロッパのF1の方が開放的(とはいえF1のピットに黒人を見たことはないが)。
だから今、高木虎之助とか中野シンジ君が勝てないのはあながち腕だけのせいではない。細かくは知らないが、いろんな物事が有色人種に有利でないように運ぶらしい。つらい。
要するにね。日本でいう相撲と似てるのか、アメリカン・モータースポーツってのは野球やバスケみたいに開放されてない分、昔のしきたりがまかり通ってるらしい。最も顕著なのは、箱グルマを使うストックカーレースで南部を中心に行われる超白人的催し物なよう。
とはいえ、一度ドリキンは日本にドラッグレースが出た時出場し、あまりの賞金額の多さにビックリ。確か10何位ぐらいで数百万! これは日本のレースとケタが違うそうで、ある意味、公営ギャンブルみたいなもんかもね。掛け金が入ってるのか、熱狂的なファンが多いのか、それともタニマチ(ビッグスポンサー)がついてるのか。相撲取りが「土俵にはお金が埋まってる」っていうような状況に近いのかも。それほど観客が多いとは思えないけど、とにかくお金が回る世界なのだ。
ちなみにドリキンはその時、ストックカーレーサーに「アメリカにくればがっぽり稼がせてやるよ」と言われたそうだが、大変さを知っていたのか、丁重にお断り。
いやはや世の中、知らない話がいっぱいあります。

2002年12月01日

[ コージの告白2002 ]

最近の編集者って奴は

ハッキリ言って愚痴ですけど聞いてください。
最近の編集者、特に若い人達ってのはメールで仕事を発注してくる人が多い。別にそれはいいんだけど、それから一切電話がなかったりする。こないだなんかも某誌からメールと電話で仕事の問い合わせが来て、電話が取れなかったので仕方なく「この日この時は空いてますよ」ってメールで返事をしたら、以来連絡が一切ない。
それでアチラ様は納得した風だけど、返事くれよ?。この日行きますとか、時間はこの時間になりました、とかなんか。前日まで音沙汰なく、無視して別の仕事入れようかと思いましたが、それも大人げなく思い、仕方なくこちらから電話したらそれでもなかなか返事がない。悲しいものがあります。
結局は連絡が来て仕事をしたけど、ハッキリ言ってやる気出ませんでした。しかもその後、小さい仕事がゆえライターさん任せでこちらの注文を忘れてるし、こちらも悪いが待ち合わせに遅れてなかなかうまく取材できなくて、ヤな感じ。ライターさんがいい人だったのでことなきを得たけど、もう会う事もないんだろうなぁ。その編集者さんとは。
確かに小さな仕事だったけど、それ以前に寂しい仕事だった。そうじゃなくても最近、原稿に対して返事をくれる人は少ない。まさに「仕事」って感じ。それも「やっつけ仕事」。みんなどういうつもりで仕事してるんだろう。
寂しい世の中だわね。

2002年11月28日

[ コージの告白2002 ]

自分で作った野菜はうまい!

最近、家庭菜園やってます。ちょっとだけだけど。
でね。ちんげん采とかダイコンとか植えてるんだけど、初めてちんげん采炒めて食べてびっくり。ウマイのだ。皮はちょっと硬かった気がしたけど。
なにがすごいってね。苦みがない。あの手の野菜ってちょっと炒め過ぎると苦みが出る。それがないのだ。マジ、ちょっと甘い気がした。勘違いかもしれないけど。
でもね。やっぱ自分で作った無農薬(完全かはわからんが)野菜は素晴らしいですよ。とりあえずご報告まで!

2002年11月27日

[ コージの告白2002 ]

ホストと作家のよりよい関係?

昨晩、っていうよりさっきとっても楽しいイベントを拝見させていただきました。「中村うさぎのホストパーティ」。確かそんな名前だったと思うんだけど、ライターの清水ソーイチ大先生に誘っていただいた、例の超オンナ的浪費を綴って大ヒットを続けている中村さん主催の会(週刊文春、みてます?)。
最近ホストにハマってるらしく、それのおすそ分けとでもいいましょうか。有名女流作家のセンセイが沢山いらしてました。
でね。俺が誤解していた事がわかった。
なんとなく、女性とホストの関係って「モテない女がイケてる男に貢ぐ」ってのを想定してて、それは確かにその通りなんだけど、言うほど一方的でもないのだ。
言わば「男女の性差別の開放」なんだろうな。会は簡単に言うと、中村さんが集めた出版界の作家さんとこれまた中村さんが集めた20名ぐらいの“ナンバーワン・ホスト”の懇親会、って感じなんだけど、その光景は人気キャバクラ嬢に群がるキャバクラ・ヘビーユーザーの図、に近い。それかレースクイーンに群がるカメラ小僧の図、とでもいうか。
確かにそれは20歳前後のカネはないけど見てくれのいい男に、ヘタすると50歳前後の仕事に成功した女が金払って遊ぶって光景なんだけど、女性もそれをわかって楽しんでいる。なんちゅーかなぁ、女性は男性が思うほど清廉潔白でもプラトニックでも当然ないということを再認識させられたというか。キャバクラ通いやクラブ遊びもそうだけど、ダマされているというより、上手に遊んでいる、という感じもある(実体はわからんが)。
そりゃね。50になって、見た目でモテなくなっても金があったら、それを使って遊ぼうって人も出てくるよね。男も女も。要するに男性が風俗に行くように、女性もそういう物が出来たら当然行く人も出てくるということ。
ただそうは言っても男と女、付合い方はちと違ってて、日本に未だ男尊女卑の部分が残ってる様に、水商売の世界でも「ダマす男にダマされる女」ってシーンが多いのかもしれないけど。
実際、売れてるホストってのを生で見た感想は「どうしようもない腹グロ男」。俺の知り合いで、大切な彼女がいるのにいろんな女とあっさり付合って、しかもそれを見た目に一切感じさせない男がいるけどソイツを思い出した。ホント、「平気でウソを付くんだろうなぁ」って感じ。言ってみれば「性格の悪いつんく」とでもいうか。
「女性に5回ぐらい刺された」って告白してる男がいたけどこんな男にダマされる女はツライよ、きっと。
よくぞこんな悪い男ばっかり集めたって感じ。あんなんばっかり世の中いたら、マジメで口下手な男は割に合わないぜ、って言いたい部分もありました。しょうがないといえばしょうがないけど。
いい勉強になったというか、ホントはもうちょっとホントのところを知りたい、とも思いましたね。うーん、誰か教えてください!
それからそうそう、中村さんの整形、すごかったです。目指すは奥菜恵とは。いやいや確かにそうとも言える? か!?

2002年11月26日

[ コージの告白2002 ]

代理店って奴は…

最初にお断りしておきます。そうじゃない人にはすいません…。
こないだまたまた仕事で広告代理店の奴らにあったけど、なんでこうハラたつんだろう。ろくに挨拶はできない、服装はいい加減、それで仕事ができるんならいいけど、そのうえ、仕切りも甘いって奴がいる。本当の一流に会った事がないのかもしれないけど。
だいたいね。頭っから「おいしいこと“だけ”したい」ってのがみえみえなんだよね。ラクしたい、ラクして金ほしい、目立ちたい、いい女と付合いたい、いいクルマに乗りたい、いい家すみたい、いいカッコしたいなどなど。正直っちゃ正直。でもさ。そういうことをわけもなく思ってる気がする。自信の裏付けは学歴かそれとも家柄か、そうじゃなきゃ親にそう育てられたのか。
比べるとさ。メーカーのエンジニアって感動するんだよね。
「いいモノが造りたい」「自分の技術を高めたい」。マジでみんなそう思ってる。タマに方向違うんじゃない? って人もいるけどさ。それでも奴らより全然マシ。
そうじゃない人もいるんだろうけどね。まだ見た事ないよなぁ。会いたいなぁ、やる気まんまんの自己犠牲精神に満ちた代理店の人!

[ コージの告白2002 ]

来週、アメリカ出張の予告

来週は4日の夜から10日の昼まで出張である。場所はアメリカ。詳しくは忘れた…。
というわけでお仕事を終らせなければ。年末進行も始まるというのに。大丈夫なんだろうか。ホントに。

2002年11月25日

[ コージの告白2002 ]

ボールタッチは一生?

そういえば昨日、初めてオーバー40の人に混じってサッカーやりました。意外にやれる部分と意外にやれない部分があったけど、一番の発見は「うまい人はやっぱうまい」ってこと。
確かにね。走り出したら遅かったり、ボールに追いつけなかったりしてる部分もあるんだけど、最初のトラップとか一瞬かわすとこなんてはうまい人は相変わらずうまい。「変わってない部分」もあるのだ。
そういえばちょっと前、デブデブになったマラドーナのサッカーシーンがあったけど、部分的には不思議なくらいにうまいのね。一部映像合成じゃない? って思うくらい。
なんていうかなぁ。色褪せる部分と色褪せない部分がある。おそらくある種の反射神経、培った運動パターンはなかなか忘れないんだろうなぁ。3つ子の魂100まで。それは性格だけでなく、運動能力でも言えるんだと思った。
それからね。俺が40になったシーンを確実に想像できるようになったなぁ。あんな感じになるんだぁ、って感じ。
うれしいのやら悲しいのやら。
でも年を取ってもサッカーは出来るんだと思った。ヘタすると一生? だったらいいよね。

2002年11月23日

[ コージの告白2002 ]

「空車」のタクシー、レッカーしますか!!

いや、驚いた。先日、「空車」のタクシーがレッカーされてました。今までそんなの見た事なかったのに(ある人います?)。きっとラーメンかなんか食べてたんじゃないかと思うんだけど、ひどい。
とんでもない場所に停めてた可能性もあるんだけど、そうじゃないと思うなぁ。ホント、最近、信じられないくらいレッカー車良くみるもん。何回も言うけど、税収の代りだろうと思うけどつくづくふざけんなだよなぁ。
俺、タクシーが人迷惑を考えず、停車するのはキライだけど、タクシーって大変だと思うのね。っていうか昼飯ぐらいゆっくり食わせてやれよ、と思う。単純な話じゃないんだけどさ。キモチとして。
そう、今思い付いたんだけど警察に対して「非紳士的行為」って取れればいいのになぁ。いわゆるイエローカード。うーん、俺がビシバシ出してやるぅ?

[ コージの告白2002 ]

三菱コルト、いいんだけどツライ!?

話題の三菱コルト、発売直後の2日間で約8000台受注したそうです。初日だけでも1000台突破したらしいしね。よかったよかった。eKワゴンのヒットだけじゃ心もとなかったもんね。
とはいえ、正直、俺が撮影会で乗った感じじゃちとツラかった。スタイル、走り、質感、広さ、全般的に悪くないんだけど、逆にいうとセールスポイントはあまりない。
日産のキューブとかマーチとか個性的なコンパクトが続々出てる時代だっつーのに。
まあ、本当の結果が出るのはもうちょっとしてから。しばらく静観ってとこですな。

2002年11月21日

[ コージの告白2002 ]

二重マブタは遺伝ではない!?

知ってる人は知ってるんだろうけどさ。こないだ聞いて驚いた。いわゆる二重マブタに代表される「濃い顔」とか「薄い顔」、あれって遺伝じゃないんだってね。
子供が母親のオナカに入っている時の生活、食生活に影響され、単純に言うと「古来からの日本人的な食生活をしてきた人」は薄い顔になり、「西洋的な食事をしてきた人」は濃い顔になる。
具体的には魚中心でしょっぱいものを食べると薄い顔になり、肉とか甘いものとか高脂肪の系をガンガン食べると濃い顔になる。細かい事は忘れましたが確かそんな感じ。
ただ、単純に「カッコよくなる」と考えるのは早計で、実は西洋的食生活で生れた子にはデメリットもあるという。
驚きました。と同時に納得の部分も。
というのも最近のモデルの子とかってホント濃いもんね。いわゆる昔ながらの大陸的な顔の子はほとんどいない。
それからさ。人類の発展の歴史、いわゆるアフリカに起源をもち、その後、ヨーロッパやアジアに伝わり、日本には北海道と大陸と東南アジア方面から海で渡ってきた3種類の民族がいる、ってな話もうなずける。要するに顔つきってのは環境によって変わるわけよ。
アメリカで生まれ育てばそれっぽくなり、韓国で育てばそれっぽくなる。それも当然なのだ。で、かなりの部分、食生活なのだと。
あと季節、温度環境も大きいんだろうけど。
遺伝。それだけじゃないんだね。人間って。

2002年11月19日

[ コージの告白2002 ]

今年はいつも以上に気を付けるべし

最近、パトカーが多い気がしません? 東京在住のみなさん。東京以外でもそうかもしれないけど、毎週のようにねずみ取りをやってる気がする。
一昨日の日曜日も早朝、いつもの環7外回り、高円寺付近でやってたし、先週も取材で横浜方面に行った時にやってた。そうでなくてもパトカーをよく見かける気がする。
考えられる原因はというと、知ってる人は知ってるだろうけど、今年税収が少ない。だかららしいのだ。そう、税金の不足分を反則金で補おうという…。
どっかの記事で見ただけだけど、ホントだとするとひでぇ。っていうかホントだと思うけど、だいだい反則金に対する予算が決まってることすらオカシイのにねぇ。
となると当然のことながら、今年の飲酒検問はキビシイぞぉ。驚くような方法を取ってくるような気がする。飲む人は重々気を付けてください。それからスピードもね。
あと、昨日新聞で見て驚いたけど例の最大5万円で7000円割引が可能なプリペイドの高速料金カード、これも廃止してETCに一本化する計画があるんだって。一応、偽造カード問題に対応して、って話になってるけど、どうもねぇ。それよりETC普及というハラの立つ問題に対する強引な手法のような気がする。
ったくもー!

2002年11月15日

[ コージの告白2002 ]

すいません、更新できてません

なんか毎月新車インプレッションを更新するはずだったのに、全然できてません。インタビューも。一昨日なんてカー・オブ・ザ・イヤーがあってチャンスだったのだが…。つい夜は飲みに回ってしまって…。反省であります。

2002年11月14日

[ コージの告白2002 ]

日本カー・オブ・ザ・イヤー決定!

昨日、カー・オブ・ザ・イヤーが決まりました。みなさまご苦労様。
個人的には決定は正直残念。イヤーカーはホンダ・アコード。いいクルマだとは思うけど、やっぱ地味でしょう。一般的にわかりにくいというか。
俺的にはZを推しました。フェアレディZに10点。こっちの方がよかったと思う。分かり易いから。子供でも分るはず。
とはいえこういう賞はみんなの総意であるべきであり、ホンダ様、おめでとうございます。確かにアコードはいいクルマ。FFのBMWと呼んでもいいと思う。
さて、配点を見るとZに満点を入れたのは20名でアコードは15名。つまり満点以外の点で上回ったんだよね。アコードが。
原因を探るとなんだかんだでホンダの総合力。会社全体に勢いがあるというかね。これも時代の趨勢なんでしょうか?

2002年11月11日

[ コージの告白2002 ]

警察にでも電話すればいいのか?

と思ったら、たった今、朝、首都高外回りを走ってる時、数台先のトラックが産業処理物らしき物を入れたゴミ袋をポーンと路上に落としていった。あぶね?。
風とともにそれはコロコロと転がって、路肩に向かったけどそのうちクルマにぶつかってゴミがバラけちゃうんだろうなぁ。ヒデェ。カラスがゴミをぶちまけるよりヒデェ。
思わずナンバー控えて警察にでも通報してやろうかと思ったけど遠すぎてナンバー見えず。それから警察は対応してくれるんだろうか。
例え捕まえなくても電話で「落としました?」とか言ってくれると多少は反省するんだろうけどね。今度やってみよっと。

2002年11月09日

[ コージの告白2002 ]

プロはスゴイ!

プロゴルファーさんはスゴかったであります。一緒に回っていただいたのはベテランの室田淳さんなんだけど、腕もさる事ながら性格というか人格的な大きさにびっくり。嫌な顔ひとつしなかった。こんなにヘタな俺なのに。
肝心のゴルフもね。プロってぇのはこういうものかと。なんていうかね。タマ自体は、スゴイ、スゴイって聞いてたんで「ホォ」って感じだったんだけど、目の前でTVのゴルフ大会のようにビシバシ、アンダーパーを取っていく様はどうにも不思議。テクニックがあるといっちゃそれまでなんだけど、その裏にあるだろう練習の積み重ねのオーラがそこはかとなく感じられ、じんわりスゴいなと。
あのね。俺もプロ野球とかJリーグとかW杯とかいろいろ見るんだけど、確かにどれもスゴイわけだけど、ゴルフの方が「練習の積み重ね」をヒシヒシと感じる。
当然「どうやったらうまくなるんですか?」と聞いてみたんだけど、そしたら「トラック50パイ分タマを打て」だってさ。「そうすれば自然とわかってくる」と。笑ってたけど真顔だった気がした。俺はってきり「プロに教われ」とかそういうことを言われるもんだと思ってたが、根本はそうなのかもね。練習量。プロっていうのはそういうもんかもしれない。
面白かった。

[ コージの告白2002 ]

最近の怒り

最近怒ってるのがあれだよね。道路のゴミ。特に高速のトラックが酷い。後ろについてたら突然、弁当の空き箱が飛んできたり、雑誌ゴミが飛んできたりダンボールが飛んできたり。最悪、材木みたいのが転がってきたりする。
ロクに縛り付けてないのはみえみえ。昔はこういうシーンはあまりなかったんだけど、確実にいい加減な奴等が増えてるんだと思う。
確かに自分には直接関係なくて、後で怒られることもないんだろうけど、酷い。道が汚くなるのはもちろん、後ろのバイクはコワイよ。ヘタすっと死ぬからね。
こういうのを取り締まってくれないかな、パトカーさん。

2002年11月07日

[ コージの告白2002 ]

とんでもないゴルフが明日…

明日、マジですか? って感じのゴルフが行われます。芹○さんやら深△さんやら横×さんやらって、新聞でみたことしかないようなトーナメントプロ10数人に、○野さんやらア△リさんやら×山さんなど、これまた数10人の有名プロレーサーに俺が混ざっての不思議な大会。全然ヘタなのに。
事情はこんど詳しく書くとして、最初はえれぇ楽しみなだけだったが、今になってビビってまいりました。人生で一回あるかないかのプレッシャーのかかったティショットになるかも?
後ろにTVで見た顔が並ぶ場所での大いなる空振り…。うーむ。
あー、どうしよ。幸せな悩みであります。わかっております。だけど、一日でゴルフがうまくなる方法、誰か知りません?

2002年11月06日

[ コージの告白2002 ]

プロボックスにみるトヨタの強さ

久々に町で良く見る新車がある。そう、トヨタの新型プロユースカー、プロボックス&サクシードだ。俺が今、借りてるってのが一番大きいんだけど、昨日は5台以上もみた。こんな新車久々。バカ売れしてるんだろうなぁ。
ヴィッツベースのクルマで、結構小型なんだけど物は入るし、意外とカッコいいのがキモ。個人的にはシートがいまいちだけど、それ以外に特に過不足無し。
とはいえ尋常じゃない台数。久々にトヨタの実力を見せ付けられた気がいたしました。

2002年11月04日

[ コージの告白2002 ]

先日、日本がまたキライになりました…

またまたしばらく空いてしまいました。すいません。
話は代るけど、先日また日本がキライになってしまいました。なぜって福岡ドームで。
新型ホンダ・アコードの試乗会が九州であって、福岡ドームのグラウンド内から出発! はいいんだけど、驚いた。人工芝ってサイテーなのだ。ウワサには聞いていたけど、自分の足で踏んでみて衝撃!! 瞬間怒りが込み上げてきた。
芝っていうより、ゴルフ練習場のマットと変わらないレベルなんだよね。もちろん、それとは違うんだけど、緑のビニール素材を圧縮してゴム状にしたようなマットが敷き詰めてあり、見た目もさることながらタッチが最悪。継ぎ目もハチャメチャ。
こんなのが日本の最高レベルの、それも日本一になるような球団のホームグラウンドだなんて、なんて日本は貧相なんだと思った。松井が大リーグ行くのも当然だよね。早く行っちゃえ行っちゃえ!
あんなのがいいわけないじゃない。膝への悪影響だけでなく、わけのわからない「合理主義」がなさけない。理屈じゃない、肌で感じろよ!
なんていうかなぁ。京都の老舗の旅館に行って、どうどう本物のにがりを使わない遺伝子操作大豆のトウフが出てきたようっていうか、軽井沢の白樺並木を良く見たらプラスティックだった!? みたいっていうか。そもそも日本は野球をどう思ってるのかね?
俺は野球はそれほど好きじゃないけど、芝でやるサッカーほど最高のものはないと思う。野球だって、本当の芝でやれたら素敵だし、それが本当だろう。
俺は最近ゴルフをやるけど、その日本人的な気持ち悪い接待感覚とか、妙な値段の高さとか、環境問題はおいといて芝でやるゴルフほどキモチいいものはない。素振りするだけだっていい。
そんなこと知らないわけないじゃない、福岡ドームのお偉いさんが。それなのになんてそんなことするんだろう。
時々日本にいると、妙な本末転倒具合を見る。平等を意識するあまり、順番を付けない小学校の徒競走とか、ゆとりを意識するあまり3・14を3にする算数とか、安全、既存規定を意識するあまりスピード違反の基準を変えない警察とか。
で、まあそれが行政とか警察レベルだけかと思っていたら、日本最高のエンターテイメントであるべきプロ野球でもそうだったとは…。 Jリーグの方がよっぽどマシだよね。経営状態は別にして。
またまた日本がキライになりそう。困ったもんだ。

2002年10月31日

[ コージの告白2002 ]

麺屋武蔵、俺にはちょっと…

こないだ麺屋武蔵(こんな名前だったと思う)のラーメンを食べた。だいぶ前も食べたことあってまったく記憶に残ってなかったんだけど、評判だっていうので食べた。人はすんごい入っていた。
でもね。俺にはちょっと。
確かにスープの香りはよくて、手間かかってる気もしたけど、そのサンマの煮干しでとったらしい味がね。魚特有の青い感じというか、その味はキライじゃないんだけどラーメンとしては食べたくないというか。
麺もつるつるシコシコって感じだったけど、なんか沖縄のソーキソバみたいでどうにも。
俺には合わないみたいね。

[ コージの告白2002 ]

アメリカ人好みのホテル、ヨーロッパ人好みのホテル

こないだ某メーカーの人と飲んでてわかったんだけど、ホテルにもヨーロッパ人好みとアメリカ人好みがあるんだってね。
大メーカーだけに海外拠点のお偉い人を呼ばなきゃいけない事があるそうで、昔、帝国ホテルばっかり取ってたのを一回全日空ホテルにしたところ、アメリカ人にバカ受け。特有の金ピカエレベーターが人気で、その他、カジュアルなテイストがウケてるよう。六本木が近いからじゃない? って聞いたら違うみたいで、単純に全日空の方が安くて助かる、とその人は喜んでおりました。
しかしヨーロッパ人には不人気。未だ伝統ある帝国ホテルを望むんだとか。いやはやそんな趣味があるとは。今度接待する時に使おう! ってそんなケースはないけどね。

2002年10月30日

[ コージの告白2002 ]

トヨタ役員の悩み

こないだ初めてトヨタの偉い人ととゴルフしました。それはそれでよかったんだけど、一番印象的だったのがパターの話。
やる人は知ってると思うけど今や「オデッセイ」パターってのが定番で俺も持ってるんだけど、その方は使おうとしない。曰く「どうにもね。欲しいんだけど、名前が」と。
ご存知ホンダの大ヒット車と同じなのだ。くだらないっちゃくだらないけど、実際問題、日々プレーで使うシーンを想像すると分る気がした。やっぱね。ボールを真剣に打つって時に、目の前にキライな奴と同じ名前があったら…。俺だったらさしずめ○×とか△○とか…。人間そんなもんだよなぁ、ってつくづく。

2002年10月29日

[ コージの告白2002 ]

あっと言う間に1週間、東京モーターショー開幕!

すいません。ごぶさたしております。実は当方、忙しさはまだ継続しており、書きたい事は沢山生じましたが書ける状態ではなく、今日も厳しい締切りがあるのですが、ちょっとだけ報告を。
そう、今日は東京モーターショーのプレスデー。といっても商用車の年でハッキリ言ってジミでした。
感想をざっと言うと①軽自動車のピックアップ、2人乗りがよかった②各社新車の発表がフライング気味(乗用車の発表もやっている)③次もやるか? の声があった、の三つ。
聞けば商用車ショー、元々はトラックメーカーの希望だったみたいだけど、今や不況でトラック売れずに大弱り。ブース出すのも辛いメーカーもあるそうで、全メーカー全力でやってるかどうかは疑問。「なんのためのモーターショーなのか?」 を考えさせるものがありました。
ってなわけで悩み多いショーでした!

2002年10月22日

[ コージの告白2002 ]

学者大臣の影響がクルマ業界にも!

やっとトンネルから抜けつつあります。ふぅ。
で、久々にマジメな話を。えー、あのお坊ちゃまカットの竹中なんとかが大臣を兼任するようになって、余波がクルマ業界にも。
要するに彼の方針ってのは、弱いものは切るってもので、どうやら某メーカーが危ない!? ってウワサがあるよう。
そのメーカーは事実上、生産車はほとんどなく、部品メーカー同然なんだけど、とはいえブランドが消滅するってのはねぇ。俺はマジメに残念に思います。
俺は昔、日本にクルマ会社が多すぎる! って感じの論を聞いた事があって、その時はヘェーって思ってたけど、実はそれって美点なんだよね。日本に自動車メーカーが9社、ミツオカを入れると10社ある。それは素晴らしいことなのだ。
最近までそれはわからなかったけど、その厳しい競争が今の日本を造ってきた事に間違いはなくて、出来る限り支えるべきなのだ。
本当にどうなるかはわからない。がんばって欲しいものである。

2002年10月17日

[ コージの告白2002 ]

久々のトンネル

久々にながーいトンネルに入っております。書いても書いても原稿が終りません。関係者のみなさま。多大なるご迷惑をおかけしております。しかしオザワは真剣にやっております。もう少々お待ちください。ソバ屋の出前じゃないですけど。

2002年10月15日

[ コージの告白2002 ]

初めて会った!? 作品より味のある大センセイ

仕事がらマンガ家とかライターさんによく会います。小説家ってのはなかなかないけどね。
大抵の人は「作品」と「人間」だったら「作品」の方が良かったりする。っていうか最近はそうでもないか? まあ「しゃべると面白い」のに不思議と「原稿がつまらない」って少なからずいて、そういう人は大抵あんまり成功してない。しょうがないよね。書いてナンボの俺達だから。
でね。こないだ久々にあった楠みちはるさんは奇跡的に「両方面白い人」。しゃべっても面白いし、作品もいいんだなぁ。
そしたらこないだ初めて会った「釣りバカ日誌」の北見けんいちセンセイ。この方にはカンドーいたしました。マンガもいいです。なんだかんだで俺はオリジナルとかずーっと読んでるんだけど、ご本人がまたいい。
ホント、マンガに出てる「伝助」、つまり浜チャン半分入ってます。実に味のある面白い方で、正直作品以上にカンドーいたしました。例えば村上龍とか田中康夫センセイでもいいや。TVに出たりするとある意味、作品読む気なくなるでしょ。俺の場合。なんかガッカリする。
だけど北見センセイの場合、違ったな。本人に会うと余計、作品もステキに思えました。こんなの初めてじゃなかろか。
やっぱね。人のウツワってあるんだろうなぁ。北見センセイ最高でした。また会いたい!

2002年10月14日

[ コージの告白2002 ]

アメリカはキライだ! ってステキかも…

昨日F1の後に寅さんを観た。偶然、TVで。
相変わらずの雰囲気だったんだけど、意外にも衝撃だったのが寅さんの「アメリカはキライだ!」の一言。
ストーリーは珍しくも外人さんが思いっきり出るもので、「マイケル・ジョーダン」という今じゃ絶対使わない(使えない?)ような役名で出てくる。それもふざけた行商役で。
でね。問題は寅さんが初めてマイケルに会う直前のシーンなんだけど、どう対応するのかなぁって思ってたら「俺はアメリカは大っきらい!」とキッパリ。キッパリどころか「嫌い」「怪物」とかひでぇ言葉を連発。
なんか妙にキモチよかったなぁ。でもこれが当時の本音なんだと思った。
別に俺はアメリカが嫌いではないし、欧米への憧れは十分にある。だけど、昔の人が嫌いっていうのはわかるし、白人を見て「デカくて鼻が大きくて…」ってビビるキモチもよくわかる。俺の中にも当然あると思う。自然な反応だよね。
で、映画ではその自然な反応が上手に描かれていた。やっぱいい映画なんだと思った。
いまだと「アメリカは嫌い」なんてハッキリ言えないだろうし、自主規制が行われる気がする。この映画自体、実はよく放送できたなぁと思った。まだまだ日本にも健全な部分がある。今からは作れないだろうけどね。おそらく。
これからもこういう映画が放送されてほしいなぁと思いました。で、今も作れたらいいだろうね。

[ コージの告白2002 ]

タクマ凄かった!? みたいね

昨日の鈴鹿は凄く盛り上がったみたいね。TVで見てても凄かった。ちょっぴり行けばよかったと後悔した。
でもね。やっぱ5位は5位。がんばったし、今までになく才能を感じさせたけど5位。それでも盛り上がる。なんでなんだろうね。
俺は正直、80年代に中嶋悟が出た時、それほど興奮しなかった。やっぱ全然世界レベルじゃなかったから。イチロー、中田、小野とは別もん。確か雨のアデレードで4位が最高だったし、そのほかドライブに関して「パワステがあれば」と言ってたくらいだから。お話しになんない。
だけどね。鈴鹿に行けば「中嶋ラストラン!」とか言って盛り上がってたし、当時サーキットでアンケート取れば中嶋ダントツ人気でアグリさんとか井上タカチホとか全然人気なし。俺的にはアグリさんの方がずっとカッコいいと思ってたし、才能を感じたのに。
やっぱね。これがナショナリズムってものなんだろうか。俺達の業界の人は平気で輸入車誉めるけど、街中では当然、日本車が売れてる。ある種のズレを感じます。
タクマの盛り上がりもそうなのかもしれない。俺は確かに佐藤琢磨選手に可能性を感じてるし、すげぇと思うけどやっぱ5位じゃそれほどシビれない。モントーヤ、無勝で何戦連続ポールって方がシビれるね。
後ね。某関係者に昔「タクマの才能は既に限界が見えてる」って話聞いたことあるんだよね。そこでちょっと冷めてしまったのもある。
つくづく観客って勝手だよなぁ。俺も含めて。

2002年10月11日

[ コージの告白2002 ]

京都→豊川→津の取材旅行

いやー、疲れた。今週は取材に行きっぱなしでした。まずは京都で古いブルーバード持ってる人取材して、翌日、豊川でヨタハチとコンテッサ・スパイダーとベレットオーナー取材して、最後に津でR32バカに会うという寸法。おっとそうだ。最後の夜、東京駅でインタビューも。
最初はどうなることやらと思ってみたけど、終ってみると意外とすんなり。っていうかさ。バカってみんな愛あるんだよね。だからよかった。ただし、頭の中はグチャグチャ。
原稿がんばらねば!

2002年10月08日

[ コージの告白2002 ]

大森は中華料理屋天国

話はイッキに変ってお気楽な話になるけどさ。昨日、またまたうまい中華料理屋発見してしまいました。JR大森駅近くの大連。ギョーザがウマいのはもちろん、他のもうまい。しかもメチャクチャ安い!
で、満足してタクシー乗って五反田へ向かったのだが、発見してしまった。ここは中華料理屋がやたら多いということ。道すがらありまくりなのだ。それも普通のラーメン屋ではなく、本格派が。
今度また行って探検しようと思ったけど、いったいなんでなんだろうなぁ。誰か知ってたら教えてくださいな。

[ コージの告白2002 ]

衝撃! 北朝鮮は悪くない!?

ちょっと誤解を招く見出しを付けてしまったが終わりまでみて欲しい。こういう考え方もあるっていうこと。
俺はもちろん北朝鮮のやり口は酷いと思う。ゆるせん。俺の大切な人が同じ事を強いられたらやりきれない。一生ツラいだろう。
だが昨日のことだ。俺はとある中国語の堪能な、中国に住んでいた日本人と知り合い、中国の事をいろいろ聞いていた。トヨタの話だとか、日産の話とかね。で、ふと「中国人は例の北朝鮮の事件をどう思っているのか?」と訊ねたのだ。
すると衝撃の発言が。「なんとも思ってないんじゃない。北朝鮮なんて自分の国の一部ぐらいにしか思ってないから」。さらに続いた。
「日本がやったことを考えるとねぇ。だいたい海岸線が無警備なんて日本ぐらいでしょう」。
多少うがった考え方なのかもしれない。だが、そうとばかりも言い切れない。要するにだ。彼の言い分をかみ砕くと過去に日本がやったことを考えると大した事ないということ。もう一つは自業自得だということ。
確かにね。昔から言われているけど、日本人は警戒心が薄い。特許は奪われ放題だし、野球&サッカーではいい選手が大リーグにドンドン出て行くし、ちょっと前の援助交際にしろバカ丸出し。自分の魅力を安く放出しているだけで、例のTVの電波少年(今は雷波か)だって、言ってみれば「俺は何にも知りません」と白旗上げてる旅。これまたバカまるだし。
で、さらに彼が言いたいのはだいたい国境警備隊がないのがおかしいということ。ほぼ隣りに北朝鮮がいるというのに。
そりゃそうだ。隣りにヤクザがいて、ハダカでサイフむき出しで寝てたようなもの。そう考えると俺達はやはりマヌケである。ヤクザは最低だが、俺達もバカ。
なんでこうなってしまったのか。島国だからか、島国のメンタリティか、それとも戦後の進駐軍による教育か。
まあすべてなんだろう。つくづく「国」って事を考えなきゃいけないんだと思った。「自衛隊」の事とか、「戦争」の事とかもね。人のせいにばっかりもしてられない。
それからところ変われば見方も変わる。それを実感いたしました。

2002年10月04日

[ コージの告白2002 ]

ケンカも忘れる星付きレストラン

後ね。ジマンするわけじゃないけど、初めて星の付いたレストランに行きました。「うまいけど堅苦しい」とか「めんどくさい」と言う意見を押しのけて。
行ったのはル・ブリストルという高級ホテルの中にあるその名もル・ブリストル。若手シェフ実力ナンバー1のエリック・フレションという人がやってるそうな。星は二つ。
大変よかったです。食べ物は感動的にウマかったし、前菜からデザートまで全部よい。ついでに日本語メニューもあった。あと腹一杯になった。
でもね。一番感動したのは入る時、一緒に行った人とややケンカ気味だったのが、出る頃は機嫌よくなってたこと。俺達がミーハーすぎたのかもしれないけどね。でも、普通のブランドショップで買い物しただけだとがこうはいかない。やっぱウマイ物ってすごい。っていうかこれぞ星付きレストランの総合力か。
ENGINEのスズキさんも言ってたけど、そういうレストランってハッキリと「好きな人と来てください」って思ってるんだってね。「そうすれば口説けるから」って。うちは単に食べ物を提供するだけではない、幸せを提供するって意識があるそうな。
そう言えば前、ちょっとスネてても美味しいアイスクリーム食べると笑う女の子がいて、笑ってたけど、人間ってそんなもんだよね。俺も同じ。だからお母さんの家庭料理って大切なのかも。家庭円満の秘訣ってわけよ。

2002年10月03日

[ コージの告白2002 ]

パリ報告その1…レンタカー編

今日はフランスに行ってきたお話を。
あのね。ひとりでパリのシャルル・ドゴール空港でレンタカー借りて、ほぼ10日間、フランス中(ウソ)を回ってきたんだけど、すんごく勉強になりました。マジ、俺の仕事には多大なる影響を及ぼすであろう。というのもクルマ観が変ったから!? それか新しいクルマの見方を憶えたというか。
簡単に言うとね。ルノー・トゥインゴ最高です。借りたのはたぶん1・○●の5MTの当然左ハンドル仕様なんだけど、とんでもなくいい。東京だとわかんなかったけどすごくいい。
まず乗り心地。ベンツみたいにビシバシ凹凸を均すようでもなく、トヨタ車みたいにとにかく振動、音をシャットアウト! って感じじゃないよね。とにかくフラットな感じはあったし、独特の硬さ、柔らかさを兼ね備えてるとは今までも思っていたけど、正直、特別いいとは思ってなかった。東京ではね。
ところがフランスでは最高なのだ。石畳はもちろん、凸凹もドンとこい。懐が広いとはこのこと。ステアリングもフィールは普通に滑らかで軽い中にも味がある。とにかく走ってて楽しい。
一番驚いたのは高速。なん170キロも出る。もちろん、街を走ってる限りは普通に扱いやすいだけで、それどころか逆にトルクが細い気がした。
しかし高速で伸びる事伸びる事。「空力の良さとトルクの出方とギアのマッチングとフリクションのなさ」って某専門誌の友人は言ってたけどまさにその通り。つくづくクルマって馬力じゃないんだなぁって思った。
一言で言うと「扱いやすさ」。それは数字には出ない。
それはクルージング性能だけでなく、クラッチの軽さ、ステアリングの回しやすさ、シートの座り心地。すべてそう。鼻先の短さも前後パンパーぶつけてほとほと骨身に染みたし、室内の広さも意外だった。まあリアとトランクはそれほどでもないけど。
唯一の不満は高速時のステアリングの安定感。だけどそれ意外はほんと満足。
つくづく「現地の物は現地で楽しまないと」と思った。で、一回、東京で長く乗りたいとも思った。
買っちゃおうかな? 激安モデルでも!?

[ コージの告白2002 ]

パリ報告その2…ラーメン

こないだも書いたけどパリで食ったラーメン、期せずしてうまかったでございます。日本で食うようにうまいわけではない。冷静に考えれば、そのへんの街のラーメン屋レベルであろう。だが、フランスに置いてそれを食うのは結構な感動なのだ。
店の名前はそれこそ「サッポロラーメン」。バンドーム広場から歩いてすぐにあり、構えはなんてことないんだけど、まず感動するのは入って聞こえてくる「カチャンカチャン」とナベを振る音。
ここはどこ? 日本? って感じ。やっぱさ。こっちで入る中華料理は大抵厨房が見えないし、これだけでもマジな日本スタイルだと思う。
でね。塩ラーメンとチャーハン食ったんだけど、まずラーメンが普通にうまい。麺はイマイチだが、スープは上等。臭みが少なく「コンソメに近い」という意見もあった。
それよっかチャーハンがよかった。ラーメンよりうまかった。
さらにね。感動なのが、客の半分以上が白人系フランス人なこと。最初、きっと大半が日本人なんだろうと思ったのね。店構えにしても味にしても。
ところが良く見ると白人が普通に来ており、しかも結構な人が全部平らげてる! 驚き。好奇心だけではなく、どうやら本当にうまいと思ってる人がいるようなのだ。
昔、ヨーロッパ人が受け付けない日本の味に「ダシ」って話があって、確かにラーメンは鳥ガラ中心なんだろうけど、もはや日本の独特の味だし、無理だと思ってたのね。
そしたら現実は違ってました。それともフランス人がよっぽどチャレンジ精神に溢れてるのか? 東洋コンシャスなのか?
ついでに左利きが多いのも興味深い。こっちは規制されてないんだね。学校教育で。
自由の国だと思いました。うーん、ラーメン屋は世界の橋だ! カラオケ屋に続き、世界を制覇しないもんだろうか?

2002年10月02日

[ コージの告白2002 ]

台風の夜の六本木

昨晩は台風ということで六本木に出撃した。メンバーはいつものOさんとNさん。隊長のTは仕事でNG。
でね。さそかし大変なことになってるかと思ったら、全然でやんの。夜の11時頃に行ったら風も雨もほとんどないし、街はガラガラ。のったタクシーの運転手も嘆いておりました。
「今日は「大変だったら早めに事務所に帰ってきていいよ」って言われてたんですけど、雨じゃなくって人がいなくって大変で(ニガ笑)」と。
飲み屋も女の子より客のが少ない状態。聞けば大抵の子はめげて出社してなかったんだけど、男は「空いてる」って来た人が多かったとか。男ってバカだなぁ。まあ俺も楽しみにしてたけど。
しかしパリと六本木って全然雰囲気違います。当たり前か!

2002年09月30日

[ コージの告白2002 ]

生きてますよ?

アップ遅れましたが昨日、日曜日帰ってきました。いろいろありました。ルマン・クラシックのばかばかしさ、ドイツテレコムのあほさ加減、フランスの交通違反、パリのクルマの面白さ、ラーメンの味…。くわしくはあとで。

2002年09月20日

[ コージの告白2002 ]

明日からヨーロッパ!

明日、っていうか今日の11時頃からヨーロッパいきます! パリへ。いいなぁ?俺って。
ルマンクラシックとモーターショー、パリサロンの取材。間はパリジェンヌと遊んでくるぜよ。カキ食って。
あー、俺ってしあわせ?

2002年09月18日

[ コージの告白2002 ]

やるじゃないか、小泉!

と単純に思った俺は違うのだろうか。確かに遺族の方々は喜べないだろうけど、ほとんどラチってわかってたのを、素直に認めて謝ったんだから確実に前進。外務省は確かに今まで頼りにならなかったけど、とりあえずその話はおいといてもいいような。
俺に言わせれば、好きだった相手に「結婚しよう」って言わせて、なおかつ「あの時の浮気は…」とゴネてるみたいで嫌な感じがするの。ヘンな例えだけど。
今の世論ってなんかウソ臭いと思うんだけどいかがなもんでしょう?

2002年09月17日

[ コージの告白2002 ]

センターライン生活者の増殖!?

最近、よくみるんだけどセンターライン付近で生活している人がいる。センターラインっつうか、中央分離帯か。そう、普通の道でね。
昔はいきなりバイク便のあんちゃんがバイク停めて本読んでたし、こないだ事務所の近くの五反田の片側2車線の道では、いわゆるホームレスが青いテントはってた。
意外と太い中央分離帯で確かに雨は凌げるんだけど、つくづくすごい時代だと思う。もはや公園にも住めないのか? ってのはもちろん明らかにキケンだし、排ガスもつらいはず。っていうかよく寝れるよね。頭元をクルマがブンブン走ってるのに。
キケンもキケンだけど、人間ってスゴイと改めて思った。慣れるんだよなぁ。あんな状況にも。
そういえばこないだ行った韓国では、夜中、センターライン付近で寝てる人がいたな。死んでるのか? とも思ったけど。
いったい21世紀はどうなっていくんだろうか。思いもよらない気がする。

2002年09月13日

[ コージの告白2002 ]

稲本くん、完全に化けましたな。ハットトリックはするわ、プレミアで逆転の起点となる初得点あげるわ。

昨日話してて俺の担当が言ってました。「あれは新庄」だと。そうなんだろうなぁ。簡単に言えばノリやすいタイプ。才能ももちろんあるけど。
それから本質的には海外の方が向いてると。一見、お坊ちゃんタイプなんだけどね。ついで同じ大阪人だし。
なんか安心してしまいました。実はね。この大ブレイク、いつまでつづくかなぁって勝手に心配してたのね。でも、新庄タイプなら大丈夫。それにホントは新庄より「本物」って気もするし。
かわいい子には旅をさせろ、ってホントなんだね。

2002年09月12日

[ コージの告白2002 ]

スポーツの本質

ごぶさたしております。長野に出張に行ってきました。プジョー307SWの試乗で。
でね。クルマの話は今度するとして、面白いもの見てきました。写真見せたいところだけど、白馬のスキーのジャンプ台。そう、長野オリンピックで原田とか舟木とか飛んだとこ。
ありゃスゴイね。感激した。マジ、スポーツってなんだろう? って考えてしまいました。単純に「あの人達はなんで飛ぶんだろう?」って考えちゃったのね。ほとんど理解できないから。
サッカーとか野球とかバスケットとか、せめて普通のアルペン・スキーまではやりたいと思うけどね。ジャンプに関しては「やりたい!」はもちろん「やろう!」って発想すら頭にない。長野に住んでたらこんな俺でも自然に「やりたい!」って思えるのだろうか。
人はなぜにジャンプするのか? 快楽なのか、勢いなのか、本能なのか、危険が好きなのか、スピード好きなのか、ヒロイズムなのか、それともやるのは別の人種か。
同じ「スポーツ」なんだよね。「スポーツ」ってものの根底から考え直さなきゃ、と思ってしまいました。山登りもそうだけど、単純に汗かかきたい、人と競争したい、ってのとは別の次元のものだよね。いや、一緒なのかもしれないけど…。
なんかいい答えあったら教えてください。それから機会あったら一回行くといいよ。おもしれぇから。

2002年09月09日

[ コージの告白2002 ]

インストラクターというお仕事

最近サッカーしててつくづく思うのね。今までの苦労はこのためにあったのかと(おおげさ?)。
というのも現役当時もサッカーは楽しかったけど、厳密には今より楽しくなかった気がする。やらされてたというか、やめるにやめられなかったっていうかね。本当はそんなことないんだけどね。正直、いまいち活躍できなかったってのもあるだろうし、才能なかったんだろうし、根性なかったんだろうし。
とにかくいろいろプレッシャーがあり、学生の本分(勉強じゃないの?)としてやってたような気もするのだ。
なんでこんなこと言うかって今が本当に楽しいから。歳とって(本当はそんなこと思ってないけど)、俺と同じ歳の現役選手がほぼいなくなって、妙なライバル心もなく、純粋に楽しめる。頑張らねばいけないとか、歩いちゃいけないとか、下向いちゃいけないとか、ゴール決めねばいけないとか、スライディングしなきゃいけないとか、「いけない」はない。すべてが自分のため。自分の判断。
っていうかスポーツって本来物凄く楽しいものなんだよね。当たり前だけど。で、今、楽しめるのも昔サッカーをやってたからなわけで、つくづくやっててよかった。
昔、ゴルフのインストラクターとかテニスのインストラクターって正直、仕事として「どんなもんかな?」って思ってた部分もあるんだけど、素晴らしい仕事だよね。人に快楽を与える仕事だから。人間が一つのスポーツを憶え、ひとりで仲間をちゃんとみつけて、ちゃんとゲームを憶えるってのは大変なことで、すごく素晴らしい。それを与えるという事は、仕事として立派なのだ。
ふとそんなことを思ってしまいました。

2002年09月04日

[ コージの告白2002 ]

なんとその時○×が!!

うっひょー! おでれえたよおでれえた。運転しはじめてはや10数年。こんなことがあるだなんて。あのね。こないだ河口湖で運転してたんです。試乗会の帰り道。で、コンビニに寄ってから、交差点を曲がろうと中心で止まってたわけ。そしたら足の方が気になるわけよ。ちなみにその時履いてたのは半ズボン。
ウッヒャー! いや、事故るかと思った。っていうかよく事故らなかったって思った。だってさ。足を這ってたんだもん。デカい蛾が!! う?ブルブルッ!
俺は、思わずブレーキを離した。っていうか最初は離したことすら気づいてなかった。あまりに驚いたから。軽い登り坂で、ちょっとバックしてそれから気づいたんだけど、後ろにクルマでもいたらどうしようかと思った。
なにより運転中じゃなくってよかったと思った。どうなってたか。
知り合いに聞いたらね。確かその人の母親で、運転中に天井からクモがおりてきて、「ギャー」って叫んで跳ね除けようと左右にハンドル切って、壁に突っ込んだ人いるんだって。無事だったけど。
こういうことってあるのね。
俺ね。運転ってもっと本能的な作業だと思ってた。だから大抵の事には影響されないって。ところがそうじゃないんだね。まだまだちょっとしたことで、動作が狂う。これがさ。例えばデカいゴ○ブ×だったどうする? 運転中、ポンと飛んできたら?
うっひゃ?。まだまだ人生修業が足りないね。こりゃ。

2002年09月03日

[ コージの告白2002 ]

館内さんにカンドー!

昨晩、久々に自動車評論家の館内さんにインタビューした。で、カンドーいたしました。というのもね。館内さんはエコに強い評論家としてつとに有名で、それはすごく誇り高くて素晴らしいものとは思ってたんだけど、正直「よくわかんない?」って部分も多かったのだ。
俺が不勉強なのが一番の理由なんだけど、なんちゅーかな。「ちょっとオオゲサなんじゃない?」「俺が知らないから適当言ってんのかな?」って部分もあったのだ。あえて自虐的に言うとね。
っていうかね。実は俺は館内さんのことを今も昔も「自動車評論界の丹下ダン平!?」じゃなかった「丹波哲郎」だと思っていて、つまりほとんど宗教の教祖様。話はデカいし、正直、理想論が前面に出過ぎてわかりにくかった部分もあるし。
だけどね。今回しゃべってみて、その難解だった部分はほとんど消えていた! のだ。っていうか現実が彼の話に追いついて来ている。説得力ありまくり。スゲェ。
詳しくはまた報告するけど、マジ、環境問題、特にCO2の問題は本当にヤバいみたいで、京都の話も意味がやっとわかりかけてきました。といってもまだ半分ぐらいしかわかってないけど…
俺みたいなアホな男は、何度でも聞かなきゃわかんないんだよね。
っていうか「エイズ問題」にしろ「狂牛問題」にしろ俺もご多分に漏れず、間近になるまで気にしない「喉元すぎると熱さ忘れる」日本人なわけで、今回もそうだと思いました。
それと同時に、今、館内さんにはどんどん風が吹いてる気がした。やはり男も同じ事を10年言い、やってると貫禄が違うよね。この姿勢、見習いたいと思いました。スゴい!

[ コージの告白2002 ]

敵に塩を送る? すごいなぁ、トヨタ!

知ってるかもしれないけどハイブリッド技術に関して、日産がトヨタから技術供与を受ける事になったんだってね。すごいよなぁ。言ってみればさ。マリナーズがライバルのエンゼルスにちょっとだけイチローを貸すとかそんな感じでしょ。
野球と違って、ハイブリッドユニットを沢山生産できればコストを下げれるとか、意外と技術がバレない供与の仕方があるとかそういうことなのかもしれないけど、昔だったら考えられない気がする。
それかトヨタが日産をライバルとみなしてない? とかゴーン日産になって日産が不必要なプライドを捨てた? とか実は未来の省エネ技術の中心はもはやハイブリッドにない? とか理由はいろいろ考えられるとけど、とにかく自分のところの最大のアドバンテージの一つをライバルに使わせるんだからさ。その昔、カローラvsサニーでTN戦争とか言ってガチガチに戦っていた時代では考えられないよね。
もしくは今のCO2問題がよっぽど深刻で一刻も早く削減する必要があるとかね。それがメインテーマなのかもしれないけど。
とにかく時代が変ったって気がするな。
こうなったら一部ウワサにある「フェラーリをトヨタが買収!?」ってのもやって欲しいと思う。スゲェことだと思うんだけど。トヨタF1要らなくなったりして!?

2002年08月30日

[ コージの告白2002 ]

栃木県警タイホする!?

一昨日、取材でツインリンクもてぎから宇都宮へ向かう途中、狭い信号でゆっくり曲がる警察のワンボックスがあった。中には携帯電話を使いつつ、片手で危なげにステアリングを切る警官が! アホ! 違法行為丸出し。タイホするぞ!! マジで。これみたらハンセーしろ。バカ!
最後のGT?R
でね。向かったのは日産の栃木工場。R34GT?Rの最後の生産を見届けるためだ。累計約1万数千台。現場の誇りでした。詳しくは9月10日のベストカーにて。泣けるぜ!?

2002年08月27日

[ コージの告白2002 ]

オマエに言われたくない?

なんか日ハムの大社会長が辞めたそうな。農水省の武部なんとか大臣が文句を言った事もあって。
でもね。俺的にはオマエに言う資格あるかって感じ。前も言ったけど、元々。農水省がちゃんしてなかったから起きた狂牛病じゃん。日ハムも雪印も悪いけど、オマエに言われたくないって感じじゃないの? 俺達にしてみれば自ら酒飲んで運転してる警官に捕まりたくないっつうか…。
ハラたつだろうなぁと思ってさ。ねぇ。

2002年08月26日

[ コージの告白2002 ]

ビーエム3シリーズのキーレスという奴は…

俺はBMWというクルマが好きである。若かりし頃は、愚かにもそのナンパなイメージから苦手意識があったが、ホントいいクルマ。俺に似合わないという意見もあるが、今はベンツより好き。
と前置きしといて今の3シリーズ。細かい問題はあるが、いいクルマである。最近立て続けに325iのツーリングだとか330iのセダンだとかM3まで借りた。それぞれによかった。
ただね。大問題がある。そのキーレスエントリー。リモコンで鍵のロックのオンオフをする奴だけど、これがやたらハラ立つ。時に、ほかの性能が霞むぐらいハラ立つ。実にくだらないことなんだけどね。
リモコンの効きが悪いのだ。良くて数秒。悪いと10秒ぐらいドアの前でグルグル回してやっと効く。でね。最近の俺は物覚えが悪いから、そのオンとオフの二つのスイッチ、「どっちがオフだっけ?」と何度やっても迷う。で、イライラが非常に増す。
考えてみればくだらないことです。ほんと、本質的な性能には無関係。でもね。毎日だと結構ストレスたまるんだよなぁ。最初っから諦めて、キーホールにキー差し込んで回しちゃえばいいのに、やっぱりラクしたいのか、ダメ元でワイヤレスロックORオープンにチャレンジ。で、再びイライラすると。
なんとかならないですかね。しかし。

2002年08月24日

[ コージの告白2002 ]

ダイジロウがんばれ!

WGPがやっと面白くなってきた。今まではVロッシが確か9戦8勝ぐらいで、それもホンダRC211Vっつうほとんどアゲ底みたいな反則的に速いマシンで勝ってた。
それが今回、急遽日本の期待の星、カトーダイジロウ君にも供給されることになったのだ。で、今GP、一回目の予選でなんと3位。やっとおもしろいトップ争いになりそう。
ところでこないだ聞いてわかったんだけど、いわゆる「天才」と称されてるロッシ。風貌とかイタリア人とかその妙なパフォーマンスから考えると、いわゆる「アーチスト」とか「芸術家肌」、ドライバーで言えばアイルトン・セナみたいな「気まぐれタイプ」と思ってたらチガウらしいのね。
詳しい人によれば「アラン・プロスト」タイプだという。もちろん速い事は速い。だけどそれ以上にしたたかで計算づくだと。まあそれも一種の「芸術家肌」だけど、俺のイメージと違ってました。
そして前に鈴鹿でインタビューした時の事を思い出したけど、確かに想像してたより「きまぐれ」ではないのに驚いた。「繊細」「気難しや」とも違う。それほどつっこんだインタビューなんてできなかったんで、本当かどうかわかんないけど、「普通のあんちゃん」って感じ。
考えてみればそれは「したたか」と言えなくもない。
うーん、やっぱモータースポーツっておもしろい。

2002年08月21日

[ コージの告白2002 ]

お茶はなぜ腐らないのか?

こないだ久々に実家に帰った。飲みかけのお茶のペットボトル持って。でね。飲み干したら、ご丁寧なことに家で作ったウーロン茶だか麦茶入れてくれました。ありがたやありがたや。で、持ってかえって半分飲んで、事務所の冷蔵庫入れたのね。
忘れて2日後に開けてびっくり。腐ってました。カビみたいの生えてるというか。
今まで市販のお茶だとこんなことないんだよね?。飲みかけで一週間おいても変わらない。無添加、無着色って書いてあるんだけどさ。どーなってんでしょ。なんか入ってんの? なぜ市販のお茶は腐らないの? 誰か教えてください!

2002年08月19日

[ コージの告白2002 ]

夏休み終わり!?

昨日は涼しくサッカーをいたしました。楽しかった?。で、夏休みも終わり!? いよいよ仕事! って先週もしてたけど。
ところで最近、日本のスポーツカーについて書くことが多いんだけど、ふと、実は日本に本当に感動的なスポーツカーって少ないんじゃなかろうか? という気がしてきた。
本当に感動的、というのはつまり「カッコ」や「性能」だけではないってこと。詳しくは今度書くけどね。実は昔のホンダのSシリーズとか、やっぱスカイラインなのかなぁ…。

[ コージの告白2002 ]

日本の自動車メーカーと高校野球の関係?

あのね。昔から言われてることがあります。日本に自動車メーカーが多すぎると。だから今の吸収合併ブームは当然なんだと。ついこないだもトラックだけど日野自動車といすゞの合併の話が…。
確かにそれも一理あります。乗用車だけでもとりあえずいすゞを外しても、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、ダイハツ、スズキ、スバルで、ミツオカも入れるとまだ現9社! あのドイツでもVW、アウディ、メルセデス、BMW、ポルシェ、オペルで6社なことを考えるとやっぱ多い。
でね。だからなんか日本はおかしいと。結局、どこも同じ様なクルマ作って! というイメージ。
だけど俺は思うのね。それはやっぱり日本のアドバンテージではないのかと。確かに似たようなクルマばっかり作ってるかもしれない。が、その過当競争が今の日本の品質、高効率な生産技術を生んだんじゃないかって。
と同時に、ふと思った。なんか高校野球に似てるなぁ…って!? 俺は元々野球に興味がなくって、高校野球もあんまりいいイメージがない。相変わらず、古臭いことしやがって…みたいなイメージ。週刊誌には時々、「○×学園は未だこんな体罰を」みたいな記事載ってるし。
だけどね。高校時代に未だあれだけ異様に真剣になって野球をやってるからこそ、イチローとか野茂とかさ。生れてきたんだよね。確かにその高野連の体質が未だに古いとか、坊主頭とかウソくさいとかあるけど、素晴らしい面もあるんではないかと。
それにね。俺は高校野球はほとんど見ないけど、結構楽しみに見てる人いるんだよね。同世代でも。やっぱ、なんかいいものあるんだろうなぁ。

[ コージの告白2002 ]

海外レンタカー&サッカーの旅

を本格的に企画にしたらどうか、と人に言われた。というのもね。W杯前にその企画を出したら、時間がなくボツ。結局、SPA! で韓国横断W杯の旅っつうのをやったんだけど、それ以降、再びヨーロッパに日本人選手がやたら増えてるでしょ。イタリアはもちろんイングランド、オランダ、ベルギー。そして南米にもいる(どこだっけ?)
南米は無理としても、それをすべてクルマでまわるとかね。どっかの編集の人。一緒にやりません? 楽しそうでしょ。

2002年08月17日

[ コージの告白2002 ]

夏休み気分!

昨日、やっと締切りが一段落。ふぅ。なんとなく夏休み気分である。と思ったら意外と天気がグズついてたりして。涼しくていいんだけど、もう夏も終わりかぁ。などと思う今日このごろである。
ところで明日はサッカーである。台風が近づいてるなどという話もあるが、やりたい! しかし、最近、ホント身体動かないんだよね。暑いってことももちろんあるけど、これほど俺って暑さに弱かったっけって感じ。
歳か? そう考えるとちとツライ。

2002年08月13日

[ コージの告白2002 ]

また中華ネタで興味ない人も多いだろうが、さっき昼間、TOCほぼ頂上の「王府井」とか言う店で坦々麺を食べた。意外とうまかった。で、思ったけど坦々麺って結構、本格的においしいところが多いのに、シビれる本格的マーボードーフって俺は日本で二ヶ所しか食った事がない。舌がシビれるんでマトモじゃない気もするが、なんでもっとないんだろう。日本人には向いてないんだろうか。

俺も毎日食った事がないんでわからないが、あっちの方がウマい気がする。いや、絶対ウマい。痩せそうだし。
そういうの出す店知ってたら教えてください。

2002年08月12日

[ コージの告白2002 ]

「キハチ・チャイナ」全然ダメじゃん

昨日夜、銀座でメシを食う事になった。ほとんど寝ないで昼間サッカーして、あまりに疲れていたので、唐突に辛いもの、マーボードーフが食いたいと執着したが、中華料理屋が全然ない。
仕方ないので「キハチ・チャイナ」とやらに入ってみた。無駄に高そうだし、嫌だったけど、本格的なのかな? と。
そしたら全然ダメでやんの。もちろんまずいわけないよ。だけど、普通の街の中華料理とレベルあんまかわんない。一皿2000円弱もするのに、全然、インパクトなし。
こりゃダメだ。って思いましたね。入る価値なし!
雰囲気とね、飾り付けと、サービス、こりゃいい。特に人ね。なんかディズニーランドみたいで、人多く、言葉づかい、立ち振る舞いも徹底してるんだけど、それだけ。肝心の味が普通。
それなりに人入ってたけど、こりゃリピーターこないかもなぁ、って思いました。俺は二度と行かない。まあブランドだしね。好きな人もいるんでしょう。だけど俺はダメだと思うよ。意味なし。

2002年08月07日

[ コージの告白2002 ]

昼、日野テルとソバを食う!?

今日、昼、取材帰り、目黒街道沿いの自由が丘付近でソバ食いました。一人で。中はサラリーマンのオジサンでワンサカ。そしたら同じカウンターの真向かいにどっかで見たようなヒゲがいるではないか! 良く見たら日野テル正(テルの字忘れちゃった)。うーむ、白いランニング、いやタンクトップが似合ってました。
ステキな光景でした。

[ コージの告白2002 ]

「フツウ」って言う女

こないだワケのワカらない女と飲んだ。25歳前後。結構キレイ。
みんなで飲んだのだが「最近、仕事はどう?」とか「夏休みは?」と話掛けても、小鳥のように首をかしげた後、困ったような顔して「フツウ」とか「…」という返事。まるでノってこない。雑談もできない。
最初は照れてんのかな? とか思ったけど、違う。誰が聴いても「フツウ」。ずーっと「フツウ」。
アホなんじゃないかと思いました。一瞬、頭から酒かけてやろうかと思った。っていうかよっぽど妙な教育受けてきたんだろうね。
根本的には俺達が気に入らなかったんだと思う。まあ、それはいい。でも、普通に日常会話に持ち込むとかできたでしょうに。大人なんだから。それか逆に「つまんない」って帰ってしまってくれた方がいい。それはそれでムカつくけど時間のムダがなくなる。
どちらもできなかったんだろうなぁ。結構、ヤバいと思った。一見お嬢様風。妙なプライドを持ってるか、もしや学校や家庭で「YES」「NO」はダメって教わったのかもしれない。
よく聞くもんね。最近、運動会でも一等、二等をつけないって。「人を傷つける」ことを異様におそれるあまり、教育の現場で優劣及び順番を付けない。もしくはやみ雲な「ケンカ」防止。
でもね。ホント、言いたい事言った方がいいよ。ケンカしても。「フツウ」はないよ。最悪の返事。
バカなんじゃないの!?

2002年08月06日

[ コージの告白2002 ]

交通ルール改善団体ってありか?

昨日、某カメラマンさんと話して持ち上がったのだが、「交通ルール改善団体」ってのはありだろうか? 要するに街の妙な交通ルールにいちゃもん、いや正当な疑問をぶつけにいく団体。むろん、一人で「ここの50キロ制限がおかしい!」って言っても誰も相手にされないだろうけど、これが1000人、いや1万人だったら警察もビビるはず。
そう考えると文句付けたい所はいっぱいある。例えば毎週日曜日早朝、俺は環七の外回りを代田の方から、王子の方へ走るのだが、方南町を過ぎたあたりで必ずねずみ取りをやっている。これが空いてる日曜日、妙に流れが遅くなる。制限速度は確か50キロ。正直、アホらしい。「なんでやってんの?」と思う。
これにマジで疑問を突き付けに行くと。「貴方はいったいなんのためにこの制限をやっていますか?」ってね。青臭いリクツだけど、いかがなもんでしょうか。
もし異論反論、逆に「そういう団体があったら入りたい!」という方がおられたらメールをください。
よろしくお願いいたします。

2002年08月05日

[ コージの告白2002 ]

夏休みモード突入か?

今日、山手通り通って事務所きたんだけど、すいてるね。正月ほど「ガラガラ」って感じじゃないんだけど、ふとした瞬間が「空いてる」。
例えれば今まで信号2、3コで必ず引っかかってたところが、5、6個、「あれあれ?」ってな具合でスムーズに進む。
これがキモチよい。つくづく、信号ってストレスになってんだなぁと思いました。
きっと夏休みモードなんだろうね。世の中。なんかキモチよく仕事できそうです。今週は。

2002年08月02日

[ コージの告白2002 ]

良薬は口に辛(痛)し!?

いや?、昨日食べた中華料理うまかった?。都内の高級ホテルの中にあるとこなんだけど、特にマーボードーフがうまい。
いわゆる本場の奴も食った事あるんだけど、それもメチャクチャうまいけど、信じられないほど辛い。マジ、ある意味、化学薬品食ってるような感じ。化学反応起こしてるよ! っていいたいくらい。
昨日のはほどよく日本人好みになってました。辛かったけど。
あとね。さらに次の日、中国人がやるマッサージやったんだけど、これが痛い。メチャクチャ痛い。だけどこれがきくんだよなぁ。ほぼ1年、慢性的に痛かった足首の痛みが直後に取れました。
つくづく中国三千年の歴史? はすごいなぁと思いました。なんつーか、本当に効果がある。真剣に辛いマーボードーフは、うまいだけでなく、食った翌日お通じが良くなり、胃腸の活発がよくなるっていうし、本当に胃のあたりがキモチいいし、痛いマッサージは本当に効果がある。
それに比べて日本のマーボは対して辛くないけど、対してうまくもないし、身体に影響もない。マッサージにしても日本のはその場は適度にきもちいいけど翌日残らない。
俺ね。出張したりすると、地方のホテルで時々マッサージしてもらうんだけど、翌日楽になったことがない。まあ、きのせいかなぁ…ってな感じで効果が残ってることはあるんだけど。
要するに「デザート」なんだよね。どちらも。
つくづく本当の中国に行ってみたくなりました。

2002年08月01日

[ コージの告白2002 ]

激案! オート・トライアスロン!!

とってもいい案、思い付きました。名付けて「クルマ・トライアスロン」。いや「モーター・トライアスロン」、「オート・トライアスロン」でもいいや。
要するにね。F1、WRC、モトGP、一日で全部やんの。もちろん一人で。F1、1時間、WRC1時間、モトGP1時間とかね。シューマッハとかマキネンとかVロッシとか出たらおもしろいと思うよ。個人的にはおそらくロッシが勝つかな? なんせ天才だし、若いし体力あるし。
主催する方が大変だと思うけどね。金かかりまくり。だけど旧型でもいいや。もりあがるぜぇ。場所は大変だけどね。どっかいいとこあるでしょ。国際格式のオンロードコースとオフロードが隣接するところが。そうだ。モナコがあるじゃないか。あそこはモンテカルロだし、F1もWRCもできる。ただ、モトGPはきついかも?
ま、それはおいといてマールボロさんとかが主催すればいいんじゃないかなぁ…。

2002年07月29日

[ コージの告白2002 ]

日本車に個性がないと言われる理由

先週、某、クルマの新車試乗会に行きました。発表前のね。
でね。作ってる姿みて、こりゃ「個性」もへったくれもねぇよなぁ、と思った。だってさ。安全だ?環境だ?5人ゆったり乗れなきゃ、出来れば3列シートも、って要求が厳しすぎるんだもん。そりゃ、みんな似たり寄ったりになっちゃうよなぁ。
だけどふと気づいた。それって輸入車も同じじゃん。どっちも安全、環境は厳しいし、アメリカなんて日本より厳しかったりする。だけど、やっぱり「個性」はあるような。なんでだろ?
ふと気付きました。もしか「幼年時代が違う」んじゃないかと。スポーツも人格形成もそうだよね。幼年期が大事。伸び伸び、自由に育ってる若い時が大事。その時期をしっかり過ごさないと、大人になって迷いを生じるし、人を見て歩くような人間になってしまう。クルマも同じ。だから戦前戦後の黎明期が大事だったのかもしれない。で、輸入車、特にヨーロッパ車はそこをキチンと過ごしてきたと。しっかり「自分」を育ててきたと。
うーむ、我ながらなかなかいい仮説! ってなわけで続きはまたこんど。

2002年07月28日

[ コージの告白2002 ]

読者の方のお叱り

お叱りを受けました。コンテンツ多いのはいいけどまったく更新されてない! と。ごもっともです。反省しております。
正直、日記を書いているだけで、俺自身は勝手に充実しておりました。ってなわけで、他コンテンツ、追加取材、既に済みました。徐々に更新されていくはずであります! よろしくお願いいたします。

[ コージの告白2002 ]

制限スピードをあげよう!

えー、こないだ新聞に出ておりました。自殺者が4年連続で3万人突破! だと。特に働き盛りの4、5、60代の方が多いと。要するに不況によるリストラ系の方たち。
でね。俺、ゴーインな言い分だけど、だったら交通規則もっと緩くすりゃあいいじゃん! って思いました。あのね。交通事故死者数は知ってる人もいるだろうけど、年間1万人前後であーだこーだ言っております。もちろん、1万人でも多いでしょう。少ない方がいいに決まっております。だけどね。これだったら自殺者対策の方が必要なんじゃないかと。大切なんじゃないかと。
おそらく日本の交通規制、スピード違反、駐車違反の厳しさの拠り所ってのは年間事故死傷者がキモになっていて、制限スピードの設定に関しては上げると「やれ死亡者数が増える!」「1万人大幅突破だ!」ってことなんだと思う。で、信号バカみたいに増やしたり、検問多くしたり、舗装改修頻繁にやったり。
だけどね。俺、正直、過保護だと思うんだよね。まあ、飲酒検問はいっぱいやってもしょうがないでしょう。だけど、空いてる夜中の高速で時速100キロ制限はどう考えてもキビシすぎるし、場所によっては80キロってのもあって、マジかよって思う。一般道も空いてる3車線で60キロ、場所によっては50キロ、40キロってのはウソだろ、って思うし、真夜中の信号の止め方もあほらしい。
だいたい政治家、行政のみなさん、海外に視察に行ってなにみてるんのかね。特にヨーロッパは制限スピードが総じて高い。
なにより日本の場合、何10年と変ってない基準だし、道もそしてクルマ自身大きく性能あがってるのにね。確かに死亡者数は少なければ少ないほどいい。でも、ゼロにはならない! ってのは残念ながら真実で、どこかに妥協点、バランスがあるはず。
で、俺は自殺者3万人ってのをきいて、果たして交通事故者数1万人はどの程度問題なのかって、疑問がわきました。特に制限スピードね。あれは厳しさのメリットよりもデメリットの方が大きいんではないかと。
具体的には高速で130キロ、一般道で最高90キロぐらいまであげちゃうと、世の中のスピードは増す。経済効果は大きく、なによりドライバーの心理的不快感は飛躍的に減ると思う。それから交差点での左折自由を認めるとかね。これだけでも経済効果は多いと思うし、ドライバーの大半は気分爽快でしょう。上手く行けば自殺者減ります。
確かに死亡者数は増えるかもしれない。だが、極論言って、多少増えても俺は仕方ない気がするし、だいたい増えないかもしれない。それか、一瞬増えてもだんだんドライバーが自己の危機管理(オバサンが平気で後ろも見ずに追い越し車線をダラダラ走るような行為がなくなる)を憶えたら、減るかもしれない。
だからやってみればいいのにね。とりあえず1年限定とか。とにかく締め付けてるばっかりじゃ国は良くならないよ! っていいたい。警察が儲かるばっかりで、民は元気にならない。そこんとこ考えてくで?

2002年07月26日

[ コージの告白2002 ]

驚愕! 知られざるもう一つの世界

スゴいものをみてしまいました。昨日行った某メーカー様の試乗会。俺はわがまま言って、本来行くべき日を急遽換えていただいたのだが、そしたらそれが某国産車賞関係者の招待日。俺も別の国産車賞の選考委員をやらせていただいてるのだが、それとは別のとこ。そしたらね。来ている人はほとんどおじいちゃん。俺のオヤジかそれより上の年齢なのだ!
別にいいんだけどね。っていうか、俺は結構、目上の人を尊敬していてマジ、今の国産車を育てた世代の方はスゴいと思ってる。正直、俺達より何倍もがんばったんだろうし、今もクルマに対する目が違う。俺達より厳しい部分も鋭い面もあると思う。
だけどね。ちょっとやりすぎなんじゃないか?って思いました。おそらく平均年齢は50、60。最高で90代の人もいるそうな。現役でマスコミに意見を露出してる人は相当少ないんじゃないんだろうか…。
とはいえ、いろんな意見が出た方がいいのは事実。考え方は人それぞれ。俺もヘンなことばっか言ってるって意見もあるようだし。
まあ、とにかく結構驚きました。っていうか俺も『クルマバカ』ばっか取材してるけど、ほとんど年配なんだよなぁ。俺達世代もがんばんないと!

2002年07月25日

[ コージの告白2002 ]

『駐在員パワー』のスゴさ

台湾では某メーカーさんの工場取材に行ったわけだけど、物作りよりなにより一番面白かったのが駐在員パワーだ。なんちゅーかなぁ、ある種、山師的感覚で独特の「サラリーマン王様」気分を楽しんでらっしゃるわけ。
一番印象的だったのが現地販売会社の○長さん。日本の本社に戻れば役員になれるかなれないか、もしや本部長待遇なのかもしれない。でもね。現地に行けばほとんど「王様」。だってさ。住んでる所は家賃月ン10万でたぶんペントハウス・クラス。クルマはセルシオでもちろん運転手つき。給料は貨幣価値を考えれば何倍にもなるし、手当てもつく。お手伝いさんもつくのかもしれない。
工場はそれほど大きいわけじゃなくても、台湾じゃデカいし、付合う相手は国の代表クラスだったり、超お金持ちだったり。パーティも多いし、お付き合いも多い。外務省の役人じゃないけど、日本の大メーカーから海外の小さな国へ派遣される人ってのは、日本の国力の恩恵を十二分にうけることになる。ある種の「円高差益」っていうんですか? 日本では一介のサラリーマンでも、無効に行けば王様か貴族待遇。不思議な格上げがなされるのだ。
「ハッキリ言ってモテます」って言ってました。同時に「勘違いしないようにしてます」とも。道誤っちゃう人もいるんだそうな。現地の女とモメて会社に殴り込まれたり、最悪の場合、○×されたり。これはこないだT社の役員さんに言ってたな。
「最初にレクチャーを受けます。貴方がモテるんじゃありません。名刺がモテるんですって(笑)」。うーむ、出世も大変である。
ただ、大抵の現地駐在員は頭がいいから、みなさん器用に使い分けてらっしゃる。なんちゅーか、ほとんどプロ。結構、シビれる世界でした。

2002年07月24日

[ コージの告白2002 ]

日本と中国の合いの子? 台湾

さきほど台湾から帰ってきました。詳しい人も多いんだろうけど、やっぱ行ってみなきゃわからないもんですな。ある意味、日本と中国の合いの子みたいなとこでした。
公用語は北京語だけど、日本語もかなり使える。親日の人も多い。中華料理はかなり日本人好み。で、だからこそクルマも開発しやすいものがあると。詳しくは「週刊宝島」で書きますけど。
ま、とりあえずは帰ってきました。またね。
ところで明日は北海道日帰り! 飛行機乗りたくね?

2002年07月22日

[ コージの告白2002 ]

台湾行ってきます

唐突ですけど、今日からタイワン。明後日には帰ってくるけどね。こういうアジア出張って俺は初めてで、どうなるか楽しみ。仕事だけどね。もちろん。誰かタイワンに詳しい人、旅行後でもいいからクルマネタください。

2002年07月18日

[ コージの告白2002 ]

飲酒検問新時代

俺が知らないだけかもしれないけど、さっきいまだかつてない飲酒検問をやられた。夜中1時頃、五反田駅のロータリーにさしかかり、信号で止まったら、いきなり窓をトントン。「息吹きかけてください」。今まではね。「検問」とか看板があって、あーぁ、ってパイロン枠の中に引き込まれてたけど、これは抜打ち。っていうかイタリアとかだと信号待ちでいきなり花売りにくるけどそんな感じ。
やられたーと思いました。ハラたつというより、ダマされたみたい。別に捕まらなかったけどね。ヤだけど罰金を前もって一定税金で払うとか?
で思ったけど、なんかね。あの罰金制度ってムカつくんだよね。なんで金とるの? 酒飲んで悪いのはわかるけど、結局、商売してるみたいで腹立つ。駐禁とか結局、儲け放題じゃない。俺にしてみれば、勝手に原稿書いて、相手に渡して「はい、原稿料2万円!」ってぶんどってるようなもんで、あんなラクな商売ない。
表向きは「取り締まり」だけどさ。予算あるって有名だし、ホントに正義感でやってんのかね。だからさ。罰金なしの減点制度ってどうだろ。ホントはヤだけど、お金は前もって払ってやってさ。
やつらの心の「商売っけ」をハッキリさせたい。ほんとに金儲けじゃないの? 罰金なくしたら取り締まり減ったりして? ホントのことを教えなさい!

[ コージの告白2002 ]

読者の方々へ

なんか最近、賛同メールやご批判メールが多い。自由なご感想結構、マジでありがたいと思ってます。でもね。特にご批判の場合、たいてい携帯からで返事を出してもとどかないんだよね。それってズルくないですか? まあこっちも携帯からお返事するって手もあるけど、手間が掛かり過ぎてなかなかできない。
マジメに受け止めてますよ。返事させてください! よろしく!

2002年07月15日

[ コージの告白2002 ]

日本のゴルフが嫌いなわけ

俺はゴルフというスポーツは好きだ。60代のオジサンと10代の若者があれほど対等に戦えるスポーツもない。あとね。ある意味、全然つまんないんだよね。爽快さがない。でもそこがいい。サッカーとか野球の方がよっぽどシンプルに普通にキモチいい。ゴルフの場合、高スコアを出すためにはひたすらガマンと鍛練と忍耐。これほど仕事みたいな人生みたいなスポーツもないのではないか。
だけどね。日本のゴルフ場はヤなんだよね。日本バカ社会の縮図だから。元々高いプレーフィーを払い(土日だったら2万円以上当たり前!)、しかも売店でいちいちゆでたまご50円とかさ。バカじゃないの! 高い自動車税払った上、高速道路でいちいち数百円とられる俺達みたい。ヒジョーにバカバカしい。せっかくのゴルフのよさも半減する。
でね。こないだ薄暮プレーという激安プランでゴルフしたんだけど、これが安いの。ハーフで5000円。だけどお風呂も入れなかったし、クラブハウスすら使えなかった。
だけどこれでいいんだと思った。俺的にはこれぞゴルフ。別に風呂入りにきたわけじゃないからね。メシだってコンビニのおにぎりでいい。
でもそう考える人って案外少ないのかもしれない。こないだヨーロッパいった時、あちらじゃゴルフは日本の薄暮プレー並みに安くてシンプルらしくサイコーだと思ったけど、例えばフランスのドゴール空港近くのゴルフ場。こちらは日本のどっかの企業の経営らしく、日本と同じぐらい高いそうな。昼飯食べれて風呂も入れる。で、案の定日本人ばっか。
なんだ! と思った。こんなにゴルフ天国みたいなところでわざわざ日本式ゴルフをしたい人がいるとは。やっぱね。日本にはムダ金払っても豪遊気分でゴルフしたい人が多いんだね。それかすっかりそのスタイルで馴らされちゃってると。つくづくダセえと思った。悲しくなった。
きっとそうなんだろうなぁ。俺は別にコンビニが街にこんなになくてもいいと思うけど、日本じゃ増える。「楽」ってことがすげぇ評価されてる。その分いろいろ高くなってもね。それはゴルフにも反映されてる。この高くてもラクチンってのを求める体質がある限り、日本はこのままなのかもしれない。昔は違ったはずなのになぁ。
でも薄暮プレー、待ってる人大勢いたしね。硬派なビンボ臭いオヤジゴルファー達が。だから変ってない部分もあるよね。日本人も。

2002年07月13日

[ コージの告白2002 ]

うぉっ!?

と思ったら机で朝だった。相変わらずなにやってんだろ、俺。最近、首がいたい。いすでばっかり寝るからだよなぁ。いつか首の軟骨がおかしくなってしまうんじゃないだろうか。
しかしこないだあった週刊誌の編集者。土日きっかり休むんだそうな。優秀なんだろうけど、それでいいんだろうか。俺の編集者像とあまりに異なる。時代は変わっていくもんだ。

2002年07月12日

[ コージの告白2002 ]

暑いですね

あー、暑い。暑いとなにも考えられない。俺って人間なんだなぁと思う。うー、またね!?

2002年07月09日

[ コージの告白2002 ]

宇多田ヒカルは中島みゆき化してる?

なーんてことはないと思うんだけどね。昨日、コンビニで彼女の新しいCD買って聞いたらちょっとそう思った。一部、コブシの回し具合とか似てるような? あとさ。実は暗いというか、深刻な詩が多いよね。言葉の選びもすごく繊細だし、相通じるところがあるような。
さらにゴーインに言っちゃうと作品の世界と肉声の世界のギャップがどちらもすごい。昔、中島みゆきのラジオ聴いてあまりのハイなトークに「大丈夫か?」ってビビったけど、ヒカルちゃんも生のハジケ具合はなかなかのもの。どちらもアーチストしてすごいってことの証明かもしれないが。
しかしあの詩を聞くと18歳? 19歳? でどういう体験してるのかって思う。でも、小さい頃から両親が芸能関係で離婚の危機もあって、コロンビア大学にいって大病もして恋愛もフライデーされて、正直、子供の頃は美人とは言い難くて、凡人とは確実に違う世界を生きている。昔、某週刊誌のコメントで印象的なのがあって、それは「人は幸せだと作品を作れない」と言うもの。
こりゃかなわんと思いました。すごいです。きっとこれからもすごいような気がする。

2002年07月08日

[ コージの告白2002 ]

試乗会の嵐

ここんとこ試乗会がすごい。ほとんど嵐。
ざっと上げるとプジョー206CC S16や307スタイル、次に出るD社のクルマにH社のセダン、それからVWパサートW8やレンジローバーやアルファ156GTAにジャガーSタイプにオペル・ベクトラ。全部新型。ふぅ?。
きりがない。有り難い話だとは思うけど。
で、ふと思ったけど、一時、クルマは車種が減るって話があって、不況だし、俺達の仕事もヤバいか? という雰囲気になったことがあった。
だけど結構大丈夫なんだよね。今、極端にクルマの販売が落ちているという話はないし、なによりクルマの広報宣伝活動というのは不況になった時期こそ本気で行われるもの。実際、広告が多い企業ってクルマが売れてないところが多い。一時のN社とかM社とかね。ハッキリ言っちゃうと、クルマが大した事ない時こそ、宣伝はパワーアップする。だから俺達の仕事もなくならないと。
なーんて、別に楽観してあぐらかいてるつもりはないんだけどね。そういうことってあるんだと思いました。

2002年07月04日

[ コージの告白2002 ]

ジーコ監督、ばんざーい!

まさか本当にジーコが監督になるなんて思わなかった。理想的だよね。俺としては。結局ね。勝つにしろ負けるにしろ、納得する試合がみたい。その点、トルシエはダメだ。人格欠如だし、よくわからない奴だから。
だが、ジーコは最高だろう。いうまでもなく。
とサッカー話になっちゃったので、クルマの話を。またまた北海道行ってました。いやはやこの時期、試乗会がやたらに多い。先週も2回北海道。
確かにいいんだよね。道はヨーロッパ並みだし、涼しいし、食い物ウマイし、日本だし。企画する側としては理想的なのかも。ただ、俺達としては正直、またかって気分もある。贅沢だけどね。ラーメンうまいし。ごめんなさい。つつしんで行かさせていただきます。

2002年07月01日

[ コージの告白2002 ]

誰かバッテリーケーブル持ってません?

いやー、遂にW杯終りました。俺の使命も終った…ってなにが!? って感じだけど、話は変わるけどこないだ久々にバッテリー上げてしまいました。新車だったんだけど、クルマの中で寝てたらスモール付いてたみたい。
確か夜中の3時。幸いな事に大通り沿いでクルマも走ってたんだけど、どの人に聞いても持ってない。運送トラック、信号で止まったクルマ、空車のタクシーは聞きやすいんで何台も聞いたけど誰も持ってない。しかたないんで、タクシーで家帰ってケーブル取ってきましたが、つくづく時代も変りましたね。昔は10台ぐらい聞けば、誰かしら持ってたもんだけど誰も持ってない。
バッテリー上げる時代じゃないんだね。タクシーの運ちゃんも「数年前までは持ってたけど、定期点検しっかりやるようになってからいらなくなった」だって。
いいことなんだろうけど、なんかコメみたいだよね。基本的に自給自足の時代は終りつつあるけど、たまにこんなことがある。もし戦争が起きて食べ物がなくなったらこまるだろうなぁってな感じ。
クルマが良くなり過ぎたのか? 仕方のないことなのか? みなさんどう思われます?

2002年06月28日

[ コージの告白2002 ]

ist、一ヶ月で4万2000台!!

トヨタのistが発売後1ヵ月間受注で4万2000台を記録した! おでれーた。まさかそんなに売れるとはねぇ。結構、売れるとは思ってたけどね。質は高いし、値段安いから。
だけど4万2000台とはビックリ。確か、今、バカ売れフィットも4万数千台の記録で、近いんじゃなかったっけか。
つくづく恐ろしい。やっぱりコンパクトカーブームって[ブーム」じゃないんだよね。かなり本格的にクルマに対する価値観が変わってると思う。 「見栄」じゃなくなった、とは言わないけれど、大きさへのこだわりは相当減ったんじゃないだろうか。
でも問題あるよね。ここまでくると、ホント、クルマがつまらなくなってくる部分がある。特に中古車。ハチャメチャなクルマがなくなると、掘り出し物っつうか、その手のバクチ要素がなくなっちゃうよ。ある意味、クルマ市場が成熟したとも言えるんだけどさ。
いいことなのか、それともそれだけじゃないのか。じっくり考えたいと思います。

2002年06月24日

[ コージの告白2002 ]

ダイハツ・コペンは難しい

久々の軽オープン、ダイハツ・コペンが登場した。
クルマ自体はいいと思う。カタチはわかりやすくカワイイし、走りも実売車は乗ってないけど適度に軽快でいい。それから電動オープンもね。俺はそれほど必要ではないと思うけどいいと思う。値段も手頃だしね。
ただね。気になるのは回りの環境だ。別に軽自動車初の電動ハードトップルーフなんてどうでもいい。そうじゃない。ビートにカプチーノにAZ?1。バブル期に一連の軽オープンが出ては消えた。それに何らかの対策を高じているのか? それが問題なのだ。
あれだってクルマはよかった。値段も高すぎることはなかった。でも数年でなくなった。
もしも再びエンジニアが造りたいから造っただけだったらね。ちょっと問題。同じ愚を繰り返すのかもしれない。
例えば、画期的小量生産でOKだとか、極端に安く作れるとかね。海外でも売るとか、イタリアブランドで作るとか。そうなってれば進歩だと思う。
要するにね。俺に言わせるとあの手のクルマは日本の宝なのだ。良く出来てるなんてもんじゃない。すんごく良く出来てる。NSX、GT?Rの比じゃない。日本のジマン、日本の金メダルだ。
だからとにかく造り続けて欲しいのだ。文化は続いてこそ文化。ちょっと造りたいから造って、儲からなくなったから辞める。ソイツだけはやめてほしい。
ただいい兆候はある。ビートやカプチーノと違い、ボディの土台は他からの流用だから安く造れてる可能性がある。
マニアのみならず、普通の人が乗ってほしい。そしてとにかく造り続けて欲しい。心からそう思う。

[ コージの告白2002 ]

クルマは難しい

今日、大阪京都から帰ってきました。あーつかれた。
明後日は北海道。飛行機乗りたくない。
しかし、飛行機ってなんで嫌なんだろうね。確率的にはクルマより安全なんだろうけど、心が病気になるような気がする。病んでる人は多いんじゃないだろうか。結構。
そういう意味ではクルマっていいなぁ。北海道にも陸続きで行きたい。難しいんだろうけど。

2002年06月20日

[ コージの告白2002 ]

中田の分析力すごい!

さっきたまたま中田クンのHPの日記をみたんだけど、すごい。チュニジア戦の分析があって、そこで懸案としていた二項目が次でズバリ当たってる。「昼間で疲れていた」「ゴール近くの不用意なパス回し」を問題にしていたのだが、実はこないだの敗戦ってそれが原因になってるよね。それだけじゃないけど。
つくづく状況を冷静に見てる男だと思う。で、おそらくトルシエ監督の是非なんだけど、これはできない話だが、彼に「トルシエの功績」なる本を書いて貰ったら一番いいと思う。きっとこの世で一番正しく分析できてるんじゃないでしょうか? 書けないけどね。選手だから。
でもつくづく「ピッチ上の監督」はダテじゃないですな。

2002年06月19日

[ コージの告白2002 ]

タマにはサッカー以外の話を…

したいんだけど、とうとう負けちゃったね。残念。くぅ?
正直、最初っからヘンだったね。オーラがないというか、いつものW杯前の代表の試合を見るようだった。なんか不安で。特にどこがってわけじゃないんだけど、でも実際、ボロいミス連発であの中田(英じゃない方)のミスパスにしたって今までなら起りうるはずがないもの。
どっかおかしかったんじゃないの。全体的に今までになく緊張してたような気がする。っていうか今までの3試合が別モンだったよね。考えればずーっと安心してみてられた。すごかった。幸せだった。
自分の子供が大活躍するのを見るのって、こんな気分なのだろうか。イチローのオヤジって幸せだろうなぁ、とか想った。
ところであの夜、六本木に行ったんだけど驚いた。ぜんぜん人がいないのね。もちろん、ちらほらとは盛り上がってたけど、こないだみたいなことはナシ。拍子抜け。雨降ってたってこともあるんだけどさ。負けたって盛り上がればいいのに。つまんなかったぜ。

2002年06月17日

[ コージの告白2002 ]

俺ってツイてる!

昨日、大分行ってました。またまたW杯。がははは。
しかしツイてる。この大会で間違いなくベストゲームに入る面白さ。初めての人でもわかるでしょう。正直、W杯ってもすべてがおもしろいわけじゃなくて、まあ、玄人はおもしろいっていうかもしれないけどツマラナイ試合ってある。
俺に言わせると、イングランドーナイジェリアなんておもしろくなかった。単純に点入らなかったし、ガチガチ。だからたまたま生で見たのがそれで、単純にラッキーだと思う。ってももう6試合目か。結構みてるよなぁ。

2002年06月13日

[ コージの告白2002 ]

やっとクルマの話

久々にクルマの話を。と言ってもすいません。またW杯関連。
実は何回かスタジアムにクルマで行ったのだが、ハッキリ言って過剰警備だと思った。
例えば先日いった横浜。さすがに入れないだろうと思った。近くの駅にクルマを置いて、電車で行くつもりだった。
ところがどっこい、意外とスタジアム真横を通れまして、どうしたことか普段より空いてた。パトカーの方が多いような感じ。なんなんだこりゃ。
駐車場も結構空いてるんだよね。早めにいけば。それよっかとあるいちブロックを閉鎖してて、全然使えない民間駐車場もあった。商売にならんっちゅーの!
一番怒りなのは、関係者駐車場がバカでかく取ってあって、それだけならまだしもガラガラ。例えて言えば、野球場ぐらいあって、1時間前ぐらいでも20台ぐらいしか置いてない。オオゲサだけど。
実はこれは韓国も同じで、韓国戦の時に驚いたのは、スタジアム内の駐車場がガラガラだったこと。マジ、オオゲサでなくこれは10分の1も使われてなかった。なんじゃこりゃ!!
バカだと思いました。警備するのもいいだろう。だけど、施設内を効率的に使わないでどないする! 警備の為の警備というか。要するに「縛りたい」だけなんじゃないの? アンタたち。
つまり「サド」。もうちょっと自覚してくれよなぁ。バカ!

2002年06月12日

[ コージの告白2002 ]

素晴らしいジダン

素人サッカー記者みたいになってますけどすいません。昨日、生アイルランド戦みました。
それはおいといて昨日はジダンに感動した。確かに負けました。思いっきり惨敗。言い訳無用。でもね。普通、あんなに恥ずかしい姿をさらした元世界チャンピオンがあれほど正直に語れると思う?
「悔しい」「まさかこうなるとは思わなかった」しかし「負けは認めなければいけない」みたいなコメント。なんの気負いも照れもなく、正直あるのみ。スゴイと思った。なかなかできない。実際、フランス人観客にゃ「恥」とか言ってる人もいたもんね。そういうヤ奴は回りにいっぱいいるはずなのに。
きっとね。すんごい苦労を重ねてきたんだと思う。大抵ね。マイクタイソンでもモハメドアリでもいいや。妙な強がりとか、最悪の場合、トルシエ監督みたいにコメントもせずに逃げるとか、逆切れするとかするだろう。俺だって、同じ立場だったらあんな風に堂々“負け”コメントは出せないだろう。
だけどさ。言い尽くされたことだけど、負けを正直に認めてこそ次があるってことなんだろうね。仕事や恋愛もそうだけど自分の「失敗」や「別れ」ってなかなか真正面に受け止める事ができない。なにかのせいにしたり、言葉に出さずに心に留めて腐らせたり、そういうものだ。
だからきっと次のフランスはまた強くなるんだろう。楽しみだなぁ。

2002年06月11日

[ コージの告白2002 ]

W杯は日韓スポーツ!? がオススメ

マジ、日韓、じゃなかったニッカンスポーツがオススメだ。というのもね。最近毎日やってるW杯の分析モノ。コイツが面白い。きっかけはこないだのポルトガル戦。正直、なんで優勝候補がアメリカに負けたのかわかんなかったわけ。そしたらそこには確か中盤のドリブル率が。要するにポルトガルはムダなドリブルが多かった。つまり持ち過ぎていたと。そういうわけだ。
データ的にそれがハッキリ出てる。目からウロコでした。データ分析って面白いね。
あとポルトガル、バカ勝ち。こうなると韓国ヤバいぜ。一次リーグ突破。やっぱどちらも突破しないとね。がんばれ、オー、コリーア!

2002年06月10日

[ コージの告白2002 ]

日本はなぜ勝てたのか? 韓国サッカー観戦日記

今日は、週刊SPA!の原稿も終ったので、韓国取材の事を書こう。だって、そっちはクルマのことばっかでなにも書けなかったもんね。
見たのはプサンでの韓国戦とウルサンでのブラジル戦。で、一番印象的だったのは、なんというか明るいこと、安全なこと。
TVでみると韓国戦とか赤の大群で恐かったように思う。実際、「オー、コリーア!」の大合唱や「???」何いってるかわからない合唱はすごかった。マジメに赤ばっかで「共産党の大会みたい」とも思った。
だけどね。別に恐くはないのよ。これだったらローマでみたローマダービーの方が怖い。それかイタリアかなんかの酒場に夜中に行った時の方がよっぽど怖い。
確かに韓国の人のプレーへの反応は素晴らしくよかったが、やけになってる感じはないのだ。勝ってたってこともあるだろうけど。
で、ふと、これがアウェイの有利さかと思った。俺は東洋人だからなのか、韓国人が盛り上がってても全然恐くない。
それに比べると白人が酔って騒いでる方がよっぽど怖い。逆に言うと、俺達の盛り上がりはヨーロッパ、南米文化圏の人からみると不気味だったりして。
だから勝てたんじゃないだろうか? なんちゃって。
ただ、前日に見たブラジル?トルコ戦。これは日本でみるより面白かったような。とにかく韓国の人は直情型なのよ。レスポンスがいい。日本人はエンジンかかるまでに時間かかるもんね。
だからいいですよ。韓国でのW杯。

2002年06月09日

[ コージの告白2002 ]

すいません、昨日も生W杯を

実は昨日もイタリア?クロアチア戦をカシマスタジアムで見てしまいました。よかった?。クロアチア勝って。別にイタリアも好きだけど、単純に面白くなるからね。その方が。
それに実は昔から個人的にはイタリアってなぜ強いのかわかんないんだよね。確かに守備は背が高くて強そうなの揃えてるし、プレッシャー強いけど、前の方って特にすごいのいないじゃない。トッティーだってビエリだって、強くて速いかもしんないけど、特にひとりでバシバシ抜くの見たことない。ハッキリ言っちゃうとテクニックないような…(反対意見ありそう)。
具体的にはオーウェンとかロナウドタイプはいない。かといってリバウトみたいな真ん中もいない。強い強いって言われるし、結果的にあまり負けないけど、どこが? って昔から思ってたんだよね。
なんかスッキリ説明出きる人がいたら、メールください。
あとひどい話聞いた。今度のW杯、赤ちゃん事実上締め出しなんだってね。0歳でも「チケット必要」と言い張るらしい。ひでぇ。わかるわけないのに。まあ金持ちならいいけど、子連れで見たい夫婦もいるでしょ。既に二枚チケットとった人もいるでしょ。だけど、赤ちゃんダメ。スタジアムで止められて、困る人も多いそうな。
現実には何人か入ってる人いたけどね。あの子たちはチケット持ってるのかなぁ…。バカだよね。まさに官僚的。
それか逆に赤ちゃんはウルサイからダメって言った方がスッキリする。つくづくこういう話するとW杯もヤになるよね。試合はいいのに…。

2002年06月08日

[ コージの告白2002 ]

ウツワより中身

みなさんW杯みてますか?
ってサッカーの話題ばっかだけど、ふと思った。チケット問題とか興行的に失敗するとか文句言う前に単純に面白い! と。W杯は。
実際みるまで俺もここまでコンテンツに魅力があるとは思ってなかった気がする。どこがどう面白いかって人それぞれだけど、とにかく日本でのサッカー文化の普及活動は着実に行われるであろう。
W杯が終った後のブームの終わりを心配するのもいいけど、それよりサッカーファンは着実に増える。それを取りこぼさないことが大事なんじゃないでしょうか。
でも空席問題はひどいよね。ホント。なさけね?の一言。当日券発売すればいいのにね。現場判断でさ。

2002年06月06日

[ コージの告白2002 ]

アメリカ文化の恐怖!?

いやー、負けたねぇポルトガルがアメリカに。グループリーグだけど。
もちろん優勝候補がそうでないのに負けたっていう悲しさもあるけど、それだけじゃないような。
なんつーかなぁ。アメリカって全体としてはサッカーに理解がないでしょ。そこに負けた。つまりアメリカVSヨーロッパの戦いで、ヨーロッパが負けた感があるんだよね。しかもサッカーというヨーロッパ側の土俵で。
もしもね。逆に野球かバスケでアメリカがイタリアとかに負けたらそういう感じになると思う。当然オリンピックとかの真剣勝負でね。当分そんな日はこないだろうけど。
後ね。やっぱ最近の横暴なアメリカのイメージもあるんだろうなぁ。またアメリカかと。W杯もがアメリカにかき回されちゃうのかと。
それと日本にアメリカ文化とヨーロッパ文化の両方が入ってるのもキモチを複雑化させてるような。俺はどちらが好きなんだろうか。どちらを応援したいのだろうか…
なんか考え過ぎて、オチが付きませんけど、今日はこのへんで。仕事せねば。

2002年06月05日

[ コージの告白2002 ]

俺のW杯詣で

あー、疲れた。しかし充実してましたよ俺のW杯詣で。
取材がらみとはいえ、なんせ日曜日午前中に国際免許取って、午後にバイクで鹿島行ってアルゼンチン?ナイジェリア見て、その足で成田→ソウル。
翌日ソウルからウルサン行ってブラジル?トルコ見て、昨日プサンで韓国?ポーランド見て、今日帰り。なんなんだーいったい!
ハッキリ行って韓国おめでとう! 2?0楽勝はよかったんだけど、それより直前の日本戦ヒドイよね。あの審判。
殺したくなりました。で、韓国大勝も見ていてなぜだか心の底から喜べないって気分。心狭いな。俺。
ところでこの模様は今月中頃発売の週刊SPA!の巻末クルマページにて紹介されます。ぜひ買ってね!

2002年06月01日

[ コージの告白2002 ]

W杯観戦の秘密兵器導入! フランス負けた!!

ってバイクなんだけどね。某メーカーさんに400CCバイクをお借りしました。これで明日の鹿島スタジアムへ行く予定。一応スタジアム側に聞くと、バイクならスタジアムへ約5分のところにおけるっていうからね。我ながらいいアイデアじゃないでしょうか。実際、どうなるのかわからないけど。
その後は成田に直行してなんと韓国! 某週刊誌でのW杯取材!! まさにサッカー漬けである。望むところだけど…
ところでフランス負けたなぁ、セネガルに。やっぱサッカーっておもしろいって思ったけど、日本には追い風なんじゃないでしょうか。あれを見てた代表選手、「やっぱサッカーは(先が)わからない」と思ったはず。ますます頑張ってくれるのでは…。
いうわけで俺は日本の緒戦は韓国なんでライブでみれないけど、がんばってちょーだい!

[ コージの告白2002 ]

新7シリーズはソニーの社長にお似合い?

ところで今、長期に借りている新しいBMW7シリーズ。顔がヘンテコなんでどうなんだろ? と思ってたけどすげぇいいです。値段が値段なんで俺を含め、大抵の人には無関係なクルマだと思いますが…。
だけど乗ってみて、その絶対的性能の高さもさる事ながら、ヘンテコ顔にも妙に納得。ベンツもあるし、これくらいイッちゃっててもいいよなぁ…とか。
真にこれを買う人のキモチにはなれないけどね。ただ、某Y氏が言ってた「ソニーの社長とかに似合うでしょう」というのは納得。ああいう、メルセデスが苦手そうなハイテク&アグレッシブ・エグゼクティブにはこれしかないのかも。お話し聞きたいところです…

[ コージの告白2002 ]

機内食にマックは?

今回ふと思ったけど、なんで機内食にマクドナルドってないんだろうね。個人的には胃にもたれるんで嫌だけど、適任だと思う。
それなりに保存効くはずだし、若い人に人気だし、だいたい安いしね。さすがに飛行機の上で肉焼くわけにはいかないけど、なんとかなるんじゃないの。暖めたり、専用のメニュー開発すれば。
俺としてはモスバーガーだったら最高で、例えばビジネスだったらいろいろ選べたり、トッピングOK!? だといいと思うんだけど、どうでしょうこのアイデア。売り込みに行こうかな? なんて…

2002年05月31日

[ コージの告白2002 ]

オーストラリアのバランス

さっき、オーストラリアから戻ってきました。俺としては初めての。すんげえいいとこでしたね。なんかヨーロッパと沖縄の中間ってイメージ。ヨーロッパよりスカしてなくて、沖縄ほどダサくないちょうどいいイメージ。グアムもそうだけど、あれよりちょっとオシャレ。個人的にはすごく気に入りました。
っていってもブリスベン行っただけだけどね。他はどうなんだろう。きっといいとこだとおもうんだけどなぁ…。

2002年05月28日

[ コージの告白2002 ]

なんでエンジニア取材はやめられないのか?

今日はトヨタと日産の試乗会に行きました。でね。ふと、真理を発見してしまいました。なぜ俺はエンジニア・インタビューがキライじゃないのか? っていうか好きなのか? マジメくさった人もいるし、話が面白い人ばっかじゃないのに…。
それはね。ウソを付かないからなんだよね。質問の仕方によっては、自分に不利な事でも平気で答える。自虐的なまでに真摯。
そういうところが好きなんだよなぁ。それって普段から真剣に物と対話してるからなんだよね。ウソなんて付いてるヒマはない。物事を冷静に見極め、正しい、正しくないを判断し、自分の進む道をとって努力してこそ、評価される『物作り』ができる。生き方がしゃべりに出てるのだ。
それに比べて大キライなのは警察とか役人。ヤツらは本当に平気でウソをつく。というか「正しいことをしゃべる」ということにプライオリティがおかれてない。
なぜならば彼らは真理ではなく、上の人間の顔をみて生きているからだ。だってさ。例えば空いてる2車線の50キロ制限の道で70キロで捕まって、「仕方ないけどここは50キロ制限だから」っていうんなら納得もしよう。
でもね。一部警察は真顔で「50キロで走ればいいじゃないか」という。実際、目の前で50キロ以上で走ってるクルマがいるのに。明らかにバカ。奴らの目には現実は問題ではない。上の人間の顔を立てる、決まりを守る(それも一方的な)ということが人生最大の目標になっている。だからこそ、領事館で自分の陣地に入った子供すら守ることすらできないのだ。欠陥人間なのだ。
エンジニアならこの手の行動、発言はありえない。例えばトヨタのエンジニアに、これ日産のより狭いですよねぇ? と聞けばハイとうなづく。不利なこと、言わなくていいことでも答える(タマにウソ付きもいるが)。
それは彼らが真剣だからである。彼らの相手は上司ではない。物なのだ。ウソをついたって物は良くならないし、売れないものが売れるようにはならない。
人間なんていい加減である。かなりの人がすぐウソをつく。役人だけでなく、代理店、編集者、商売人、不動産屋、キャバ嬢、ライター!? みんな同じ。っていうかウソを付くのが商売な奴等さえいる。だけど彼らはほぼ、つかない。しかも地道な成長がある。そこが好きなんだよなぁ。きっと。

[ コージの告白2002 ]

再び海外出張の予定!

今日の夜から3日間海外に行きます。オーストラリアにジャガー様の試乗! で帰ってきた2日後に韓国。そう、W杯取材!(半分遊びか?) これまた3日で帰ってきて、6日からは締切り地獄の予定。編集者さん。なにとぞいろいろ大目にみてね。

2002年05月26日

[ コージの告白2002 ]

アンチサッカーファンのみなさまへ

最近、スポーツ新聞みてると、たまにサッカー嫌いのコラムニストみたいな方が、「W杯なんて…」とか「野球の方が…」みたいな原稿を書いている。その度に、うーん、俺は普段はこっち側だったな…ってな感じに苦笑。
というのもね。俺はずっとプロ野球が嫌いだったからだ。家のオヤジさんはあんまり見てなかったけど、親戚の人が好きで遊びに行くたびにTVで「ドンドンドン」。俺、あのスタジアムの「ドンドンドン」ってのが嫌いなんだよね。だから甲子園も嫌い。だいたいにして、TVを付けただけで感じるあの独特のムードが嫌。「アホか!」って感じ。それは今でもそう。だいぶ減ったけど。
だからきっと今、サッカーが嫌いな人はつらかろうな。「W杯」「ジダンになんとかになんとか」って。そんな奴知らん! って気分でしょう。でも普段の街じゃそんな感じしないよね。意外と盛り上がってないっつぅか。マスコミとかTVとかそっちの方ばっかり盛り上がってる気もする。
つくづくこの辺は個人差だよね。サッカーが好きな人もいれば嫌いな人もいて、全く興味のない人もいる。俺は今回幸運にもサッカーが好きな人側だったけど、次回はわからない。
まあ嫌いな人はがんばって耐えてください。次はきっと貴方の番?

2002年05月25日

[ コージの告白2002 ]

代表選手の髪の色に見る世代の差?

さっきまで日本?スウェーデン戦みてました。結局1対1。それも日本はオウンゴール。なんともはや。誰がいい悪いはよくわかんないけど、どうにもスッキリしない。今の日本の状況を映してんのかな。サッカーって。
ところでいつも思うけど、今の代表選手ってみんな茶パツなのね。俺もしたりするけど、あんなに揃ってやるのもどうかと思う。かえってカッコ悪いような…。
で、今日は中山と秋田が出てたんだけど、どちらも俺と同じ世代でどちらも黒髪。「やっぱね」って感じ。
で、思ったんだけど、今の若い人(25歳以下)の人って別に茶ばかりでカッコ悪いとか思わないんだろうね。っていうか「黒髪だから日本人ぽい」とか「茶パツや金髪は白人コンプレックスかも」とか「日本民族のなんたらかんたら…」とか考えないみたい。素直に「黒はイヤ」だと「茶か金でいいじゃん」と思ってるよう。
俺の感覚だと、若いけど根性ありそうな明神とか骨のありそうな中田とか、逆に黒髪にしてもいいと思ったけどね。そんなこと微塵も考えてなさそう。
と同時にやっぱ中山サッカーヘタだよね。秋田はボール持たないからわからないけど。つくづく世代の差を感じました。
で、そういう俺ら世代の感覚、存在が本当に古いのか、そうでないのか。それが今度のW杯で見れるのかもしれないともちょっと思いました。考え過ぎかな?

[ コージの告白2002 ]

韓日W杯は失敗する!?

予想外にW杯をみることになりそうである。ありがたい話だが。
最初はTVでいいや、って思ってたんだけどね。意外なほどチケット様が手に入る。あと、急遽韓国取材ツアーが決まったりさ。これは俺自身企画に参加したり、編集の人にもがんばって貰ったりしてたんだけどね。結局、日韓あわせて5?6試合ぐらい見る予定。
根本的にはね。チケットかなり余ってるって状況が大きいね。どうやらスポンサーや日本サッカー協会みたいなところにばっかいってて、本来、一番見たい人が見るべきなのに見れないよう。おかしいよね。世の中。
新潟とか九州とかの田舎のサッカー場で、一次リーグで敗退が決まった国同士の消化試合とかさ。空席すら目立つんじゃないの。かなりのサッカーファンでも行かないよね。特に日本は交通費高いし。
そういう意味で韓日W杯は失敗する! と俺は予想する。観客動員数的にね。もちろん成功して欲しいけどね。だけど本来盛り上がるべきヨーロッパ、南米はとてつもなく遠いし、日本の一般客も大切にしてないようす。トルシエもヘンテコだし、イマイチ盛り上がらない気がする。
球技場の問題もあるよね。もっとJリーグ施設を使うかと思ったらあまり使ってないみたいで、W杯が終ったら余るという話も。
普通のサッカーファンやスポーツ好きは、ああいう立派な設備を求めてるのにさ。そういう人達に届かない設備になるのかもしれない。
そうなると凄く悲しい。国立競技場だってそうだよね。なんで使わないのか。オリンピックもそうだけど、このW杯も壮大なるムダが行われている可能性がある。
浮かれてばかりはいられないのかもしれません。

2002年05月24日

[ コージの告白2002 ]

最近の編集の人

最近、編集者で熱い人がいなくなって久しい。「これがやりたい!」とか「うるさいなぁ」ぐらいの人がいない。なんか冷めてんだよね。事務的っつぅか。残念である。頑張って欲しい。
っていうかそんなんじゃやる気になんないよ。こっちも。

2002年05月22日

[ コージの告白2002 ]

遅くなりました、レース報告

なんだかんだで遅くなってしまいましたが、先週末のレースの簡単な報告を。
結論から言うと最終的順位は3?位。去年より悪いです。でもね。それもまたまたマシントラブルで一時ピットストップしてしまったから。それがなければ、ヒトケタゴールはいけたかも? とはいえ、元々特別速くなかったし、だいたいストップの原因も俺達ドライバーの問題が大きいんだよねぇ。要するにヘタってこと(特に俺か!?)。
とにもかくにもレースは自分の限界がみえます。勉強になりますな。本当に。

2002年05月16日

[ コージの告白2002 ]

明日からもてぎでレース!

明日からツインリンクもてぎでレース。耐久レースのJOY耐って奴。明日は練習、明後日は予選、しあさっては決勝だ。明日も早いから早く帰らねば。うーん。

2002年05月14日

[ コージの告白2002 ]

最近、日本人であることは恥ずかしい

最近、日本人であることが恥ずかしくなる事件が多いね。中国の領事館事件を始め、雪印事件と狂牛病とかだいぶ前だけど「バケツで核融合」事件とか(東海村)。でもね。ホントはいちいち俺達の問題って思わなきゃいけないんだろうなぁ。要するにイジめの問題と同じだよね。結局、領事館の人達ってのは、自分と関係がない、亡命者かどうか知らないけど外国人の問題だから見てみぬふりをしようとした。それって街中でイジめをみて、放っておく人達と変りがない。
で、自問自答した時、果たして俺は放っておかず、なんかしらの行動に出れるか。正直、自信がないところがあります。常に行動したいとは思ってるけどね。人を責めるだけでなく、いちいち自分自身戦わないとね。警察ともね。いけないんでしょう。
「正義感」。かなり忘れられた言葉であります。

[ コージの告白2002 ]

最近、日本人であることは恥ずかしい

最近、日本人であることが恥ずかしくなる事件が多いね。中国の領事館事件を始め、雪印事件と狂牛病とかだいぶ前だけど「バケツで核融合」事件とか(東海村)。でもね。ホントはいちいち俺達の問題って思わなきゃいけないんだろうなぁ。要するにイジめの問題と同じだよね。結局、領事館の人達ってのは、自分と関係がない、亡命者かどうか知らないけど外国人の問題だから見てみぬふりをしようとした。それって街中でイジめをみて、放っておく人達と変りがない。
で、自問自答した時、果たして俺は放っておかず、なんかしらの行動に出れるか。正直、自信がないところがあります。常に行動したいとは思ってるけどね。人を責めるだけでなく、いちいち自分自身戦わないとね。警察ともね。いけないんでしょう。
「正義感」。かなり忘れられた言葉であります。

2002年05月13日

[ コージの告白2002 ]

原でさえあの顔! 監督というお仕事

前も書いたんだけどさ。プロ野球のカントクってどうしてあんなヤな顔なんだろうね。今年はなき長嶋さんもそうだったし、今、最高にイメージがいいはずの「理想の上司」、星野カントクでさえ顔がニガい。で、こないだ見たら巨人の原カントクもそうなのね。「サワヤカ」が売りの若大将なのに。間違えて蚊でも食べちゃったかのような「いやーな」顔。見てるこっちの気分まで悪くなってくる。
カントクやめてからは長嶋さんはやっぱりサワヤカなんだよね。現役時代はほとんど70代の政治家みたいな顔だったのが。昔の金丸みたいな無表情さと不気味さだった。「なんでこんなの画面に出すんだ?」って思ってた。
考えるによっぽど野球のカントクって嫌な商売なんでしょう。それに比べてサッカーの方が全然マシ。あっちは激高してるけどね。血管切れそうだけど、ある意味スッキリ。やっぱ日本社会の縮図なのかな、日本のプロ野球界って。
やっぱカントクよりオーナーの方が良さそう。スポーツチームのオーナーは男の夢っていうもんね。ヤンキースのスタインブレナーとかセリエAのガウチとかアニエリとか楽しそうだもん。
だけど星野カントクは阪神のカントクやりたがってたみたいだしな。いつかインタビューしてみたいもんだ。やらせてくれませんかね。どっかのスポーツ誌。

[ コージの告白2002 ]

ウーロン茶という発明

こないだ酒飲みの人と話してたんだけど、いまさらながらウーロン茶って偉大なる発明だよね。なにより飲めない人に朗報。水割りもどきができるから。今までだといくら飲めないっていっても、飲みの席でさすがにみず飲んでるわけにはいかなかった。目の前にビールなり水割りなりが欲しかったわけよ。
するとなんとなく飲まされるんだけど、そこにウーロン茶をドボドボ足せばOK。だんだんほどよくノンアルコールにできる。それも見た目にはよくわからない! さらに多少はウィスキーが残ってれば「酒あるよ」はウソじゃない!!
だけど最近は焼酎とかあるからね。昔ほど水割りが常識じゃないからダメ。っていうか今ウィスキーって全然売れてないでしょ。でも今はカシス割とかあるからね。やっぱ重宝。
で、特にウーロン茶出始めはサントリーさんはバカ儲けだったそうな。「ウーロン茶とはサントリーのこと…」。良く聞いたセリフだよなぁ。

2002年05月12日

[ コージの告白2002 ]

奥田さんは政治家にならないのだろうか?

昨日、某メーカー広報の人が言ってたんだけど、大メーカー出身の力のある政治家ってなんでいないんだろうね。実はいるのかもしれないけど、有名でない。
というのもあれだけ日本に貢献してるわけだし、その手の人がいればトラック速度規制時速100キロとか、環境車開発にろくに支援しないとか、東京都のディーゼル問題とかそういう理不尽なことをやるわけがない! 逆にメーカーに有利な法案を作り過ぎる心配もなくはないが…。
でも日本の製造業はクルマだけでなく、ITにしろ、日本の根幹でしょ。優遇すべきじゃないけど、もっと普通に扱うべきな気がする。今は縛りがきつすぎて、自由な発想すら得られない。日本のクルマ市場って歪んでるでしょ。警察にせよ一方的で。
保護されてないからこれだけ強くなったって話もあるけどね。それは強い間だけに言えることだ思う。今までは特殊な高度成長時代だったしね。もうちょっと緩くすべきというか、自由にすべきところもないとダメ。
極論するとトヨタの奥田会長さんみたいなパワフルな人が大政治家になってくれればいいのにね。メーカー系社員の票も稼げるしね。ただ、正直メーカーのトップの方が、政治家より楽しいんだろうなぁ。なんせF1チーム造れちゃうくらいだから。
だからそういう人がでない。でももうそろそろそういう人が出ないとヤバイような気が…

2002年05月11日

[ コージの告白2002 ]

JR東京駅の「あづま屋」、ひどい!

次の「たのしめーる」でもちょっと書いたけど、あまりに「怒り」なので再び。JR東京駅のそば処「あづま屋」(確かこんな名)、ひどい。一見立ち食いそば風なのにえび天そば一杯900円! で、あなご天ぷら1000円! おまけに狭い店内に店員が空いてる時間に9人! +店長1人!! だから区役所の出張所なみのヒマ加減。新幹線代安くしろっつーの! アホ!!
多少は直ってきたけど、相変わらずクレジットカードは自分とこのが中心で、他のはあんまり使えないし、怒!

2002年05月10日

[ コージの告白2002 ]

一ノ関のソースカツ丼

昨日は一ノ関に行きました。そ、盛岡と仙台の間。妙に東北づいてるよなぁ、最近。で、JRにむかついたのは別に書くとして、一ノ関って古臭くていいところだけど、意外と名物ないのね。
中尊寺って寺はあるけど、ホントは別の地域みたいだし、地元の人に聞いてみたけど、特徴ある食べ物も意外となし。
ただね。『亀の子せんべい』っての。これは意外とうまかった。
あと駅前のうなぎ屋さんにあった『ソースカツ丼』。これ、歴史が75年だか85年だかあるそうで、なんとも言えない味だった。
うまいんだけどね。なんかご飯と一緒に食う気にならない。ご飯と一緒なら普通のタマゴがかかってる奴のがいいなぁ。悪くないけど、も一度食いたいかっていうと???
でもいいとこですよ。一ノ関。

2002年05月07日

[ コージの告白2002 ]

知らなかった盛岡「冷麺」と「ジャージャー麺」

あのね。で、盛岡行ってきたわけだけど、名物なんだってね。「冷麺」と「ジャージャー麺」。わんこそばは知ってたけど冷麺とは。聞くところによると韓国と同じ北緯40度という地理的特性が幸いしてるそうな。おかげで本場の味が出せると。
で、人づてにきいた駅前の「盛○×」って焼肉&冷麺屋に行ったら驚き。みんな冷麺食べてやんの。ほぼ100%。ありゃ焼肉屋っていうより「冷麺専門店」って行った方がいいな。
うまかったです。実際。ちょっと太めで歯ごたえがあって、なによりも甘みがある。自然な甘み。また食いたい!
あとね。もう一つの名物、「ジャージャー麺」ってのがあって、要するに例の中華の肉味噌つけて食う奴なんだけど、麺がうどんってのが特徴。これまた元祖の「白○×」ってな名前の店に行ったんだけど、こいつは良くわかんなかったな。実は。
確かに特徴あるし、それなりに食えるんだけど俺には???。人はいっぱい入ってたけどね。それから最後に皿にタマゴ入れてスープ飲むってのも面白かったけど。まあ俺、ちょっと腹膨れてたしな。初めての味だし。機会があったらまたチャレンジしたいと思う!
しかし土地の味ってのはやっぱいいね。食いしん坊じゃないけど。

[ コージの告白2002 ]

東北新幹線の二階建てMAXは最低だ!

さっきね。東北取材から帰ってきたんだけど、長時間乗った二階建て列車のMAX。最低だね。ありゃ。
とにかくシートが狭い。リクライニングしないのはまだしも座面が短い。すぐ、オシリが落ちそうになる。眠くなった時のズリ落ちそうな感じったら最低。
もう二度と乗りたくないと思いました。普通の新幹線の方がいいぞ。
つくづくシートって大切だよね。乗り物は。他のすべての良さを帳消しにするくらい。それを久々実感しました。

2002年05月06日

[ コージの告白2002 ]

FIFAよりお役所?

急遽、韓国にW杯サッカーの取材に行くことになり、さっきFIFA(確か国際サッカー連盟の略)のHPでチケット取ってたんだけど、なんかいい加減だよね。
まずHPにアクセスする瞬間、俺のパソコンのウイルスチェッカーなるソフトが反応し、「保証できません」みたいな表示がなされるし、その後も突然、画面が動かなくなったり(パンク?)全然信用できない。
確かチケットを管理するドイツだかの会社が破産だとか潰れたとかそんな話もあったでしょ。日本のお役所は杓子定規でダメだけど、こういういい加減な感じはない。それに比べてFIFAはほとんどテキ屋レベルというかなんというか。
実は日本の役所ってのは大したものなのかもね。ミス表記なんてほとんどなし。
それに比べて、こないだ家の実家に送られてきたW杯のチケットはしっかり名前間違ってました。小沢が小畑になってたりと、いかにも外国人の仕事といった風情。日本のチケットは日本のサッカー協会に任せればいいのにさ。まあ『全世界単一窓口購入』という意味じゃ意義深いけどね。実験的で。
でもまだ早いんじゃないの。こんな体制じゃ。それからマイクロソフトに任せるとかね。その方が安心できる気がする。それはそれでヤな人いるんだろうけどね。

[ コージの告白2002 ]

ダメなもんはダメ

前回の日記に反論が来ました。「やっぱ日本の役所はダメ」だと。「迂闊にホメないでくれ」と。そんな感じですな。簡単にいうと。うーむ、相当嫌われてます。やはり。
確かにご意見ごもっとも。日本の役所はサイテーです。あと警察もね。政治家も。
ただね。特性として日本の「公」は同じ嫌な方向でも「几帳面」というかそういう方向に行ってる気がする。それが彼らの存在理由というか、自負なんではないかと。
おそらくイタリアとかアメリカとかの役所って、同じくいけ好かないお連中でも違う方向に行ってるような。実際体験したことはないけどね。そんな気がする。
「公」じゃないけど、イタリアとかフランスの飛行機って平気で出発時間を遅らせたり、乗り換えで乗り遅れたりするでしょ。で「私知りません」風な対応。
一方、日本は妙に几帳面だよね。道造りでも感じるわけよ。実に無駄な信号機の数。田舎に行けば行くほど感じます。こんなの必要なのかって。村に一個とか。地元のタクシーはわざわざ信号機を通らないルートを通ったりするもん。「こっちのが早い」とか言って。
きっと役所の奴等がバカ几帳面に考えてるんじゃないかなぁ。「こっちのが安全じゃないか」とか「人の命は地球より重い」とかさ。なんかそう言われると「人の命より時間の方が大切」とか「人の命より快楽の方が大切」とか言いづらいでしょ。伝統的に。
日本はやっぱりA型社会なのかな。血液型的にいうと。あんまり好きじゃないけど。要するに「最終的にはきっちりした人の言い分が通る社会」。「マジメが勝つ」って感じだよね。
で、それはある意味いい面もあると思う。ただ、徹底して「木」を見て「森」を見ない。それに比べ、もしもラテンの国が「木」はたいして見なくても、「森」をしっかりみてるんならいい社会だよね。そっちの方が。
難しいところです。要勉強。

2002年05月05日

[ コージの告白2002 ]

今日はサッカーでボロボロ

今日は昼からいつものサッカー。しかし暑いね。ほとんど夏。ボロボロになってしまいました。つくづく自分の体力のなさを実感。あと一歩が出ないのだ。まだまだ気持ちは20代なのにね。よく同い年のスポーツ選手を励みにするっていうけどよくわかるなぁ。
俺の場合、カズや中山とほぼ同じ。大リーグの佐々木なんて年上だっけ? 違ったか。とりあえずジョンソンやシリングは年上だもんね。
まあみなさんがんばってます。

2002年05月02日

[ コージの告白2002 ]

今日はフェラーリ切替さん

今日は切替さんを取材しました。クルマ好きなら知ってるフェラーリ売りで有名な『レーシングサービスディノ』の切替さんね。
で、結構感動。正直、ちょっとう散臭いかな? って思う部分もあったんだけど、それどころかメッチャ誠実。いろいろ事件とかも会ったけど、それも自分に正直だからこそ。俺がフェラーリ買うとしたらこの人からって思ってしまいました。
詳しくは今後の『ベストカー』クルマバカにて。よろしくね。

2002年05月01日

[ コージの告白2002 ]

初の鈴木亜久里さんインタビュー

クルマってスゴい!
さっき、初めて鈴木亜久里さんのインタビューをいたしました。こないだ俺がF1に乗ったんでそれで。
そしたらね。あまりの面白さにびっくり。久々メモを取る手が追いつきませんでした。一言一言があまりに痛烈なので。やっぱね。世界を戦ってきた男は違うよね。結構、シビれました。
と同時に久々俺が関わってるクルマの面白さを痛み入りました。正直ね。ここ数年っつうか、この業界に入って以来、クルマってなんなんだろうとは思ってたのね。高度成長の時は憧れの対象で面白かったんだろうけど、俺のいる時代はクルマは憧れ対象から白モノに成り果ててつまらなくなってきた…みたいな。
それはそうだけど違うんだよね。クルマにはモータースポーツがあるしF1もWRCもWGPもある。経済面でみても思いっきり日本の基幹産業だし、かなり耐久消費財にはなってきてるけど、相変わらず趣味の部分も残っている。
それでいてやっぱり特殊な移動空間だしね。そういう意味でもおもしろいし、ステイタスもある。
それからね。実は最近、時計雑誌の仕事もしてるんだけど、時計ってめちゃくちゃオタクな世界なのよ。それはクルマ以上。発展性はないし、あまりに閉ざされている。それに比べてクルマの幅広さったら比じゃないし、最近じゃファッション性もあるし、ある意味、警察とのバトルだって面白い。
クルマって全方位的なのよ。スポーツでありプロダクトでありエコノミーでありアートでありステイタスであり実用であり人体実験装置的でありフェティッシュでありファッションであると。五感を使い、頭を使い味わい、考えなければならないもので本当に幅広い。
だから久々やる気になってきたなぁ…。って勉強大変だけどね。がんばらねば!

2002年04月30日

[ コージの告白2002 ]

南の島という“麻薬”

いやー、今回は休みましたね。一週間ぐらいか。以上か。全然日記書いてませんでした。今回は南の島にいってたんでね。
ひさびさ何にもしませんでした。メシ食ってビール飲んで、ちょっと運動してクルマ運転してって具合。多少は仕事したけど、意外なほど不安を感じませんでした。南の島効果かな?
きっとね。北欧とか寒いところだったら、なんか不安になったんじゃないかと思う。南の島って人をノンキにさせる成分があるんだろうなぁ。「このままでも食っていけるよ」って誰かが囁いてる気がする。とにかく人の体になんか作用してるような…。
よくね。話で「南の島だったら家もいらないし、食べ物もそこら辺生えてるから」って言われたけど、確かにその通り、か、それ以上にもっと感覚的に「大丈夫」って囁かれてるような気がする。
だからさ。よくラテン的とか言われるけど、人種以上に場所がそうなんじゃないでしょうか。イタリアとかスペインとかあったかいし。
そう。「暖かい」ってのは凄い事だよね。身体的にも精神的にも。

2002年04月21日

[ コージの告白2002 ]

そういえばソバにレンゲは?

「具なしミソ汁の不思議」で気づいたけど、日本ソバにレンゲってのもあまり見ないよね。見たことある? レンゲって白くてラーメンに似合う奴以外に和風の陶器のものがあるけど、あれって揚げだし豆腐には良く使うけど、ソバ屋ではあまり見たことないような…。
うーむ、その昔、出前取ったソバに付いてたような、なかったような…。
でも似合わないよね。マトモに考えればラーメンだってソバだって熱いスープと一緒に食う時には必要なのにさ。やっぱさ。合理主義より習慣なんだよなぁ人間って。
常識に縛られてることってのはあるもんです。他にもいっぱいあるんだろうなぁ。

[ コージの告白2002 ]

来週後半はいません!

あっという間に日曜日になってしまいました。
ちなみに来週は水曜から再び海外です。ただ今回は月曜日に帰ってきますけど。ひとつよろしく。
ところで最近、いろいろ質問が来るようになってきました。それも個々のクルマではなく、「自動車ジャーナリストになるにはどうすればいいか?」などの質問。うーむ、子供電話相談室みたいになってきたなぁ。結構、おもしろいけど…。
っていうか奇想天外な質問ください! お待ちしております!
ルノー・ルーテシアRS
ところでこないだ久々に感性の違いを感じた。大幅マイナーチェンジをしたルノー・ルーテシアRS。俺はすっごくいいと思うんだけど、某専門誌の編集の方は「高速で接地感がない」とか「MTでギアが蹴られる(回転数が合わないとギアが入らない)と言う。っていうかとにかく否定的。
全くそんなこと感じないんだけどね。改めて乗ったけど、ひたすらいいし、不具合感じない。高速も恐くないしね。
つくづく感性の違いは難しいなと。やっぱしょせんはインプレッションということか。
本当は書き手の主義主張、身長体重、好きな食べ物、キライな食べ物、好きな女のタイプや政治信条など、その手の情報を入れてからインプレッション読むのが正解なのかもね。結構、そういうのも面白いのかもしれません。

2002年04月18日

[ コージの告白2002 ]

リーガエスパニョーラ、ヌルい!

今日は先週、このHPがダウンしていた間に書いた原稿をそのまま掲載いたします??さっきまで日曜。初めてスペインサッカー1部リーグ、リーガエスパニョーラなるものを見たんだけどヌルいね。
デカいバルセロナとレアル・マドリー以外の試合は大した事ないって聞いてたけどそんな感じ。見たのは現在6位ぐらいのセルタとバルセロナがホームのエスパニョールとのカードなんだけど、なんつーかなぁ。観客席は結構空いてるし、盛り上がることは盛り上がるんだけど、どことなく田舎っつうか、ノホホンとしたムード。
日本とW杯でやるロシアのエース、モストボイとかそれなりの選手は出てたんだけどね。モストボイは明らかにさえないし、結構凡ミス多し。20番は上手かったけどね(ロシアの選手?)
エスパニョーラって確か日本の西沢がいてね。「テクニックはチーム1」とか言われてたけど、その理由がわかった気もしました。あと、バジャドリードだっけか?城もいたよね。それも納得。
それよっか、試合の前にみたバルサのホームのカンプノウ・スタジアム。こりゃ凄かった。ちょっとしたサッカー版闘牛場。今度はこっちでみたいもんだ??

2002年04月17日

[ コージの告白2002 ]

スペイン報告…イタリア人はマジメだ?

というわけで今日はちとゆっくりスペインのご報告を。
あのね。正直、それまでスペインはイタリアと同じような印象がありました。ラテンだし、地中海沿いだし、生ハムうまいし!? ノンキな極楽浄土の国なんだろうなーって。
ところがどっこいだいぶ違うのよね。まず生ハムは味が全然違う! パルマ産生ハムもウマいんだけど、こっちのは聞くところによるとブタにどんぐり食わせてるそうで、なんちゅーか、脂身からナッツ系の匂いっちゅうか濃くが漂ってくるような。どっちもウマいけど、今のマイブームはスペイン産かな。ハモン・イベリコって奴(直訳するとイベリア半島のハム?)
後ね。やっぱなんかユルいんだよね。スペインの方が。街にあまり洋服屋とかないし、遺跡も普通(ローマと比べるなって?)。セコセコしてないし、商業、工業的にも大してウリがないような。日本からはマグロ取ってる国ってイメージのみ。
でね。ふと思ったんだけど、日本人的には馴染まないけど、それに比べて「イタリア人って意外とマジメ」なんじゃないのかと。工業的に発達してるとかハイテクイメージはないけど、服飾はスゴイし、食べ物もガンガン輸出してる(たぶん)。でね。サッカーなんだけど、イタリアのサッカーって守備じゃない。実は。
ガチガチにプレッシャーかけてるし、試合みてるだけで「大変だなぁ」と。あれって実はマジメじゃないと出来ないと思うんだよね。それに比べてスペインはどことなくユルいし、点もボンボコ入る。
やっぱさ。イタリア人はマジメ!? なんだよたぶん。スペイン人に比べてだけど。
果たしてどうかな本当は?

[ コージの告白2002 ]

フラメンコって劇?

あとね。スペインじゃフラメンコを見たんだけど、意外とおもしろいね。結構ナメてたところがあって、期待してなかったんだけど、歌っていうよりしゃべり言葉だし、キパッ! シュタッ! って動きも心情的にはわかりやすい。キモチ伝わるね。
で、なんか全体の流れが劇みたいなのだ。「あー、とある男と女が行きずりで知り合って、男とりあって、うー、かなしー」みたいな。顔の造りとか情熱的だしね。そういう意味でおもしろかった。まあ実は寝ちゃったんだけどね。しょうがないよ。言葉わかんないしさ。

2002年04月16日

[ コージの告白2002 ]

「具なしミソ汁」という発見!

さっそくたまっていたうっぷんを。
今回ね。エールフランスという航空機でヨーロッパを往復したんだけど、俺的大発見をいたしました。それは「具なしミソ汁、意外とウマイ」の法則!?
最初の機内食を食べてたら、なんとかアテンダントさんからカフェORティーORスープ? という問いかけ。てっきりスープってのは、全日空やJALで出てくるコンソメスープとばかりカップを差し出したら、ドボドボドボと茶色い液体が???
これがなんとミソスープ。それも完全具なし。驚いたことにこれが意外とウマい! でもつくづく日本人には「具なしミソ汁」は考えられないなと思いました。確かにヘンじゃないけど、発想にない。なんていうかな。クリープのないコーヒーっていうか、いきなりナルトもチャーシューもネギもなにもないラーメンを出されたような衝撃。
確かに具なんてなくても味は成立しているわけだけどね。日本人たるもの具なし味噌汁という発想がない。俺達だったらせめて乾燥ネギぐらい入れるでしょう。
ところがフランス人発想は違う。ミソ汁に対して思い入れがないから、「具なしミソ汁」になんの疑問も涌かないのだ。
これぞ文化の違いを発見いたしました。あと、俺達がいかに固定観念に縛られているのかということを。
一度トライしてみては?

[ コージの告白2002 ]

F1インプレ!

でね。今回の旅行の主な目的は生れて始めてのF1ドライブ体験で、くわしくは5月発売の週刊宝島やENGINEさんを参照してもらうとして、とにかく凄かったです。ほとんど「走る麻薬」。
シビレました。感動しました。
あとね。パドルシフトのセミオートマが付いてたんだけど、もはやシフトは運転の楽しみに置いて重要度が低いことを実感。だって別になくても楽しいんだもん。だからさ。もはやMTはいらないよね。

[ コージの告白2002 ]

今度こそ本当に!

たぶんね。久々1週間ぐらいのごぶさたです。某先輩のFさんなどに言われてやっと判りました。スペインだからHPが開けないと思ってたら、ところがどっこい全然違いました。俺のHP自体がダウンしてたみたいですね。別に俺自身はぴんぴんしてるのでよろしく!
っていうか書きたいことはいろいろたまってます。
例えばね。今日行ったBMW新7シリーズ試乗会。素晴らしかったです。クルマも21世紀に相応しい「乗り手を選ぶクルマ」で、なんちゅーか、大胆なチャレンジが行われてる。
俺は好きだ! とだけ言っておきましょう。

[ コージの告白2002 ]

モントーヤ、実はいいやつ?

でね。昔、F1ドライバーのモントーヤはもしやコロンビア○×△の息子? って話を書いたんだけど、別の情報が入りました。今日行ったBMW試乗会でF1チームの日本人スタッフによると、モントーヤはめちゃくちゃいい奴らしい。下手するとラルフよりもいい。
彼曰く、F1の世界というのはヨーロッパ中心で、モントーヤの報道はかなり歪められていると。俺がショックを受けてファンを辞めたくなったヴィルヌーブに対する「オマエだって人を殺してるじゃないか!」という発言は、彼が○×△の関係だからじゃなく、単純に自然児だからという話。要するに彼は一時のアイルトン・セナ状態。歪められた報道がなされているということだ。
本当はどっちなのかわからないけどね。ホントだったらうれしいもんだ。とりあえずモントーヤがんばってくれ! 結果を出せ! と言いたいです。ウー!

2002年04月14日

[ コージの告白2002 ]

やっと繋がりました

すいません。スペインのバレンシア以降、なぜかHPが見れず、今日に。いやー、長かった?
しかし充実してましたね。F1ドライブにエスパニョール観戦にそのた諸々。お約束のフラメンコもみたし、闘牛は見れなかったけど闘牛場はいった。
でも今日は帰ります。続きはまた明日! ではアリデベルチじゃなくて、アデュー

2002年04月07日

[ コージの告白2002 ]

バルサ到着、テレビでは…

さきほどバルセロナに到着いたしました。とうちゃん食う?
なんて話はさておき、朝起きてちょっと原稿書いてたらバイクの世界GPのTVをやってるわけよ。ずっと垂れ流しで。
映像は向こうのノリだし、さすがにスペインじゃ人気あるんだなぁ…とかノンキに考えてたら、確か今日は日本GPなはず。おかしいなぁ。看板には「なんとかウォッカ」とかいっぱい出てるし、とても日本にゃ見えない。???
でもね。1コーナーみてたらどうにもどっかで見たような映像。で、やっとテロップに「SUZUKA」の文字が。そ、やっぱSUZUKA、LIVE映像だったのだ。うーむ。
もうね。単に俺が知らなかっただけってのもあるけど、こっちから見ると「SUZUKA」は日本じゃない。ペースカーはBMWのZ8だし、ノリは完全にヨーロッパ。やっぱバイクの世界GPはヨーロッパのものなんだなぁって実感いたしました。
じゃ、ちょっと寝ていい?

2002年04月05日

[ コージの告白2002 ]

うわーい!!

こ、こんなにオイシイ仕事があっていいのだろうか? 数年前に『東京一週間』で連載してた素人モデルドライブ企画以来かもしれない。なんせF1に乗れて、ギャラまで貰えるんだから!
繰り返しになりますが、俺は明日から一週間スペイン&フランス。それもF1取材、しかもなんと「乗る!」取材であーる。
知ってる人は知ってるだろうけど、今、フランスのミシュランタイヤ様がF1に乗れる! 企画を一般に公募している。で、それの先取りインプレッション取材。
クルマは'98年のアロウズらしい。そのほか、F3やルノー・クリオのレーシング仕様にも乗れる。うーむ、信じられん。
で、ついでに俺とKカメラマン氏はひと足先に行ってリーガ・エスパニョーラまで見てこようという不敵ぶり。ますますうーん…幸せ過ぎて自分がコワイ! なーんてね。仕事よ仕事。ガッハハハー。
ま、ちょっくら行ってきますわ。CHAO!

2002年04月04日

[ コージの告白2002 ]

日本でW杯が成功する最良の方法

またまたサッカーネタ。
実はね。俺自身、それほどサッカー韓国日本W杯をみたいと思ってない。っていうか見たいけど別にテレビでいいや、って思ってる。チケット1万円ぐらいならわかるけどね。2万3万、ましてや10万近く払ってまで試合を見に行く気にならない。だったらスペインやイタリアで次にW杯やった時に行きたいかも? とか考えてた。漠然と…。
なんでか。やっぱ日本でサッカーみるより、イタリアやスペインで見た方が楽しいからなんだよね。違いは簡単に言えば「ノリ」。先日イタリアでラツィオvsASローマのダービー見た時も思ったけど、いわゆる「鳥肌立つ系」で、俺は別に立たなかったけど、理屈抜きで盛り上がるし、興奮するわけよ。スポーツの試合っていうより、ライブであり、たぶんドラッグパーティ!?
なんでなんだろ。ラテンの人はノリいいからかなぁとかボーッと考えていたらわかった。あのね。サッカーの本質とは戦いなのだ。つまりは擬餌戦争。結局、クラブ同士でもダービーが盛り上がるのはいわゆるひとつの近親憎悪であり、永遠のライバル、ガキ大将同士のケンカだからこそ。観客も思いの丈を思いっきりブチ込める。
となれば当然ナショナルチーム同士の戦い、隣国、それも同じラテン系で長い戦いの歴史を持つフランスvsイタリアや同じヨーロッパのフランスvsドイツなんてこの上なく盛り上がるわけで、しかも地元開催のW杯で決勝だったらなおのこと。
例えば少し前のW杯スペイン大会で決勝、イタリアvs西ドイツなんては凄かっただろうし、前回フランス大会でもフランスvsブラジルで、フランス勝ったんだからそれこそ死ぬほど盛り上がったと思うよ。それを生でみれたフランス人は間違いなく自分がそこにいれる幸運を神に感謝したと思う。
だからね。今回日本で行われるW杯にいまいち盛り上がれないのはそのせいなのだ。正直、日本代表は一次リーグは運良く勝ち抜けたとしても、後は適当に負けちゃうだろう。となると例えば日本で準決勝「ブラジルvsフランス」を見ようが、決勝「フランスvsアルゼンチン」を見ようが、結局は借りてきた戦い。俺達が心底そこに共感を得ることはできない。ましてやサッカーに興味のないオジサン、オバサンはね。
でもね。もしもまかり間違って決勝『日本vs韓国』でスタジアム横浜、しかも勝ったりしたら大コーフン。心臓止まる老人も出てくるんじゃないだろうか。もしかして。
歴史や過去の戦争にはかなり鈍めのわが国民としても、日本と韓国の関係にはさすがに複雑なものがあるわけで、それがW杯、それも地元の決勝で相対するんだからさ。もはや理屈抜きの血のたぎりがある。スッパリ勝負が決まるにしろ、疑惑のゴール、疑惑の判定があるにせよ、おそらくその時になって日本人も初めて、「サッカーは戦い」「W杯は擬餌戦争」だと知るんだろうな。
そんな時は当分こないだろうけどね。残念ながら。
とりあえずW杯の成功はつくづく「日本代表」の戦いぶりにかかってくると。そういうわけですな。

2002年04月03日

[ コージの告白2002 ]

6?14日はスペイン&フランス。ついでにリーガも!

報告しておくけど、オレ、今週末から海外出張に行ってきます。今度はスペイン&フランス。おいしいなぁ。我ながら。
それもね。F1に乗るという企画。詳しくはまた今度だけどタダでも行きたいって感じだよね。その上、ギャラも出るって話だからつくづくこの仕事してよかった?。
詳しくは6日から14日の間だけど、たぶんサッカーも見ます。今度はリーガ・エスパニョーラ。RマドリーとかFCバルセロナは絡まないけど、とりあえず見ると。うーむ、なにしに行ってんだか!

[ コージの告白2002 ]

サッカー日本代表よりおもしろい!!

日本三大疑問!? のひとつなんだけど、バイクのさ、世界GPってなんで日本で人気ないんだろうね。だいぶ昔からの事実で、今週末も鈴鹿で日本GPが行われるんだけど、ホント不思議。俺は今回再び海外出張で行けないんだけど、マジ行きたい。
先週現500ccチャンプの天才ロッシくんを取材してつくづく思ったけど、要素はホントに揃ってます。ホンダ、ヤマハ、スズキと日本メーカーが揃ってる上、どれも強い。さらに加藤大治郎、原田哲也、ノリック、青木兄弟、上田(植田?)そのほか日本人は数々いて、どれも速くて強くて個性的。加えてレースは抜きつ抜かれつでバトルの面白さはF1の比じゃないし、オマケにスピード感もサイコー!
どっかおかしいんじゃないの? 日本人って感じ。
マジ、サッカー日本代表の試合よりオモシロイかもしんない。F1よりもWRCよりもオモシロイかもしんない。原因はいくつかあって、「バイクは日本で害悪視されてる」とか「クルマと違って単純に趣味のもの」という意見もあるが、なによりきっと感受性にぶってるんだろうなぁ。俺も含めて現代日本人。あと男のコに限って言えば虚勢されてる。特にスピード、クルマ、レーシングに関してはそう。完全に「立たなくなってます」。
あれ見て立たないとね。男じゃないと思うよ。俺は。
だからヒマあれば直接見に行ってちょ。

[ コージの告白2002 ]

今年の世界GPの行方

さっきの続きだけど、結論から言っちゃうと今年のモトGP。4ストロークエンジンの勝ち、もっと言っちゃうとロッシの勝ちってのが大方の予想らしいね。今年から最強最速の500ccクラスは990cc4ストロークエンジンも出れるようになって、新たに「モトGP」ってカテゴリーになったんだけど、最近のテストだとさ。4ストバカっぱや。コースにもよるけど、2ストに3秒ぐらいの差を付けてるところもあるとか。で、しかも乗るのが去年チャンプをとった天才ロッシ。まさに鬼に金棒。
ただね。今年、モトGPに上がった日本の天才、カトー大治郎君は4ストマシンに比べ、若干落ちる2スト500ccマシンなんだけど、それでも事前テストでは去年同じマシンに乗ったロッシより速いタイムで走るとか。あと、500ccマシンは軽量って事もあって、単純にラップタイムでは劣ってもそれ以外の要素が違う。
つまり4スト+ロッシに2スト+大治郎や同じ2スト+原田哲也がどう絡んでくるかがキモ。ホントは大治郎や原田選手にもロッシと同じマシン乗って欲しいけどね。
まあとりあえずは開幕が楽しみであーる。

2002年04月02日

[ コージの告白2002 ]

「不敗神話」というもの

オレは新聞によくある「不敗神話」って奴がキライだ。っていうか間違って使われてるんじゃないかと思う。○×局が中継している代表の試合は負けない! とか誰誰がホームで出てる時は負けない! とかくーだらない。読売のナベツネレベルの手前ミソ記事、もしくは単なるデータ遊びじゃないかって思う。
ホントはね。昔の大相撲の双葉山だとか、千代の富士みたいな超人に使われたんじゃないのか? そういう場合に初めて人は「不敗神話」に感動するんじゃないのか?
選手本人がね。クツを右側からはくと負けない! とか料金所の左端をいつも通るとか負けない! ってのを信じるのはいいと思う。だけど新聞の他愛ない「不敗神話」は安易に使い過ぎ。
ってホントはどうなんだろうね?

2002年04月01日

[ コージの告白2002 ]

どんどん変っていく

いまさら言うのもなんだけど、最近日産さんからくるリリースでほぼ英語になっているのがある。発表会等のリリースなんだけど、最初のクルマの紹介は日本語なのに、会場案内は完全英語だったり。「ACCESS」とか書いてあったりね。
うーむ、大した事ないんだけどつくづく新時代。恐ろしいというか楽しみというか。

[ コージの告白2002 ]

どーなってんのトヨタF1快進撃!

トヨタさん自身もそう思ってるだろうけど、どーなってんだろうね。トヨタF1快進撃。緒戦の6位入賞はタナボタとしても昨日のブラジルGP6位はちと違う。予選も確か10位だし、完全セカンドグループ定着って感じ。
正直、予選落ちをも覚悟してたんだけどね。別にトヨタを応援してないわけじゃないんだよ。それどころか応援してるくらいだけど、貧乏性なのか、基本的に予想外にラッキーだと逆に恐くなる。世界はそんなに甘くないはずなのにぃ…。
それともトヨタの方法論がよっぽどすごいんだろうか。聞けば「耐久性優先」って話なのにね。予選の最高速もそれほど悪くないらしいし、厳しいF1の世界でいきなり予選10位とは。ハッキリ言って出来すぎである。
それにしてもトヨタさんの役員ってのは幸せもんだよね。男の幸せってのは結構集約されるものらしく、ゴルフ好きだったらゴルフ場の設計とか、すもう好きだったらタニマチとか、ギャンブル好きだったら場主でダービーに勝つとか、いろいろあるけど、レース好きだったらもちろんレーシングチームを持つこと。中でもF1チームを持つってのはハンパじゃないからね。しかもいきなり6位!
まあ個人で持ってるわけじゃないんだろうけど、日本のサラリーマンとしては破格の快楽だと思う。一部、妙にハマる人もいたりして。F1の世界、特にトップの政治的な部分はかなり麻薬性あるらしいからさ。

2002年03月28日

[ コージの告白2002 ]

日本完勝! で…

昨日、TVでサッカー日本代表ポーランド戦を見た。勝った。ほぼスキなし。親善試合とはいえスゲェ。
で、中田クンがよかったとか、そういうこともあるんだけど、一番意外だったのは守備。フラット3は「やばい」って話だったのにね。なんであんなに上手くいったんだろ。岡田元監督も言ってたけど、決定的場面はほぼなかったように思う。俺、トルシエって基本的に信用してないのにね。やっぱいいのかなぁ。彼の戦術。
あともちろんよかったのは中田くんですな。体調がよかったとか、時差のぼぼないヨーロッパから来たとか、前の試合でよかったとかあるんだろうけど、別格でした。決定的凡ミスもあったけど。
こないだ元浦和レッズのフロントだったという人とも話したけど、彼ってつくづく神経太いんだってね。新聞で言われるほど、自分の不遇状況について悲観してない。「ま、しょうがない」ってな感じらしい。確かに彼のHPの日記とかみてもそうだもんなぁ。
俺が思うに、里谷たえ並みに神経太いんじゃないでしょうか。この本番強さ。ここで実力発揮してないと、今後なに言われるかわかんなかった。で、見事結果だしました。とりあえずW杯までは安心して見られそう。さすがですな。

2002年03月26日

[ コージの告白2002 ]

春のお悩み

もう4月である。早いもんだ。ところでこないだおもしろいメールがあった。俺の読者様みたいで、大学受験が終った某学生さん。これも読んでるかな?
彼はマジメに将来クルマメーカーに入りたいと思っていて、ただ第一志望には残念ながら受からなくて、その大学で大丈夫か? と言う質問であった。いわゆる「早稲田慶応の理工学部じゃなければダメなんじゃないか」ってな感じ。
非常にマジメな悩みである。で、俺は正直、現状はわからないがこう答えた。確かに有利だが、それだけでは決まらないと。
俺の時代がそうだったのだが、確かに早稲田慶応、東工大、もちろん東大だったらメーカーには入り易いと思う。実際、トヨタ、日産さんなんて東大出身者も多いしね。でもね。例えその大学に入っても、推薦枠争いはあるし、絶対ではない。あとそれ以外の大学でもいっぱい入ってるってね。それからこれは書かなかったけど、俺が就職するとき聞いた話では、どんなに有名会社で買い手市場でも「成績優秀、有名大学出身だけはとらない」のが原理原則。
そうなんだよね。結局、会社組織であり、人間社会だけだからいろんな人が必要なのだ。当たり前だけど。
でね。メチャメチャ大変な正論を言った。「受験し直す暇があったら、その大学でトップの成績を取れ」と。そしたら必ず、とは言わないけれどかなりの確率で入れるんじゃないか。あと専門に加えて「英語を勉強しろ」と。これ、ホント役にたつと思います。日産なんか今や英語使えないと、人まで「使えない」ってされちゃうみたいだもんね。マツダや他でもそうだと思う。
どちらも言うのは易しな話で大変だと思うけど、間違ってはいないはずだ。がんばってください。
あとさらに余裕があったら、中国語勉強するといいかもね。これまた理想だけど。

2002年03月23日

[ コージの告白2002 ]

花見をしました

昨日はちょっとだけ花見をしました。だって満開だもんね。
で、いつも思うけど花見って最初に感動してあとはどうでもよくなるよね(俺だけ?)。スキーも海もそう。最初に雪山やら砂浜やら見て「ウォーッ」と思って、そのうちどうでもよくなる。「暑いなぁ」とか「寒い?」とか。
昔はね。それってへんかなぁとか思ってたけど、最近はそれこそ真理なんじゃないかと思ってる。感動はインパクトなんだよね。次の感動は別のところにあると。難しい言い回しだけど、俺はそう納得しております。

2002年03月22日

[ コージの告白2002 ]

ひさびさ!昨日はゴルフしてしまいました

鈴鹿でヴァレンティーノ・ロッシ様インタビューなどをしてたら今日になってしまいました。すびません。
そのことは今度くわしく書くとして、ところで昨日はレースジャーナリストの山口さんの主催のゴルフに!星野一義さんやら鈴木アグリさんやらいてびっくり。とくにアグリさんメチャウマ。さすがだなぁと思ってしまいました。
勝手に分析しちゃうとレーシングチーム監督になって余計ゴルフやってらっしゃるんじゃないでしょうか。スポンサーさんの付き合いとか大変そうだもんね。あとやっぱ勝負のカンどころとかわかってるんだろうなぁ。すごいもんだわ。
でもね。清水和夫さんによると「中嶋悟さんと星野さんの“ニ〇った時の強さ”は半端じゃない」とか。やっぱね。鍛え方がちがうんだろうなぁその種の方々は。俺たちの世代、生ぬるいもんね。やっぱ。

2002年03月18日

[ コージの告白2002 ]

ヴァレンティーノは織田信長か!?

明日はスズカでヴァレンティーノ・ロッシ君の取材だ。いやロッシ様といった方がいいか。そう、去年のGP500のチャンピオンで弱冠22歳。しかしその天才度では他の追従を許さないとか。
一見、おちゃらけたパフォーマンスが有名だが、もしや織田信長タイプだったりして!? わかったら報告します。っていうかベストカーの連載で掲載するんで見てね!

[ コージの告白2002 ]

レース参戦発表!

さっきHP←にアップしたばかりなんだけど、今年の俺のレース活動が決定した。5月にツインリンクもてぎで行われるJOY耐。去年と同じ旧型ホンダ・シビック・タイプRで出る予定で、前回は夏だったのが、今年は春になっており、暑くなくてラッキーって感じ。
今年こそトップ争いに絡みたいものだが、はてさてどうなることやら。詳細わかったらまたご報告したします!

2002年03月15日

[ コージの告白2002 ]

21世紀、ルノーはなんと反体制!?

昨日、ルノーの新しいルーテシアの試乗会に行ったんだけど、すんごい重要なことを教えてもらった。今後のルノーは「ノン・コンフォーミスト」(体制によらない)って首脳陣はハッキリってるんだって。考え様によっては「反体制」。
具体的にはベンツやBMWやトヨタに乗りたくないような人が乗るクルマということ。「アーティスト」とか「革命家」とかさ!?
革命家はオオゲサだけど。でも確かに最近のアバンタイムやベルサティスなど造りがホントにキてる。デザインにしろ構造にしろ明らかに「普通の人には乗ってもらわなくて結構です」ってメッセージを発してる。昔からルノーにはその気があったけど、EUが統合した今、ますます先鋭化してるんだね。クルマ造りが。いやいや先が楽しみ。いい勉強になったわい。 2002/3/15
21世紀、ルノーはなんと反体制!?
昨日、ルノーの新しいルーテシアの試乗会に行ったんだけど、すんごい重要なことを教えてもらった。今後のルノーは「ノン・コンフォーミスト」(体制によらない)って首脳陣はハッキリってるんだって。考え様によっては「反体制」。
具体的にはベンツやBMWやトヨタに乗りたくないような人が乗るクルマということ。「アーティスト」とか「革命家」とかさ!?
革命家はオオゲサだけど。でも確かに最近のアバンタイムやベルサティスなど造りがホントにキてる。デザインにしろ構造にしろ明らかに「普通の人には乗ってもらわなくて結構です」ってメッセージを発してる。昔からルノーにはその気があったけど、EUが統合した今、ますます先鋭化してるんだね。クルマ造りが。いやいや先が楽しみ。いい勉強になったわい。

2002年03月14日

[ コージの告白2002 ]

グリーンミシュラン知ってますか?

ってなわけでイタリア。いろいろ面白かったけど、実は一番よかったのは公園。最終日、レンタカーでひとりローマをドライブしてたんだけど、よくわからないところにいっちゃったわけよ。ちょっと街のはずれ。そしたらなんかすごい緑があるわけ。思わずクルマとめて、もって来てたジョギングシューズで走り出したんだけど、これがいい。
なんていうかね。そこにはほとんどベンチもない、街灯もない、人口増設物というのが基本的にない。でまあ、緑とか整備されてるんだけどゴルフ場ほどわざとらしくない。そして考えられないほど広く、一面緑だらけにみえる。ここを走るときもちいいのだ。単純に。
これって幸せなんだろうなぁって思いました。人も少なく、それなりに犬連れたりしてる人が来てるのみ。なんで日本にこういうのがないんだろうなぁって。どこもかしこもアスファルトづくめの日本だけど、それってきっと不幸なんだろうなって。
コンビニが多すぎるのもそう。「不便」を楽しめないし、それはすなわち「自然」を楽しめないことに繋がる。
生活大国、っていうのはこういうことなのかと。
で、実は前に教えてもらってた「グリーンミシュラン」なるガイドブック。あのレストランガイドのミシュランが出してる奴で、ヨーロッパ各地での「緑」を紹介してあるんだけど、そこでハッと思いました。もしかこれを紹介してるんではないかと。
今回行ったのはたぶん「ローマ公園」みたいなもので、他にももっとあるかもしれない。ぜひ他にも行ってみたい。そう思いました。
もしももっと見つけたらご紹介します。こうご期待!

[ コージの告白2002 ]

しかしムネオは…

しかしムネオ問題は笑えるよね。イッキ大放出。でもちとやりすぎだよね。外務省も最近じゃあっさり疑惑を認めてるし。トカゲの尻切りもいいとこ。逆に見え見えで恥ずかしいくらいだけどね。そう思わない?

[ コージの告白2002 ]

勝ってカブトの緒を?かそれとも

今日はマジメな話。今年の春闘、つまり給料交渉でトヨタ、ホンダがベースアップゼロで日産がちょい上げらしい。トヨタ経常利益たしか史上最高1兆円突破でホンダさんも景気いいのにね。
なーんて素人考えなんだろうけど、だからよっぽど大変なんだよね。日本の製造業。あと不況。
トヨタの組合もよく納得したよなぁ、っていうか実は下げたいくらいだったりして。
だから俺も考えないとね。つまり原稿料下げる!?いやそれはつらいぜ、組合ないし。っていうか完全生き残り厳しいわけでね。自由競争だから。一応。
がんばらねばー!がんばらねばー!ってね。一応。
みなさん応援してください!!

2002年03月13日

[ コージの告白2002 ]

日本到着! ローマは“世界の落語”だ

昨日夕方日本に帰ってきました。そこで一言。ローマは“世界の落語”だ!と言いたい。というのもね。わかっていても笑わせられる→わかっていても感動しちゃう街だからだ。
俺、正直観光ってバカにしてたんだけど見るまでわかりせんでした。ローマってスゴイ。コロッセオはやっぱすごいし、バチカン市国もスゴイ。ローマ法王もインパクトあったし、なんかいろいろ「紀元前」だの「古代ローマ時代」だのね。すごいと思いました。
日本じゃありえない。きっとエジプトも万里の長城もすごいんだろうね。日本の京都も向こうの人からみるときっとそうで。
一回は行ってみるもんだ。そう思いました。
素直だな、俺って!?

2002年03月11日

[ コージの告白2002 ]

ローマ速報4ローマ人バカは本当だった!?

ただいま夜中12時過ぎ。スタジオ・オリンピコでのセリエAラツィオVSローマ戦、通称ローマーダービーなるものを見てきました。結果はローマ5のラツィオ1でローマのバカ勝ち。それはそれでいいんだけど、ローマ人バカってのは本当でしたね。
というのも前にミラノのイタリア人と話した時、「ローマ人はバカだ」って言ってたのね。去年、優勝したときいつまでも「うおおお」って騒いでるからって。ミラノ人はそんなことしないと。
別にいいじゃん、とか思ってたんだけど、今日は本当にバカだと思いました。だってほんとずっとさわいでるんだもん。
クルマで帰るとき、バイクからクルマから「プップップププ」ってクラクション鳴らしてるからたかがダービーの一方的勝利でバカだなぁとは思ってたわけ。別にシリーズ優勝したわけじゃないのにさ。
と思ったら市の中心部に入ると妙に渋滞してて、なんとヤツらがそこらをぐるぐる回ってんの。当然クラクション鳴らしながら。警察もいっぱいでてて、ななんと俺のホテルの近く、帰るときに通らなきゃいけないポポロ広場なる広場の周りの道が渋滞してんのよ。奴らで。
単純にバカ騒ぎしてるだけ。「ウォォォォ」とかいってハタ振りながらハコ乗りしてる。
眠い俺には大迷惑。さっき家にやっと帰れたという次第。
でもまあ、あれで真剣に騒げるってのはステキだよね。そのバカ具合が。バカってちょっと羨ましいなあと思いました。
ほんと、まだ窓の外で奴ら歌ってます。

2002年03月10日

[ コージの告白2002 ]

ローマ速報3コンシェルジェの真価

えー、今回の最大の目的のひとつはカルチョ、つまりローマにてローマダービーを見ることなんだけど、もちろんチケットなんて買っていかなかったわけよ。めんどくさいし、だいたい買えない。現場でダフでも買えばいいかなと。多少高くても面白いかなと…
と思ったら今回マツダさんのおかげで泊まった高そうなホテル。ダメ元でフロントのコンシェルジェ(よろず相談役)に頼んだら、なんと前々日なのにゲット。しかも「モンテ・マリオ」なる「社長さんとかえらいひと」しかこないシートだそうで、お値段、正貨が98ユーロで、この場合、150ユーロ。意外と安い。
まあとにかくこちらの「ローマダービー」ってのは異様で、特にASローマは現在首位争い。超プラチナチケットなのに即日手に入るとか。高いホテルのコンシェルジェとはこういうもの、っていうか高いホテル代にはこういう「よろず相談代」ってのが入ってるんだと認識しました。面白いもんだよね。
それから今日、ユーべ対インテルっていうこれまたゴールデンカードをやってんだけどこちらじゃみんなでマックで見れるのね。これまた面白かった。じゃあまた。

[ コージの告白2002 ]

ローマ速報2

久々にまずくて食えないものを食った。ローマで入った中華屋さん。ホテルの近くで中心街。スープ&ヌードルとか表示があったんで、ラーメンに近いかな?と思ったら絶句。
なんでこんなにまずいもの造れるんだろうか。回鍋肉も最悪。まずい焼き豚とたけのこが炒めてあります。中華なら安定してるって聞いたんだけどね。味が。やっぱどんなにまずそうでもイタリア料理の穂がいいや、って感じ。

2002年03月09日

[ コージの告白2002 ]

ローマ速報1!キリスト教の恐怖

今はローマですそうイタリアの。
いや驚いたね。初めてなんだけど。おのぼりさんになってます。サンピエトロ寺院がなんて怖い。神秘的っていうより俺には権力の象徴で、このためになんにんも死んだんだろうって感じ。
あと遺跡がいちいち「紀元4世紀」とか「紀元前」とか。威圧的だよね。イタリアン・ファッションが威圧的に思えてきました。
地下鉄がなかなか作れないのも遺跡があり過ぎるからなんだって?ひたすら「ふーん」の連続。一日で「ふーん」をこんなに言ったのは初めてなんじゃないでしょうか。
それよっかレンタカー借りてのドライブはなかなかエキサイティング。初めてなのはもちろん、周りがメチャクチャだからね。

2002年03月07日

[ コージの告白2002 ]

ジュネーブ速報

原稿書きで一日ホテルにいたらあっという間に夜中になってしまった。で、ふとメシ食いに行こうと思ったらなんにもないのね。こちらって。腹減った?。でもいい機会なんで断食するか!?なんちゃって。
後昼間、湖の側を走ってみました。景色いいね、やっぱり、と思っていたら犬のウンコが。糞害に憤慨!なんてシャレ言ってる場合じゃないけど、世界的なもんなんだなぁなんて妙に関心。犬飼うってやっぱ大変だよねと思ってしまいました。ジャン。

2002年03月06日

[ コージの告白2002 ]

モーターショー速報その2

あとさ。「オタク」で思い出したけど、ヒョーロンカのパンダさんによるとアメリカじゃ「オタク」って自慢なんだってさ。誇りっつうか。「OH、アイム、アニメーションオタク、ベリーハッピー、アイライク、エヴァンゲリオン」とかなんとか言ってたりしてさ。なんちゃって。で、やたら日本のマンガに詳しいんだとか。
そこで思ったけど、要するに最近、人間は年齢じゃ切れないって言うけどもっと言うと「人種でも切れない」んだろうね。アニメが好きな人は何歳でもいる、どこにでもどの人種にもいると。なんつーかDNAなんだろうね。面白いよね。明るいオタク。でも本来、そういうもんだと思うけどね。日本がおかしいんだよね。オタクは暗いって決め付けが。卓球が暗いとかさ。俺、卓球好きだよ?

[ コージの告白2002 ]

コージ流ジュネーブショー速報!

疲れた疲れたホントに疲れた。モーターショーは疲れるよほんとに。でも面白いのあったね。一番はVWのフェートン。VW初のベンツSクラス級の高級車ってだけでなく、おかしいんだからさ、中身が。W12気筒ってエンジン知ってる?6●で420馬力ってのも凄いけど、なんつーかな。構造がキてる。
だって3●V6を二つ繋げて「W」字にしてるんだよ。頭おかしいんじゃないの?アンタ、って感じでしょ。まあその分エンジンが小さくなってスペースが稼げるって大義名分はあるけど、それより単純にエンジニアが作りたかった!が本音なんじゃないの。
でもいいよね。そのおバカなこだわり。まさにゲルマンのマッドサイエンティスト。『バックトゥザフューチャー』のドクみたい。
ベンツが造った『マイバッハ』も笑えるね。往年の超高級車の復活でバカでかいボディにバカでかいV12エンジン積んでるんだけど、それより黒いガラス越しにしか見れないってのが笑撃!パンダじゃないんだからさ。上野の。出し惜しみも結構だけどやりかたがね。
それから確か『ベンチュリー』ってマイナーメーカーのね。新車かコンセプトカーがキてる。その超コークボトルラインのデザインもそうだけど名前が確か『FETISH』。田代まさしじゃないんだからさ。全面に出したオタク色がステキです。
あー、おバカなクルマは面白い!

[ コージの告白2002 ]

モーターショー速報3

前も言った気がするけど、なぜにモーターショーが疲れるのか。歩きもあるけど、それは一種の「残尿感」なんだよね。「やり残し感」っつうか。いろんな新車が出て、でも時間ないから一台5分ぐらいしかチェック出来なくて後ろ髪ひかれまくり。後、俺なんかだといろんな業界の人来てるでしょ。たまにしか会えない広報マンとか編集者だとかライターとか。あと気になってたコンパニオンちゃんとか!?結局どれも中途半端で終わって、だから疲れるんだよね。「ああ、もっと話せばよかった」とか「もっとチェックすればよかった」「あの人、見かけたけど誰だっけ?」とか。
ある人に「オマエは欲張りなんだよ」といわれたけどそうかも。こういうときは損だよなぁ。俺の性格。

2002年03月05日

[ コージの告白2002 ]

ジュネーブより

ただいまー、おれはー、ジュネーブにつきました。ジュネーブからだいたい1時間離れたモントレーってとこから日記かいてますぅ。あのね。ジュネーブショーって、人口約10万人ぐらいの町に100万人ぐらいくるんだって。だから満杯。
今はホテルであります。結構寒い。眠いから寝ます。では。

2002年03月04日

[ コージの告白2002 ]

ジュネーブへフライト! &「利家とまつ」の謎!?

午後からジュネーブへ、ローマへ行ってきまーす!(12日帰り) 耳からスパゲッティが出るくらい食べてくるぜ! ローマダービーも見てくるぜ!! ってなにしに行くのか。
ところで唐突に思ったけど、今NHKでやってる大河ドラマ「利家とまつ」。なんか懐かしいなぁって思ってたんだけど、やっとわかった。「トミーとマツ」に似てるんだよね。
昔、民放でやってた刑事モノで、松崎しげると国広富之が主演。なんせ最初の「ト」と間の「と」と最後の「マツ」まで一緒。笑っちゃうよね。サブリミナル狙ってたりして!?

2002年03月03日

[ コージの告白2002 ]

ポルシェ最高でした

今日、昨日とポルシェで仙台行ってきました。91年モデルなんだけどね。911。改めてビックリ。良くできてます。高速道路の距離が短くなったように錯覚。驚くほど進化してました。
その進化の質はなんだな。ゴルフクラブがチタンから高反発チタンになったよう。単なるブランド商品というのではなく、久々に「進化し続けるいい道具」。
こないだフェラーリ360に初めて乗った時も思ったけど、もはやこの手の商品は日本じゃ太刀打ちいかないよね。例えばNSX。出た時は確かに問題はあれど良くできていたし、世界最先端の部分(乗り易さでね)の部分もあったけど、もはや同時期に出ていたフェラーリ328は→348→355→となって現在360。3回もフルモデルチェンジしてる。返すNSXはマイナーチェンジ数回。だめだこりゃ。
だからさ。結局技術力っていうより市場の質のかもね。この手の商品を買う層が日本にはいないから、造る力があってもクルマが造れず進歩しない。結局、世界レベル、特にアメリカで売るブランド力、商品力がなきゃいけないわけよ。ポルシェとかフェラーリとか。
スーパーカー、もしくはスーパースポーツって難しいよね。

2002年03月02日

[ コージの告白2002 ]

石原プロって宝塚なの?

なんかさ。昨日新聞で見たけど、石原プロって未だ「21世紀の裕次郎を探せ」みたいのやってるよね。グランプリの男が決まって、ソヤツが「霊前に向かって○×△」って言ったとか言わないとか。
読むたび「終ってるよなぁ、石原プロ」って思うけど本当はどうなんだろうね。「裕次郎ブランド」って今もあるのかな。年配の方々、それとも意外と同世代に影響力!? そういやこないだ「西部警察バカ」さんを取材したもんなぁ。我がクルマバカ連載で。いい人だった?
ここまで根強いともしや石原軍団ってのは、宝塚のヅカファンみたいにある種の世界を形成してるのかって思っちゃうけど、本当はどうなんだろう。俺の回りにはいないけど。誰か知ってたらおせーてください。

[ コージの告白2002 ]

Uカー・オブ・ザ・イヤーでお勉強

昨日っていうか一昨日、カーセンサーさん主催の『Uカー・オブ・ザ・イヤー』の発表会にいってきた。中古車の祭典っていうより、今買える全クルマの人気投票なんだけど、ヒッジョーに勉強になりましたね。
なんせグランプリがエスティマで準グランプリがレガシィ。輸入車部門のグランプリがBMW3シリーズで準がニュービートル。憧れ部門のグランプリがNSXで準がセルシオ、ってな具合でヒッジョーに地に足が付いてる。読者様がインターネットで投票する形式なんで、多少はクルマ好きに偏ってるんだけど、世の中、こんなもんなんだろうなぁきっと、って思いました。
俺達みたいに妙に肩凝ってない。自然なのだ。
特に勉強になったのが軽部門1位の三菱eKワゴンとグランプリのエスティマ。軽はさ。中古車まで含むんだからビートとかカプチーノ、あとはワゴンRとか出てくると思ったんだけど、もっと即効性っていうか現実的なんだね。今の最新の人気の新車がトップに。
あとね。エスティマって人気あるんだねぇ。レガシィ人気はわかるけど、あのデザインがそんなにウケてるなんてさ。俺にはわからんかった。それと実は「ハイブリッド」がウケてるんだってね。みんな結構、許容範囲広いよねぇ。

2002年03月01日

[ コージの告白2002 ]

アクアラインを700円に!

ここんとこ毎週のように木更津に行っている。アクアラインで。
スバル・フォレスターにオペル・アストラ・カブリオレにマークⅡブリッドにって試乗会が続いてるんだけど、驚いたのが木更津の空き具合。なんとまあスカスカなのだ。
見渡す限りの畑や山で道はわりと整備されてるし、信号は少ないし、海も近いしいい場所だと思った。ノンキな田舎だなぁと。一千万円くらいあればかなりいい一軒家が買えるんじゃないでしょうか。もしかして。
でね。ここが肝心なんだけど、我が五反田の事務所からほぼ1時間で確実に付ける! 素晴らしい近さなのだ。マジ、アクアライン往復6000円というバカバカしい値段がなければ今すぐ住みたいと思った。片道700円になればね。もっといいのは、首都高と繋げてタダになればね。
増えるであろう木更津の住民税で高速代もまかなえるんじゃないでしょうか! とにかくいまのままではアクアラインもったいない。そういうことを政治家さんは考えるべきなんだよな。きっと。

2002年02月28日

[ コージの告白2002 ]

来週は休む! の予告

いまから予告しておこう。俺は4日、月曜日の午後から12日の夕方まで海外に行っちゃいます。行き先はジュネーブ&ローマ。こうみると優雅だな。むふ。
えー、パソコン持っていくのでタマには更新するけど、あんましないと思う。なんせ毎晩酔っぱらっているので!?
思えば前回海外行った時は見事同時テロが起りました。果たして今回はどうなるか? 人生、未来はわからないよね。

2002年02月27日

[ コージの告白2002 ]

日産マーチに注目

今日はマジメなクルマ話を。昨日、日産マーチが発表された。トヨタのヴィッツ、ホンダのバカ売れフィットと強力ライバルのなかで、どう戦っていくかにも注目だけど、業界的には事実上の初の「オールゴーン新車」なことに注目だ。
なんていうかな。すっかり経済ヒーローになっちゃったカルロス・ゴーンさんだけど、極端な話、新型シーマにしろ、スカイラインにしろ今までの話題の日産車は彼が手がけたものじゃないのだ。
開発の大半、もしくはコンセプトメークは彼がいない時代に作られたものであり、ゴーンさんは途中参加。デザインやプラットフォーム戦略など、基本から彼の体制で造ったのはこれが初めて。
えー、ゴーンさんが来てから確か3年目か、4年目か、忘れちゃったけどクルマの開発にはそれくらい時間がかかるってわけ。
あとね。知ってる人も多いけど、リバイバルプランが成功したと言われている日産だけど、クルマ自体は売れてない。そ、本当の成功はこれからなのだ。
いったいどうなるんだろうね。俺は応援したいけどね。開発のMさんとか広報のSさんとかYとかおもしろい人もいるしね。まあがんばってちょーだい!

2002年02月25日

[ コージの告白2002 ]

ムネオは必要悪なのか?

出張が続き、今日になってしまいました。すびません。
ところでこないだ新聞に出てたら、とある暴論で「鈴木宗男を総理大臣に!?」という話が乗っていた。なにぃ? と読んでも内容は良く分からなかったのだが、もしやこういうことなのか。
確かに献金もらってムネオハウス建てたり、省庁を自分のもののように扱うのはよくないが、例えば北方領土の件で日本の言い分を正しく伝えていたり、上手に現地の人に恩を着せていたりとか、外務省でもただひたすら自分の儲けを拡大することばかりをしていたわけではないとか。
勉強不足なので良く分からないが、そういうこともありうるとは思いました。田中角栄の汚職は悪いけど、彼のやった功績ももちろん大きいと。それの矮小版なのかもと。
わかりませんけどね。罪と功績、両方を冷静に正しくみたいもんであります。

2002年02月20日

[ コージの告白2002 ]

スバルのスゴさ

で、今日はスバルの試乗会に行った。新フォレスター。クルマはすげぇ正常進化でよかったんだけど、この会社全体に渡って「大ハズシがない」というスバルのスゴサ。
エンジニアの長野さんに聞いて秘密の一端がわかった。それは「スバルのエンジニアはすっげぇマジメ」「すっげぇクルマ好き」ということ。一見当たり前のようだが、これが違う。確かにホンダのエンジニアもトヨタのエンジニアも日産も日野も等しくマジメなんだけど、マジメの質が違う。
なんていうかな。スバルの場合、ヘンにマーケティングはしてないのだ。「一発当てよう」「流行の物を作ろう」「ブームを造ろう」という意識はない。長野さんも言ってたけど、「本物を造ろう」という意識が高い。さすれば「いつかは認められる」。そんな感じかな。まあホントはそれだけじゃないと思うけど。
そういう意味で「マジメ」、なんというか良質の職人の集団なのだ。自分のウツワを熟知してるというか。
人でもいるよね。大学を出てOLをやってるだけなのに真顔で「小説家になりたい」という人。いや、誤解しないでね。別にいいと思う。それで当てる人もいるだろう。でもね。そういうもんじゃないのだ俺に言わせれば。書く人には書く理由があり、書かなければいけないなにかがある。大抵の場合、幸せに普通に育ってきた人にはそれがない。そして俺があったその子にも感じるものはなかった。ウツワを知らないというか無邪気というか。
話はそれたけど、スバルはやっぱり身の丈をわかってると思いました。その中でがんばっている。夢は大きければいいってもんじゃない。そう思いましたね。

2002年02月19日

[ コージの告白2002 ]

俺におめでとう!

うぅぅ、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、さっき2月19日、午後8時過ぎ、我が『コージでDON!』がリニューアルされました。タッキーありがとう! スナオちゃんもありがとう!!
とってもステキになったと思います(前もステキだったけど)。遂にこのHPも3年目に突入、さらなる発展をせねば! 勝手にインタビュールーム「コージの部屋」なるコーナーも新設いたしましたし、「206CC日記」に「新車でDON!」もがんばんなきゃね。楽しめる範囲で。あはは?。
気が向いた人は新デザインについての感想をお送りください。よろしくよろしく。うーん、俺におめでとう!

[ コージの告白2002 ]

大統領来るのもいいけどね

ブッシュ大統領来るのもいいけど、首都高閉鎖。ちょっとツライね。日本が一応アメリカと仲がいいってことを示せるんだろうけど、ジャマくさいものはジャマくさい。まさしく市井の人々として。
今日帰るんだろうけど。早く無事に帰ってください。首都高、地震で崩れちゃったらシャレになんないからね。要人が乗ってる時。

[ コージの告白2002 ]

ホンダのスゴさ

先日、新型軽自動車「That's」の試乗会にいった。クルマについては今度、新車でDONで語るとして最近のホンダ車の秘密。メインエンジニアの人見さんによると「ホンダらしさ」がまだあるとのこと。他と違う、トヨタと違う、つまり昔から流れる「ホンダイズム」いや「ホンダ宗一郎イズム」がそうさせたというのだ。
うーむ、なるほど。昔ほど表面的には見えず、具体的に言うのは難しいが確かにそうかもしれない。詳しくは今度のこのページで立ち上げる新企画でやります。こうご期待!

2002年02月16日

[ コージの告白2002 ]

久々のスキー

ただいま某メーカー様&某評論家様主催のスキー大会に来ている。俺はラップを取ったのだが、まあ全体的に素人ばかりなのでありがとうございますという感じ。
でね。カービングスキーはいてみたんだけど、全然滑り方違うのね。おでれえた。進化してるのだ。まだよくわかってなけど。でも片鱗はよくわかった。スキーにしろゴルフにしろ道具の進歩はおそろしい。俺は古い滑りをしていたらしい。時代は流れているのぅ。

2002年02月12日

[ コージの告白2002 ]

クルマ選びは結婚か?

ふと思ったんだけど、クルマ選びってのは「結婚」に近いのだろうか。俺達は毎度毎度、新車様に乗らせて頂いて、不遜にも「あれがいいだ」「これが悪いだ」「結構欲しい」とか言わせてもらってるけど、なんだかんだで「恋人選び」みたいなもの。正直、永遠に付合ってく気分はないもんね。
でも普通は違うよね。少なくとも車検まで3年とか2年とか、中にはつぶれるまで乗る人までいる。そうなると「結婚」だよね。「恋人」じゃなくて。
重いよねそうなると。付合うだけなら、嫌になったらいつでも止められる(止められないか?)けど、結婚はそういかない。クルマも同じで、そうそう買い替えるわけにもいかない。超お金持ちは違うんだろうけど。(だから超金持ちのクルマ選びってつまんないんだよね。某レーサーの人とか芸能人とか!!)
今、ちょっと反省。毎回そのクルマと結婚! のつもりで記事を書かねば。でも恋人でも本気に好きになっちゃうと違うけどね。別れようにも別れられないというか。だから要するに本気で乗れってことね!

2002年02月11日

[ コージの告白2002 ]

田中マキコがんばれ!

別に田中マキコファンじゃないんだけどさ。今、彼女が議員立法しようとしてる「上級公務員報告義務(名前適当)&終身公務員責任(これも適当)」みたいな法案はいいね。要するに一部公務員が大臣にすべて報告することを義務づける法案と、公務員(政治家もか?)が引退しても、現役時にやった仕事の責任を持たせるようにする法案。
彼女の個人的うらみ! っていう人もいるかもしれないけど、そんなことはどーでもいい。とにかく税金無駄遣いバカヤロウ達は何とかして欲しいし、辞めて責任回避ってのはナシだよね。
っていうか立派な経済的犯罪、政治的犯罪だと思う。狂牛病の件だってそうだ。ちゃんとやらなかった奴は捕まえた方がいい。なんせ店が潰れたり、いろいろしてるんだからね。立証は難しいと思うけど。
だいたい「族議員」ってなんだ。そう呼ばれるってことだけで捕まえたいよ。要するに「甘い血吸ってる政治家」ってことでしょ。死ね! って感じ。
ところで今日、久々に焼肉食いました。上カルビうまかった?はらみもうまかった?。だから思ったね。一度食った人はまた来ると。それもガマンした分また来ると。全国の焼肉屋さん。だからがんばってればそのうち、元が取れる日が来る? かもよ。

2002年02月10日

[ コージの告白2002 ]

五輪は不思議

昨日、っていうか今朝。思いっきりオリンピックの女子モーグルをライブで見てしまった。里谷はマジすごくて、「本番強いで賞」か「神経太いで賞」をあげたいし、銀のアメリカの女子は「なんかウソ臭いで賞」を差し上げたいくらいだけど、それよりなんでオリンピック、それも冬季って直前まで興味もてないんだろうね。
昨日、開会式だなんて当日まで自覚してなかった。でも見始めるとハマるんだよね。不思議。だから、イメージは大した事ないんだろうな。一般的ブランド的価値は低いというか。でも内容は素晴らしいと。特に最近の日本人選手のレベルはね。清水とかどうなっちゃうんだろうね。原田も楽しみだし。なんか俺の中では志村けん的キャラクターになってる。
このギャップが不思議だよね。どうでもいいことだけど。

2002年02月09日

[ コージの告白2002 ]

アメリカは巨人軍?

あと開会式みてて、アメリカって巨人軍、っていうかナベツネみたいな奴らかと思った。確かに旗もいいけどさ。テロも悲惨だと思うけどさ。いかにも「アメリカの大会」みたい。
それからスティングにしろスピルバーグにしろ、アメリカってホントは毎回自分の国でオリンピックしたいんだろうなぁって思った。好きそうでしょ。それこそアメリカにナベツネがいたら、「オリンピックはアメリカでやったほうが視聴率が稼げる」とか言ってムチャいいそう。確かにオリンピックってハリウッド的だしね。商業的に成功しそうではある。まあ勝手な思い込みだけどね。

[ コージの告白2002 ]

T大寺さんすごい!

T大寺さん飲み会をやった。30前後の女の子もきてて「Tさんと飲みたい!」とか言ってたんだけど、いやはや、還暦すぎて女の子から「飲みたい!」と言われる男。純粋にあやかりたいと思いました。
ベストセラーうんぬんよりそっちのがすごい! だって最後は「●ーリン!」だぜ。すごすぎる。

2002年02月08日

[ コージの告白2002 ]

ひゃっくりが止まらない

昨日ね、一日中ひゃっくり(しゃっくり?)が止まらなかった。朝、7時ぐらいにメシ食ってる時からなって、夜12過ぎまで。これがつらい!
途中、人から教えてもらって秘技「上あごから水を飲む」などをやったんだけど、1時間ぐらいするとすぐ復活。寒いところ行ったりするとすぐひゃっくりなのだ。
笑ってる人もいたけど、死ぬかと思いました。ほんと、痙攣なのよ。突然、「ひくっ」。笑ってても、しゃべってても「ひくっ」。顔面神経痛の人の気持ちが判る気がしました。いやいやあちらのほうがもっとつらいか。
ホント、3日ぐらいつづくと血を吐く人もいるんだって。いやいや。大丈夫かな。俺の身体。

2002年02月06日

[ コージの告白2002 ]

司法試験の問題

あのね。こないだ知り合いで29歳(たぶん)で司法試験受けてる人と会って、意外なことを知った。えー、俺は単純に司法試験は詰め込みなり、勉強いっぱいで、頭いい人が受かるもんだと思ってたんだけど、結構問題あるんだって。まず試験は六法全書を全部覚えてるような人が受かるわけじゃなくて、要領というかノリがあること。だから「弁護士よりも法律に詳しい人はいっぱいいますよ」とのこと。べつにこれはいい。
でね。問題はそれ以前に「人格はテストできない」っていうか「してない」ってこと。要するに「勉強ができて、要領がいい人」がうかって、性格に問題を抱えた人、世の中のことが分かってない人、貧しい人の気持ち、頭悪い人の気持が分かってない人が相当数いるらしい。結局、少女売春しちゃう裁判官とかね。そういうのも出ると。
要するにほぼペーパーテストだけ(面接もある?)だけで合否を出すところに問題がある。だから今、海外みたいにロースクール、つまり専門の教育機関を出た人に資格を与えるという案もあるらしい。そっちの方がいいような気がする。
あとね。日本は徹底的に裁判官が少ないんだって。これが大問題でだからオウムにしろ訴訟がいろいろ遅れるし、交通裁判なんて事実上、裁判官は全然みてないという。裁くネタが多すぎてね。小さい問題(交通問題)なんてみてないと。うーむ、ゆゆしき問題だ。法学部の人、がんばってくれ!?

2002年02月05日

[ コージの告白2002 ]

雪印はバカ! なのだが…

ふと思ったんだけど、例の雪印の牛肉バナシ。本当にひどいし、会社ごと潰れてくれ、って感じだけど、忘れちゃいけないことがあると思うんだよね。というのも手段は最低だけど、基本原理として、あの行為には「狂牛病への不満」があったはずなわけ。
要は牛肉を売ってるものとして、なんで俺達が被害に遭わなきゃいけないんだ! ってもの。当然、肉屋さんからマクドナルドから焼肉屋からしゃぶしゃぶ屋まで全員思ってるであろうし、そのうっぷんが正当に晴らされてない。
責任を取るべきは当然国民(税金)ではなくて、一部の政治家なり農林水産省の役人だと思うんだけど、それが実行されていないのではないだろうか。雪印の奴等に同情する気はサラサラないけど、それも忘れちゃいけないと。ふと思っちゃいました。

2002年02月04日

[ コージの告白2002 ]

同級生、親戚の方々への出席確認

意外と昔の同級生及び親戚の方々がこのページを読んでいることが判明した。っていうか何人かに「読んでるよ!」って言われただけだけど。いったいどなた様でしょうか。もしよろしければ返事してください。隣りの一番下に『メールを送る』があります。
まあ、単に確認したいだけなんですけど。

2002年01月31日

[ コージの告白2002 ]

GT?Rは麻薬

知ってる人もいるだろうけど、R34GT?Rの最終バージョン1000台が、一日で完売したそうな。つくづくGT?Rって麻薬なんだよね。一度味わったらもいちど味わいたくなる。特に最後のはいいらしいからね。エンジンブロック強化にバランス取りになんだーかんだー。要するに純度が高い! と。
話は変るけど、W杯のチケットって一部超人気カード、例えばアルゼンチンVSイングランドとかって相当高い(一枚10万円以上!)のでも即完売だったらしい。不況って言っても、貯蓄はあるんだよなぁ。でもそのチケット、2枚買って女と見る奴もいるんだろうけど、本当に価値わかるのかな。すんげえ行列&渋滞で、10数万円かけても「あーつかれた」で終ったりして。考え過ぎですかね。

2002年01月30日

[ コージの告白2002 ]

真紀子更迭、巨泉辞任、プロストGP消滅!

田中真紀子が更迭された。問題はあったけど、単純につまらない。彼女がいなけりゃ、鈴木問題も出なかったしね。外務省はまた楽になるんだろうか…。
巨泉さんはしょうがないかな。あのままいたらフツーの議員さんになってたって気がするし、ひとりじゃなにもできない。ただこれまたつまらない。
プロストGP消滅はね。なんかね。ただただ世の中厳しいと。やっぱ日本の比じゃないね、海外の厳しさは。フォーミュラ・ニッポンだったらこうならない。やっぱ甘いのかな。
こうやって思うけど、辞めるべき人が辞めないで辞めるべき人が残ってる、のかもしれない。特に日本では。真紀子さんしかり、巨泉さんしかり、問題はあるだろうけど、残っていた方が俺達は政治に感心が持てた。残っていた時の問題は、俺達にはわかりにくいのだが、内部の問題のが大きいという気も…ま、この辺は本当のところがわからないのだが。とにかくつまらなくなった。

2002年01月29日

[ コージの告白2002 ]

いすゞ乗用車からの撤退

ついにいすゞさんが乗用車から撤退されました。っていうか事実上とっくに撤退してたんだけど、さらにね、来年ホンダからOEM(相手先ブランドからの供給)で売ってるクルマをやめるとか。ご苦労様でした。
今後はね。トラックメーカーおよびGMグループの一員としてディーゼルエンジンのプロとしてがんばるみたいだけど、俺はね。当然のことだと思う。みんな知ってる事実だけど、日本にクルマメーカーは多すぎた。まさしく自然淘汰。ピアッツァとか117クーペとか過去の栄光を惜しむ人もいるだろうけど、昔は昔。今を生きねば。生きてこそ幸せがある。そういうことだ。

2002年01月28日

[ コージの告白2002 ]

ひさびさプジョー206の報告

ホントは206CC日記にかかなきゃいけないんだけど、とりあえずこっちへ。こないだ久々に乗りました。今わずか5000?キロ。まだまだです。
でもね。やっぱラテンのクルマだね。たいしたこと無いけど、くだらないことありました。まずは先週ぐらいのやたら寒い日。エンジンがなかなかかからない。やっとやかったと思ったら、ダルダルダル。うまく回らないのだ。どうやら1気筒死んでるよう。しばらく走ったら直るかと思ったけど直らない。仕方ないので、その日は止めて次の日になったら直った。やっぱね。ラテンだね。
後ね。細かいことだけど、たまに坂道登ってる時とか、いきなりドカンと衝撃が来る時がある。なんか緩んでるんだよね。AT関係のタルミというか、故障じゃないと思うけど。
どちらもおそらく国産じゃない症状。おもしろいね。

2002年01月27日

[ コージの告白2002 ]

雪印の社長

知り合いの某マスコミ経済部の人に聞いたのだが、今回「雪印の社長はひどかった」そうな。なにがってマスコミへの対応が。具体的には知らないが、かなり横柄らしい。やはり一時的な衝撃だけじゃ、
人間変わらないってことなのか。
あと昔聞いたんだけど、俺の高校時代の後輩で、今は家業継いでるけど、卒業直後に雪印に入ってた奴がいて、曰く、入った時はとにかくみんなに「おめでとう」とか「安泰だね」って言われたという。要するにね。安定している乳製品で、確か当時シェアの4割とか6割は占めていて、学校給食はあるし、回りにはほとんど「公務員並み」の仕事と捉えられていたというのだ。実際、社内はある意味いい人ばかりだけど、ぬるま湯というか、開拓精神はほとんど持ち合わせていなかったらしい。
なんかね。公務員がすべて悪いとは言わないけど、人間やっぱ環境なんだよね。そういう意味ではつくづくクルマメーカーはすごい。やっぱ世界と戦ってるもんね。

2002年01月25日

[ コージの告白2002 ]

昨日東北道で

昨日木曜日、東北道でエライめに遇った。午前10時頃。俺達は宇都宮にクルマバカ取材に向かったのだが、首都高環状線に入った時点で、岩槻?久喜間で通行どめ。渋滞5キロだという。
しかし乗ってからも5キロ表示はずっと変わらず、原因は朝5時のトラック2台の衝突なので、それにしては短め。渋滞とは言え、ゆっくり進んでるんだろうと思い、向かったのだが全然違う。全くストップ。
浦和をすぎ、すぐ渋滞。回りに止まって寝てるトラックがうろちょろしたので嫌な予感がしたのだが、なんとそこから5キロで2時間。久々に完全ストップしました。
だが、道路公団ハイウェイガイドによれば、「朝10時に道路自体は1車線空いたのだが、警察が現場検証で通してくれない」という。事故処理に5時間、その時点の検証でさらに2時間もかかっているのだ。なんというロス! なんというエネルギーの無駄使い!
確かにその後聞けば、トラックにはアルキルベンゼンという有機溶媒が搭載され、撒き散らされていたから時間が掛かったというが、その後、12時頃に現場を通ったところ、素人目に被害面積はたいしたこと無かった。化学薬品は危険だが、あまりに無策。いつ開通するかの情報も皆無だったし。
道路公団、特に警察は渋滞によるロスをなんだと思ってるのかね。渋滞途中、Uターンしたくても出来ないし、ただ待つばかり。せめてその時の料金をタダにしてもいいんじゃないだろうか。出来ることはなにかある。頼むから、ちょっとは待ってる人のことも考えてくれ?。

2002年01月24日

[ コージの告白2002 ]

元気ですよ?

気づいたら一週間休んでしまいました。週末、出っ放しだったのと今週頭、原稿ばかり書いていたので。俺としては空いてる気はしなかったんだけどね。あと今、パソコンの具合が悪い。時々、動きが遅くなる。そのうち止まるんだろうか? コワイ。

[ コージの告白2002 ]

NGOもいいけどさ

ふと思ったんだけどNGOの例の問題。他国に出すカネあったら、日本で使えって感じ。借金いっぱいなのにさ。メンツも大切だけど、どうなんだろうね。この問題。

2002年01月16日

[ コージの告白2002 ]

唐突ですが『民主的なレース』はない?

唐突ですけど、今思い付いた。『民主的なレース』ってのはないんじゃなかろうか。よく俺自身、「安くてみんなで出来るレース」とか「レースが日本で流行らないのは、環境が悪い」などと書くけど、それ自体矛盾してるのかも。
今、とあるレース計画が進んでるんだけど、結局レースってどうやってもお金がかかるのだ。よく言う安いレースってレーシングカートから始まって、ナンバー付き車両のヴィッツレースとかアルテッツァレースとか、最近じゃロードスターのJAF公認レース車両ってのがあるけど、結局金がかかるはず。カートだってマジメにやれば年間1千万円はかかるし、ヴィッツレースとかだって、エスカレートしてセミプロ化してるって話だからね。
だからさ。「レースはお金がかかる」「レースをやるのは特権階級(いろんな意味で)」ってのを認めなきゃいけないのかもしれない。大前提で。なんちゅーか、行き過ぎた平等意識。そこから変革しなきゃいけないんじゃなかろうか。
で、そういう意味じゃ不況でそれはなくなってるんだよね。いわゆる「勝ち組」「負け組」って話。意外とレースはやりやすくなるのかも!? なんてことはないかなぁ。

2002年01月15日

[ コージの告白2002 ]

なぜモノモライは両目にできない?

久々にモノモライが出来ている。右目なのだが、前から思っていた疑問。なぜ両目にできないんだろ? できる人もいるのかもしれないけど、俺は出来たことがない。同じ手でこする場合もあるし、同じ水で顔を洗うし、もし菌が原因ならいくらでも伝染の可能性あり。もしかして「免疫」が出来てるのか? それとも伝染力が弱いのか? 鼻がじゃまなのか!? 知ってたらおせーてください。

2002年01月14日

[ コージの告白2002 ]

増岡バンザイ!

さっき新聞みたらダカールラリーで、三菱パジェロの増岡選手が勝ったんだって! バンザイ!!
ホント、去年は酷かったもんね。知らない人のために言っとくと、増岡選手は去年もトップを走っていて、最後の最後のところで、シュレッサーっていうとんでも大バカ死んじまえフランス人に、信じられないよう妨害を受けて2位(3位?)へ転落。マンガでもやらない大反則行為で、俺はマジ、シュレッサーのライセンスを剥奪したい。
だが、増岡選手はそれにもめげず今年優勝。よく耐えたと思う。マジ、小泉首相が貴の花に「エライ、よくやった、感動した」みたいなことを言ったけどそんなかんじ。感動しました。エライ。素晴らしい!!
でもここで確実に勝ったってことは、去年1年、本当にがんばったんだろうね。ますます偉大なるチャンピオンになる可能性は高まったと思う。事実上、これでダカール2連勝だし、勝ち方かなりわかってるはずだから、今後記録を更新していく可能性あり。
期待してますよ、増岡さん。
ただ、篠塚選手はちと辛いね。来年がまた楽しみ。

2002年01月13日

[ コージの告白2002 ]

ミツオカは最高である

昨日、ミツオカに初めて取材に行った。ミツオカってのはご存知最後の国産車メーカー、富山のミツオカなのであるが、詳細は1月後半発売のベストカーに記すとして、工場見学してびっくり!
マジ、手作りでありました。工員は確か全45人で、すべて25歳以下。板金から組み立てからFRPづくりまですべて機械はなく、唯一のロボットは塗装のみ。ベルトコンベアーもなく、全部手押し。
工場は正直、汚かったけど、不思議と楽しさを感じました。ホント、原寸大プラモデルだよね。あれじゃ。
あとね。どうでもいい話だけど、富山のモスバーガーに言ったら生ビールが飲めてびっくり。隣接しているラーメン屋から持ってこれるのだ。所変われば品変わる、っていうかメニュー変わる!? って思いましたね。

2002年01月11日

[ コージの告白2002 ]

葉月里緒菜ばんざい!?

今日は北海道出張から帰ってきました。でもすぐ富山行っちゃうんだけど。忙しいことはいいことだ。よしよし。
それよっか新聞で見たけど、葉月里緒菜が結婚してすぐ離婚したそうな。まあ、どーせプッツンとか言われちゃうんだろうけど、結構いいことかも? と思ってしまいました。なぜって、外国人に日本女性がなめられなくなるから。
やっぱ今の日本女性は全般的に人がいいし、人を疑うことを知らないから、白人に言いように扱われる場合が多い(らしい)。でもプッツン系がもっと増えれば、日本女性は恐い!? ってなるかもしれないのだ。そんなにうまくいくかわかんないけど。
でも、最近の女の子はブチ切れた子も多いし、それも現代日本の一面。もっとそっち方面が海外に行くべきなのかもね。なんちゃってね…。

2002年01月08日

[ コージの告白2002 ]

すいません

すいません、某編集部の方へ。年始の約束をいきなり破ってしまいました。〆切一日前入稿、すでに失敗。でもね。もう一つのは出来たんです! が、知り合いのK氏曰く「言い訳は成長を止める」とのこと。やっぱりごめんなさい。
ところで最近また引っ越して、これがデカいビルで地下に食堂がいっぱいある。古いビルなんで、古い喫茶店が数多くある。これがなかなかいいんだな。汚い喫茶店なんだけど、メニューもカレーとスパゲッティがメインで別にオイシクはないんだけど、不思議と落ち着く。新聞、雑誌が置いてあるってせいもあるけど。
なんでだろうね。人間、汚いと落ち着くんでしょうか。前も言ったけど。
今は時代の流れで、簡単な喫茶店はドトールとかスターバックスとかに変られる運命なんだろうけど、意外に汚い喫茶店が残ってるのも事実。それがなぜだかわかるような気がしました。

2002年01月06日

[ コージの告白2002 ]

〆切前倒し宣言!?

今思い付きました。今年の俺の目標は「〆切一日前倒し」! そう、〆切が5日だったら4日、20日だったら19日に原稿を出そうと。まあ、できるだけだけどね、できるだけ! でも一応ここに書いておきます。よーし、がんばるぞー!

2002年01月05日

[ コージの告白2002 ]

女の「下着」は男にとっての「クルマ」?

昨日、おもしろい子と飲んだ。なんと女性の下着、それもエロ方面の開発関係者。今度メルマガ『たのしめーる』に書いてもらう予定なのだが、彼女と話してて気づいた。
女性にとっての下着というのは、男にとってのクルマと近いものがあると。俺はつねづね思っていたのだが、男はクルマにもちろん実用性を求めるが、それと同時に大抵、妙に「男の子」になる。服とか他のものじゃまずない。クルマに関して語る時、男は童心に変える、男の子の視点になるのだ。とくにクルマ好きは。
で、下着なんだけど、女性の場合、これが「女の子」になる。もちろん、セクシーになりたいとか、好きな男に見せたいというのもあるけど、それ以前に不思議な「憧れ」とか「イメージ」がある。それは大抵「女の子」の視点なのだ。
いやはや妙なところでシンクロしちゃったなぁって感じ。どーでもいい話だけどね。

2002年01月04日

[ コージの告白2002 ]

大変な時代!?

正月、実家に帰っていた。そしたらちょっとしたモメごとが。駐車場にはすでにクルマが入っていたので、ボディを半分ぐらい私道にハミだして停めていたのだが、それに文句付ける人が出たのだ。
最初はクルマをちょっと出したいだけだった。そしたらたまたま後ろにBMWに乗って人待ちしてる人がいたので、「後ろ下がってください」といって、下がってもらってクルマを出した。で、所用を済まし、クルマをもう一度入れようとした時、荷室に荷物が詰まっていたので後ろがよく見えず、「もうちょっと下がってくれ」と先のBMWに言った。そしたらその人が下がらない。窓をたたいて、もう一度言ったらその人は突然英語。そう、外国人だったのだ。
彼曰く、「君はセルフィッシュ(わがまま)」だと言う。まあ、確かに後ろ半分出していたし。それは認めよう。
だけどね。ここは近所共有の私道なのだ。ある程度は路上駐車を認められている。だが、彼は「さっき、ちょっと下がってあげたんだからもう十分じゃないか」と。もう下がってくれない。
仕方なく後ろを見てもらってことなきを得たが、やっぱり大変な時代が来たもんだと思った。もはや日本であって、昔通りの日本じゃない。感覚、考え方が違う。日本人相手じゃこんなことで悩んだ事がない。そしてこれからもこういう事がもっと起るんだろうと思った。で、やっぱ英語勉強しないとね。
ついでに俺はとある英語のフレーズを覚えた。「When in Rome do as the Romans do」。そう、「郷に入れば郷に従え」。今度はこういってやろうかと。まあ、英語を勉強できていいのかもね。

2002年01月01日

[ コージの告白2002 ]

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。
ところで俺は、元旦から事務所に来ています。忘れ物したので。さすがに建物は閑散。損したような得したような…。
今日はお風呂屋さん行って、天皇杯みてました。いい試合だった。っていうか実はレベルが低いのかも? とも思ったけど。どちらかが攻め込まれてる時、よくみると受け手が攻めてのFWをしっかりマークしきれてない。もしかしてマークをうまく外してるのかもしれないけど。
でもつくづく最近高校サッカーって下手だなぁって思う。内外でいい試合見てるからね。Jリーグもなんだかんだでレベル上がってきてるのかもしれません。そう思った今日このごろでした。

愛車無料査定自動車保険一括見積もり

リンク

金子浩久 horizontal
マッキー.jp_牧野良幸公式サイト

このブログ内を検索する

プロフィール

バラエティ自動車ジャーナリスト
小沢コージ

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中のバラエティ自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『CAR SENSOR』『日経トレンディネット』『carview』など連載多数。一時はTOKYO MX「アンダーステア」でメインパーソナリティ、現在NACK5「おとこラジオ」に時折ゲスト出演。クルマ以外の著作も多く、今年1月にはロンドン五輪のトビウオジャパンを取材した「つながる心」(集英社)を編集、時計分野でも『時計BEGIN』にて連載中。最近、上海オフィスも完成し、中国進出中!!
愛車はロールスロイス・コーニッシュクーペ&ホンダ・エディックス&トヨタiQ。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

小沢コージの単行本


『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』
(宝島社 13年5月)


『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』
(集英社 13年1月)


『クルマ界のすごい12人』
(新潮社 08年6月)


『国産車の愛し方』
(小学館 07年2月)


『力説自動車』
(小学館 06年春)


『小沢コージのクルマ苑』
(ロコモーションパブリッシング 05年秋)


『愛のクルマバカ列伝』(右)
(講談社/三推社 99年冬)


『クルマ選びのハッピー&ブルー』
(アスペクト 98年春)

小沢コージの現在の連載

ベストカー/三推社
愛のクルマバカ列伝
ENGINE/新潮社
日本自動車永代蔵
LAPITA/小学館
輸入車の愛し方
時計Begin/世界文化社
時計中毒の人々
宝島/宝島社
山内一典×小沢コージのクルマミシュラン
smart/宝島社
GO! SMART CARS GO!
週刊プレイボーイ/集英社
俺車
TranScooter/ニューズ出版
バイク異能人の作り方
FORM/ニューズ出版
クルマはスポーツウェアだ!
webCG/二玄社
小沢コージの勢いまかせ!!
nikkeibp.jp/日経BP社
小沢コージのアンチエイジングカー
バツラジ/TBSラジオ
木曜日:男のモノいじり!

小沢コージの不定期寄稿誌

過去、扶桑社『週刊SPA!』、小学館『ビックコミックスピリッツ』、文芸春秋『NUMBER 』、主婦と生活社『LEON』、世界文化社『BIGIN』、光文社『週刊DIAS』などに寄稿。またやるかも?